月別アーカイブ: 2014年4月

個別指導塾との比較~アルバイトするならどっち?

アルバイトでする家庭教師と個別指導、どっちがいいの?


アルバイト、どうしよう
家庭教師のアルバイトと個別指導のアルバイトの違いにはどのようなものがあるのでしょうか。実際に家庭教師・個別指導のアルバイトの両方を経験しましたが、それぞれに良さはあります。

◎給料面◎
時給の面で見れば家庭教師は最初から時給が高く、給料もしっかりとやれば上がっていきます。一般的なバイトに比べれば塾講師も時給は高いですが、それにもまして家庭教師の時給はかなり高い水準にあります。交通費に関してもしっかりと支払われます。

◎トータルで考えると…◎
個別指導のアルバイトの良さは、家庭教師と比べてまとまった時間入る事が出来る点にあります。(ex)1,500円×3時間=4,500円。家庭教師はたいていの場合1.5時間、多くて2時間が目安なので(ex)2,000円×1.5時間=3,000円 or 2,000円×2時間=4,000円です。
家庭教師アルバイトの方が時給が良くても、トータルで稼げる金額を見ると個別指導アルバイトの方が稼げる事にはなります。

☆シフトの自由さでみる☆
しかし、家庭教師アルバイトの大きなメリットは、シフトの融通がききやすい点です。個別指導の場合は先生一人に対して担当生徒2~3人ということが主です。つまり、個別指導塾はシフトをずらす事が中々難しいのです。大学生活はとても不規則な予定が入ります、曜日固定でシフトを組まなければならないアルバイトは実は面倒だったりします。


新入生の場合は、この時期にバイトを決めてしまうのは早計でしょう。自分のライフスタイルにあったバイトを選ぶ事が大学生活に重要でしょう。

先生独自の指導法

他の家庭教師の先生はどんな指導をしているんだろう?

そう思った事はありませんか?
先でも触れている通り、家庭教師のアルバイトはただ勉強を教えるだけではありません。
『何が生徒に必要か』を判断して先生が自由に生徒を育てる事が必要です。もちろん最低限親御さんとの相談は必要ですが・・・


◎Ex.1体育会系の家庭教師の先生◎
過去にいた先生の指導例ですが、基礎体力の向上を目指した家庭教師の先生がいました。生粋の体育会系のその先生は、生徒に体力が無い事を親御さんも生徒自身も問題視しており、『注意した事を忘れていたら腕立てor腹筋』という事をしたり、指導日以外の勉強スケジュールはもちろん、トレーニングのスケジュールも立てていました。


◎Ex.2 生徒を不登校から立ち直らせた先生◎
また、家庭教師として『発達障碍で不登校』の生徒を担当した先生は、2年間根気強く指導した末にその生徒を不登校から復学をさせました。もちろん勉強も遅れている分の指導をしっかりしていますが、それにもまして生徒の相談相手として励まし続けたことがこうした結果につながった例です。


これはとても極端な例ですが、家庭教師はアルバイトとはいえ先生にとても裁量が与えられているアルバイトです。不登校の生徒の例を見れば分かりますが、大げさではなく、家庭教師で担当する生徒の生き方を変える事もあります
そういった意味でも家庭教師のアルバイトは他のアルバイトよりも断然にやりがいを感じる事の出来るバイトといえるのではないでしょうか☆

採用時に学歴は影響しない?


家庭教師は、一般的に学歴がいい人ばかりが採用される?

◎お客さんのニーズ◎
家庭教師のアルバイトとして採用される人は、やはり名が知れた大学の子が優遇される。やはりそういった考えのアルバイトの子が多いようです。実際、お客さんのニーズはそうした先生を好まれる事が多いです。

◎家庭教師に求められるもの◎
確かに大学受験を控えた生徒に、志望校やそうした難易度に近い大学の先生がアルバイトで教えることは好ましいですが、小学生・中学生の生徒に対してのバイトでは必ずしもそうとは言えません。特に小学生への指導の場合、家庭教師はただ勉強を教えるのではなく、『勉強の仕方を教える』と言った事が主になります。そうした生徒に対しては学歴よりも、いかに根気よく教える姿勢があるかの方が家庭教師の先生には求められます。

ではそういった姿勢はどこで見るのかといえば、家庭教師の登録の際に書く≪自己PR覧≫です。自分の強みなどPR出来る事をしっかりと書き込めば家庭教師センターとしても家庭教師のアルバイトを任せやすくなります。

・教科は何が得意か
・どういう教え方をするのか
・自分の強みは何か

そうしたことをしっかりと説明してくれていると、生徒さんの求める条件にマッチングしていれば生徒の親御さんに紹介しやすくなるのです。

・高学歴でもそうしたPRをしっかりしてくれていない家庭教師の先生
・学歴に多少自信がなくても、教える事にやる気がある家庭教師の先生
やはり後者の方が好まれますよね☆


家庭教師を始めるにあたって意識すべきこと


家庭教師のアルバイト、未経験者の自分に何ができる ?


◎教師と家庭教師◎

小学校や中学校の教師になるためには教職の講義を取ったり国家試験を受けたり、多くの苦労をしてようやく教師になる事が出来ます。一方で家庭教師のアルバイトというものは、未経験者であっても、大抵は特に研修もなくぶっつけ本番で生徒を教えることになります。そんな中、初めて家庭教師のアルバイトをする人は、何をしていいかが分からないと思います

◎家庭教師の仕事◎

家庭教師は『生徒からの質問にただ答えること』が仕事ではありません。生徒とその両親が何を求めているかを理解する事が大事です。アルバイトとして生徒の親御さんから給料をもらう以上、しっかりとその役目は果たすべきです。

しかし悩みが分かっても、自分では何をしていいかが分からない。そんな時は家庭教師のアルバイトを紹介してくれた家庭教師センターに相談してみるのが良いでしょう。家庭教師センターはそうした指導のノウハウをしっかり把握しているので、アルバイトの先生方のこうした悩みにはしっかりと答えてくれます

最初は分からない事が多くあるかもしれませんが、お客さんである生徒が『何を求められているか』をしっかりと理解しようとする姿勢を持ちましょう。そして、アルバイト先の家庭教師センターをぜひしっかり活用してみてください☆