月別アーカイブ: 2013年11月

家庭教師アルバイト×就職活動 活かせるネタ Vol.6『コミュニケーション』 


就職活動で意識しなければならない3要素、
vol1~5では【問題処理能力】という点から考えてきましたが、今回は趣旨を変えて【コミュニケーション能力】の点から家庭教師というアルバイトの活かし方を考えましょう。

就職活動において、商工会議所などが出す『学生に対して求める能力』の調査において、1番重視する事は【コミュニケーション能力】となっています。どの業種業界においてもまず第一に【コミュニケーション能力】があるかを見られます。
【問題処理能力】【行動力】については面接中やエントリーシートにエピソードとして書けますが、この【コミュニケーション能力】については書けませんし言えません。何故なら、『じゃあ面接で示せよとなるからです。

つまり【コミュニケーション能力】については、本番勝負の実技試験なのです。

とはいえ、高度な話術を求めてはおらず、『相手の質問に的確に分かりやすく答えられているか』、ただこれだけです。多く会社が採用したいと考えるのは『仕事のデキるサラリーマン』なので、取引先や部下との問題のないコミュニケーションがとれるか、ただそれだけを見ます。

それを踏まえたVol.6のテーマはこちらです。
◎生徒にいかに分かりやすく伝えられるか◎

【コミュニケーション能力】は面接での実技試験のようなものだと言いました。実技試験であるからには普段からの練習がものを言うわけですが、それに適した練習相手こそ家庭教師の生徒さんです。

面接の際に分かりやすく自分の説明をする事は、普段から家庭教師の指導の際に分かりやすく生徒に指導をするよう心がけていれば自然と出来るようになるものです。

ではどういう伝え方が『分かりやすい』と言われるのか。
話の主な伝え方には2種類あると言われています。

起承転結型とピラミッドストラクチャー型の2種です。
【起承転結型】
最後にオチを持ってくる、日本では最も一般的な話し方です。
この話し方は『間延びしやすい』とそれによって『途中で聞く気がなくなる』という2つの欠点を持っています。

【ピラミッドストラクチャー型】
先に全体像を示す
ことで、相手が理解しやすいようにすること。
面接や指導のような短い場面では、この話し方をするのがベストです。

 起承転結型はよほど話し方が上手くない限りは使わない方が無難でしょう。心理的にも『終わりが見えない』というのは、相手に『話が長い』と感じられてしまう原因にもなります。
家庭教師の指導においても、ただでさえ生徒の理解力は家庭教師の先生を下回るでしょうから、まず結論を言っておかなければ話を追っていくうちに、何を聞きたかったのかも忘れてしまうでしょう
【起承転結型】

 分かりやすい話し方というのは、相手をいかに思いやった話し方をできているかと同義です。
先にゴールを設定して話す後者のような指導をアルバイト中に心掛ければ、より相手に伝わりやすくなるのではないでしょうか


記憶力を格段にアップさせるたった3つの方法【家庭教師の技】

【1.張り紙記憶法】
紙に『記憶したいこと』を書き、それを目につくところに張って覚えるというシンプルな記憶法です。

1度はこの方法を試した事がある、という方は多数いると思いますし、あまり成功が実感できないこともあったでしょう。しかし、脳科学の実験にて、何度も同じ情報に脳が触れることで、その情報は短期記憶が長期記憶に変わることが実証されています。もし家庭教師の生徒さんが、暗記を苦手としているのであれば、是非、至る所に覚えたい情報を貼るように勧めてみて下さい。

<貼るところ例>
・机の本棚
・居間の机の上
・ベッドの横
・トイレのドア
 etc…

目につきやすい様々な場所に貼るようにしてみてはいかがでしょうか。でも、居間の机の上はさすがに家族から嫌がられるかもしれないので、居間には覚えたいことを書き出した用紙を入れたA4カードケースを設置しておくと良いかもしれません。

【2.反復記憶法】
エビングハウスの忘却曲線というものを知っていますか?。
子育て・教育のひと工夫・ガッツ家庭教師

家庭教師になられた方は意識をした方が良いでしょう。

上図のような曲線のことで、記憶の定着率を表す曲線です。この曲線から、一夜漬けで覚えた記憶は、2日も経てば70%近くが消えてしまうことが分かります。反対に、復習をタイミングよく繰り返すと長期記憶にとどまることを表しています。

反復のタイミングは、10分後、翌日、1ヶ月後。このタイミングで、復習をさせることができれば、記憶力は必ず向上します。

<反復記憶を実践するために>
(1)
ひとまず覚えましょう。英単語を10個や漢字を10個など覚えて、それらを10分位後に全て引き出せるか確認しよう。引き出せるようになるまで頑張りましょう。実験によると、10分経つと短期記憶の再生はとても難しくなってしまいます。

(2) 次の日に2回目を行います。昨日覚えたことを思い出せるかどうかを試しましょう。この時、思い出せないようであれば、もう一度覚えられるまで取り組みましょう。家庭教師で2日続けての勤務はないでしょうから、指導日の前日に親御さんなどにお願いするのが望ましいでしょう。

(3) 最後に反復するタイミングは1ヶ月後です。このタイミングで思い出そうとするととても苦労します。しかし、ここでもう一度覚え直すと、あら不思議、一気に記憶が長期の記憶となって頭に残ります。ここまで粘ることが大切なのです。そうでなければ、(1)(2)での努力がムダになってしまいます。ぜひ、最後まで諦めずに取り組ませて下さいね。

【3.音読記憶法】
頭だけでなく、体も使って物事を覚える方が効果的であるというように実証されています。特に筋肉を使い記憶することを『運動性』記憶と言います。

その代表例としては、「読んで覚える」ということです。読むといっても黙って読むのではなく、顔の筋肉を使うために声に出して読みます。目・口の筋肉に耳などたくさんの刺激を脳に与えるため、脳が活性化して記憶がしやすいのです。

もっともこの『音読記憶法』に適しているのはやはり英語!です。
家庭教師の生徒さんが英文について日本語訳をし終えたら何度も何度も音読をさせてみてください。日本語訳をして意味がわかった状態で読むと必ずいい結果に結びつきます。
以上3点、
【張り紙記憶法】
【反復記憶法】
【音読記憶法】
を覚えておくと、担当する家庭教師の生徒さんがもし『記憶が苦手』だという場合に解決する手段になりえるかもしれません!
その際はぜひ取り入れてみてください。☆


書評:1か月で偏差値20伸ばす芦澤式学習法―落ちこぼれでも大丈夫


1か月で偏差値20伸ばす芦澤式学習法―落ちこぼれでも大丈夫!/産学社

芦澤式学習法で家庭教師サービスに利用できるなと感じたことは、


「学習指導の現場では、観察=>分析=>対策=>指導=>評価の反復」と

「教室長・指導主任・講師を交えてカンファレンスをする」

ということでした。


◎「学習指導の現場では、観察=>分析=>対策=>指導=>評価の反復」だ!!

優秀な家庭教師は、
やはり


「観察=>分析=>対策=>指導=>評価」


という流れに沿って指導していることが多いです。

生徒に問題演習をしているときに、あなたはどうしますか??


横に座って携帯を見ますか?
ボーッとしますか?


優秀な家庭教師ほど、問題演習の時に休むことなく、生徒の一挙手一投足を眺めています
そして、アドバイスをしたり、メモをしたりして、その子がつまずきやすいところや解答方法の改善点などを洗い出していきます。


さらに反復と言うことが大切です。


観察・分析を経て立てた対策だとしてもうまくいくとは限りません。また、一度うまくいっていた方法も時と場合によっては合わなかったり、生徒の成長と共にあてはまらないものになっていったりするものです。なので、常に改善を試みながら反復させると言うことが非常に大切です。


◎「教室長・指導主任・講師を交えてカンファレンスをする」



家庭教師の現場に、医療の現場で行なわれている


カンファレンス


という言葉を持ち込んでいたのが新鮮でした。


生徒の現状と今後の対策を全体に向けて発表して、先輩などからフィードバックをもらうという仕組みは非常に面白いと思いました。本書でも言われていますが、確かに家庭教師で生徒の勉強を見ていくのは、医療行為に似ています。


どんな優れた薬も病状に合わせたものを投与しなければ意味がありません。
家庭教師での指導も一緒で、どんな優れた指導法も生徒の状態に合わせたものでないと効果が出ないのです。


カンファレンスという仕組みを家庭教師に持ち込んで、
担当講師が発表してくれたことについて、先生同士が色々意見を出し合える環境があれば、必ず良い指導に結びつくと感じました。


<その他の金言>


「学校の成績表に関われている内容や先生の見方を鵜呑みにしないで、テストで間違える問題の傾向や理由を保護者の方とご自身の目で確認してください。また特に生活態度については、『授業に集中せず話してばかりいる』などという学校の先生の所見を鵜呑みにせず、『このように言われているのはなぜ?』とお子さんに聞いてみてください」
=>鵜呑みにしないことは大切ですね。そして、「このように言われているのはなぜ?」という問いかけをして原因を探ることは大人の思いこみを外すことになります。


「保護者が学校など他者との関わりを原因とした自尊感情の低下から守って上げることができるご家庭のお子さんは、大きく道を外れることはありません。
=>子どもは、自尊感情を保ちながら成長していくことが非常に大切です。その意味でも勇気づけられる言葉でした。


時には講師が間違えてみる
=>間違えることで生徒から指摘される。そのことによって生徒が授業に参加するきっかけを与える。授業の工夫として非常に面白いと思いました。