月別アーカイブ: 2013年5月

家庭教師アルバイト×就職活動 活かせるネタ Vol.1『志望校合格』


以前も話にあった就職活動で意識しなければならない3要素
、その中の一つ【問題処理能力】という点から家庭教師という仕事について考えましょう。 家庭教師とは『担当生徒の総合プロデューサー』です。バイトだと言っても、親御さんの理解さえ頂ければどのように育てるのかは自分次第であり、そしてその生徒さんは大なり小なり多くの問題を抱えているはずです。

つまり、それだけ家庭教師という仕事は話せるエピソードの宝庫だという事ですね。 受験・親子関係・不登校・性格・生活などなど、多岐にわたります。

その中でまずVol.1の話せるエピソードは選んだテーマはこちら、
◎生徒を志望校に合格させることが出来た◎

おそらく、家庭教師としてアルバイトをしていた人なら誰もが言いたがるであろう話ですね。これを同一人物が【問題処理能力】について意識したものとしないものとで書き分けてみます

例えば面接でアルバイトについて尋ねられた時の回答、

人に勉強を教えることが得意だった自分はアルバイトに家庭教師を選び、中学3年生を担当。積極的に生徒に自作問題集などを作って提供するなど時間外の部分でも生徒のために尽力した結果、結果偏差値40付近だった生徒を偏差値60近くまで上げることに成功、当初は無理だと思われていた志望校に合格させることが出来た。』


アルバイトで家庭教師として高校受験生を受け持ち、1年で偏差値40代から偏差値60の学校に合格させる事が出来た。生徒の問題点を分析し、成績悪化の根底にモチベーションの低下が見られたため、レベルに合わせた自作問題集を作成定期的に志望高校の過去問を解かせることなどで意識改善や目標の再確認をさせた。以降模試での成績も右肩上がりになり、結果志望校合格が実現した。』


以上2例を比較した時、
1で本人について分かるのは、人を教えるのが好き・時間外で自作問題集を自作する事
2で本人について分かるのは、的確な分析力・分析に従い目的を持った行動が出来る事

1、2どちらの方がより魅力的で役立ってくれそうでしょうか?

これは両方とも同一人物の事ですが、書き方や意識することを変えるだけで印象はガラリと変わります!

一般に企業が求めている人材とは【普通に仕事が出来るサラリーマン】で、家庭教師のバイトで『志望校に合格した』事は良いことですが、それだけだとで?となってしまいます。

向こうが知りたいのは『自分がどのような人間で、どのように貢献できるか』です。ぜひ意識してほしいと思います☆

家庭教師アルバイトで身に着く力 問題処理能力・行動力・コミュニケーション能力


家庭教師で身に着く力 問題処理能力・行動力・コミュニケーション能力

中学・高校と受験をしてきてようやく大学生になり、次に待ち構えるのは就職活動です。

今までは勉強という目に見えた努力の方法が通用してきましたが、就職活動はそうしたコツコツとした努力というのはあまりない、というよりも何に努力をしていいかが分からない思います。
しかし、当然ですが日常の中で身につけるべき能力というのはやはり存在します。

それが[問題処理能力][行動力]そして[コミュニケーション能力]です。

理系の技術職採用でない限り、企業が欲している人材というのは積極的で実務能力がある『サラリーマン』です。ではそれはどういった人かと言えば上記3つを備えている人材ということになります。

その中で『コミュニケーション能力』は面接での会話で、[問題処理能力][行動力]は自分のエピソードを裏付けとして面接で証明していくわけです。

家庭教師の仕事はこれらの能力の証明にはとても適している仕事です。上記能力を一つ一つ分けてみていきましょう。


[1.コミュニケーション能力]

家庭教師の仕事は生徒に勉強を『伝え・理解させる』仕事です

普段の気の置けない友人たちとの会話の中では、恐らく自分がどのように喋っているのかを意識した事はあまり無いと思います。意識して喋る、もしくは録音したものを後で聞くと実は全然印象が違うと思います。相手の質問にはきちんと意に沿った返しができているか、自分の発言ははっきり伝わりやすく、且つ印象が悪くはないか。

コミュニケーション能力として求められるのは、
質問の意図を理解しているか』、
それに対しはっきり分かりやすく答えられているか』、
そして喋り方の印象として好感が持てるか
という事です。

これを家庭教師に当てはめると、
生徒から分からない問題に対しての質問、その質問の意図をくみ取る』、
それに対し、理解がしやすいようはっきり分かりやすく答えられるか』、
その喋り方が、生徒に対して不安などマイナスな感情を与えないように配慮。』


一回一回の生徒へのストローク(会話)を意識していくと、この能力というのは普段の何気ない会話にも反映されると思います。


[2.問題処理能力]
問題処理能力とは字の通り、何か問題に対面した時にどう対処できるかという事です。

家庭教師で担当する生徒が全く宿題をやってくれない。という状況に対し、
何が原因か⇒曖昧な出し方・『やっていない事』の実感がない・やってもリターンがない

原因を絞る⇒聞いてみた結果『やっていない事』の実感がないが主な原因

対策を練る⇒自作の●●君専用『宿題チェック表』(excel)を作成。100%宿題やる

結果を分析⇒偶にサボるが以前よりも確実にやってくるようにはなった

就職活動時の面接では、このように問題を発見・分析・対策・結果これらの一連の流れがいかに効率的で論理的になっているか、という点をエピソードとしてプレゼンするわけです。


家庭教師は基本1対1の指導で、その生徒の抱えている問題を一つ一つ解決していくわけです。当然ですが、生徒の抱える問題というのは見ていけば山のようにあるわけで、そういう意味で家庭教師は[問題処理能力]を鍛える事が出来る場、またやればやるだけ話せるエピソードが増えていくというわけです。


[3.行動]
これは[問題処理能力]の特に対策の部分です。実際に思いついても行動しないという人はかなり多いのです。当然ですが会社としては発想だけでなく、実際に自ら動ける人を望んでいます。

ただし、[問題処理]の一環の対策とは違い、こちらは度胸であったり、スケールの大きいものが望まれます。いわゆる『普通の人であったら躊躇してしまうような事、しっかり段取りをくまないといけないような事』が好まれます。

面接では時にはライバルが何千人単位になるようなこともありえますが、その中で自分を押し出していくためにはやはり印象的なものが良いのです。


家庭教師であれば、
家庭教師どうし横のつながりが全くなくて、居酒屋のバイトみたいに人の出会いが活発ではないのが物足りない。
⇒勉強会の意味合いを含め、家庭教師センターを通して交流会を開いてもらい、それを恒例の行事化し、他センターを含め今まで無かった縦と横の交流・理解を深める事に成功した。

発達障碍児童を担当していて、彼らに対する理解が不十分であると感じた。
⇒同センターの発達障碍児童を担当している家庭教師を集めて、その理解を深め、情報交換し、彼らに対する指導・理解をより良くするための仕組みを整えた。

など、他の人が中々しないような自分の個性が出せるものが望ましいと思います!