月別アーカイブ: 2015年7月

オンライン家庭教師始めるならまず見るべきおすすめセンター6選!

家庭教師の働き方として、一昔前では考えられなかった方法。
そう、それは、オンライン家庭教師!!
現在、アルバイトとしての人気が急上昇中です。

・Twitterの声
そんなオンライン家庭教師を始めるために見るべき家庭教師センターを厳選してみました。


・ワオ!のオンライン個別指導

wao

●指導システムと特長
ワオ!の独自システム上で指導が行われます。先生は、ワオ!が有名国立大学近くに構えた教室にいて、そこから各家庭とオンラインでつなぐという感じです。
特徴的なのは、アノトペンという電子ペンを教材として使うこと。
「パソコンを使用しながらも「ペンを使いノートに手書きで解答する」という普段と同じ学習スタイルを実現、目の前に講師がいるような感覚で受講できます。」とのことです。
私も実際にこのアノトペンを使ったことがありますが、書いた内容がそのまま記憶されるペンとノートです。書き順まで記録されてしまいます。このペンを使えば、宿題ノート提出は一瞬で終わるという優れものです。
●料金単価
1時間換算で、名大生・阪大生・九大生など3,450円(税別)、東大生4,837円(税別)です。
●教師の時給
1,050円(九大)でした。料金表と比較して予測すると、東大生は時給1,472円です。 マージン率は、約69.5%です。
●教師側のメリット
教室にて指導なので、PCなどの機材準備が不要で、まとまって働くことが可能。 個別指導塾で働くような感覚。
URL:http://netkatei.wao.ne.jp/

・東大家庭教師友の会オンライン

tomonokai

●指導システムと特長
先生は先生の自宅のPCから指導を行う仕組みです。GoogleハングアウトというTV電話システムにて、生徒と先生がオンラインでつながります。
先生は自宅から指導をするものの面接などを経ての採用になり、採用には力をかけているので、システム的にはワオに劣りますが、良い先生の指導が受けられるでしょう。
●料金単価
通常コース1時間3,500円(税別)、プレミアムコース1時間5,000円(税別)、中学受験コース1時間4,000円(税別)などです。
トモノカイはEDUVALという帰国子女向け家庭教師のHPも運営していて、IB(国際バカロレア)コースが1時間6,500円(税別)です。
●教師の時給
帰国子女、IB(国際バカロレア)経験者だと時給3,200円以上と高いです。料金単価と比較すると、マージン率50.8%です。千葉の中2指導の場合だと時給2,000円(マージン率43%)ということもあります。たぶん下限は時給2,000円くらいと思われます。
●教師側のメリット
自宅で仕事ができて、かつ、時給が高いことが大きなメリットです。
画面を通じてと言うことにはなりますが、普通に家庭教師を行う感覚で指導をする感じです。
URL:http://www.tomonokai.net/home/kyoushitouroku.html

・インターネット家庭教師Netty

netty

●指導システムと特長
Netty社内の教師と各家庭がネットで繋がり、1対1の指導を行う指導スタイルです。
オンライン家庭教師のほとんどがSkype等無料インターネット電話サービスを活用してサービスをおこなっていますが、Nettyでは独自のシステムを採用しており個別指導に特化した指導を受けることができます。
●料金単価
学年によって細かく決められており、1時間換算で小学1・2・3年生は2,160円(税込)、高校1・2年生は3,780円(税込)などです。
●教師の時給
ノーバスの家庭教師の先生として登録することでNettyのオンライン家庭教師の仕事も引き受けることができるようです。
時給は1,400円~9,000円以上となっています。小学1年生の指導で時給1,400円だとするとマージン率は35.2%です。
●教師側のメリット
生徒一人に必ず専任の担任、学習プランナー(社員)が、先生とは別に付くことになっているので、指導に不安や困ったことがあればいつでも相談ができるなどサポートがしっかりしています。
URL:http://www.katekyoinfo.com/

・スマホ家庭教師マナボ

manabo

●指導システムと特長
マナボのシステムは他の家庭教師とは違い、生徒が質問(教科書、問題集、進路等)をスマホで投稿すると、その時間に対応できる先生(チューター)の一覧が出てきてその内の一人を選んでオンライン指導をしてもらうというようなシステムになっています。
チューターは自宅などWi-Fi環境がある場所ならばどこでもできるようです。
●料金単価
マナボは月額2,480円(税抜)で60分の指導が受けれます。時間が無くなれば追加で指導時間を購入できるようです。
●教師の時給
最大時給は2,400円です。
●教師側のメリット
マナボのメリットとしてはWi-Fi環境がある場所ならばどこでもできるところですね。バイト先に通う必要がありません。また、夜も指導OKなのでサークルや勉強などで忙しい大学生にぴったしです。解答する問題も選べるようなので安心ですね。
URL:http://manabo.com/corp/tutor/

・エイドネット

aidnet

●指導システムと特長
エイドネットでは先生が自宅等、ネット環境が整っている場所から生徒とSkypeで繋がり指導をするオンライン家庭教師の定番スタイルをとっています。
●料金単価
料金は生徒さんの学年、月の指導回数によって異なり、ホームページに料金シュミレーターが設置してあります。例えば小1、月4回であれば8,360円(税込)(1時間 2,089円)。高1、月4回であれば9,007円(税込)(1時間 2,252円)となっています。
●教師の時給
5回以上のレッスンを実施し、利用契約者又は生徒からの評価を得ることができた場合本登録となり、それまでは仮登録チューターとしての登録となっています。
仮登録チューターの時給は一律927円(マージン率は約55.6%)。本登録チューターは時給1,234円~(マージン率は約41.0%)となっています。
●教師側のメリット
エイドネットでは昇給の条件が明確に決めてあり、以下の条件を満たすごとに50円単位で時間報酬がアップします。
① レッスンを100単位以上実施したこと
② 社会貢献レッスンを50単位以上実施したこと
③ 自作プリント及び宿題等を100枚以上作成したこと
④ 5starsのCSシートを50枚以上得たこと
また、オンライン家庭教師や受講者の方には、京都にあるA-cafeを無料で開放したりと、教師特典がいろいろあるようです。
URL:https://aidnet.jp/

・ネット家庭教師のたまごチャレンジ

tamagotya

●指導システムと特長
エイドネットと同様、Skypeで自宅から指導をするスタイルです。
●料金単価
学年によって細かく決められており、時間単価は
小学1年生~3年生 2,450円
中学2年生 3,200円
などです。
●教師の時給
小学生の指導…時給1440円~(マージン率 約41.2 %)
中学生の指導…時給1560円~(マージン率 約51.3 %)
●教師側のメリット
在宅勤務ができることはもちろんですが、他のオンライン家庭教師センターと比べても時給が高いことがわかります。
URL:http://www.tamago-challenge.com/

家庭教師のトライの新サービス「Try(トライ) IT(イット)」がすごい!!

家庭教師のトライの新サービス「Try(トライ) IT(イット)」。

d14618-1-243593-4

映像授業がすべて無料。オンラインの授業であっても、大多数に向けてのいわゆるマスプロ授業の形態ではなく、1対1の距離感を感じられるよう工夫しているとのこと。1編15分程度の動画で、集中力のない中学生への配慮もされていて、もし動画見て分からなかったら、スマホを振れば、個別に1つずつオンライン指導をしてくれる有料サービス付き(1回500円)。

d14618-1-451400-3
※家庭教師の個別サポートの回答例

対象は、全中学生。今後、小学生、高校生に対象を広げていく予定だそうです。

このようなサービスもうまく活用しながら、家庭教師の指導をすれば、より効率よく指導ができそうですね。
情報元:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000014618.html

家庭教師個人契約サイト比較!アルバイトするならこのサイトを選べ!厳選5サイト!!

家庭教師アルバイトを個人契約ではじめるには、個人契約サイトに登録するのが一番。個人契約サイトも年々増え続けており、今では本当に多くのサイトがあります。今回は、キャンパスライフ編集部で選りすぐりの個人契約サイトを5つ紹介します。どこでも教師登録は無料です。

●家庭教師のTo-LAST
一番大きな特長は、多くの個人契約家庭教師登録者が写真付きで情報を公開しており、家庭教師情報が見やすくなっていることです。事務局から投げかけられた質問に先生が答えるような形式になっており、その質問を読むことによって、その人の人となりがよく分かるようになっています。このような仕掛けにより抜群の集客力があるサイトです。

tolast01

tolast02
先生の人となりがよく分かるように写真掲載が豊富なのが特長です。

URL:http://www.ansin-teacher.net/

教師登録料:無料 (保護者の方が支払う紹介料:7,800円)

●個人契約の家庭教師紹介diy
個人契約家庭教師紹介サイトの草分け的存在です。紹介料も5,200円(2015年7月)とお安くなっており、検索画面も非常にシンプルで使いやすいサイトです。また、先生情報は1年以内のものに限られており、申し込んだ先生からの回答が比較的得やすいサイトです。こちらもTo-LAST同様に生徒数が多いので、生徒の紹介が多いです。

diy01

ホームページはシンプルにデザインしてあって、わかりやすいです。


教師登録料:無料 (保護者の方が支払う紹介料:5,200円)
URL:http://www.diy-education.com/

●家庭教師の個人契約ご近所先生
トップページから地図が表示されており、地図から情報を探せるようになっているのが大きな特長です。

gokinjo01

gokinjo02
このサイトの一番の特長は、地図検索ができることです。

教師登録料:無料 (保護者の方が支払う紹介料:10,500円)
URL: http://e-katekyo.info/

●マッチングTeacher
特長は、塾・スクールの求人も受けることができることです。このため、家庭教師の仕事がなかなか見つからなくても、塾・スクールからの仕事をはじめることができます。しかも、採用時には採用お祝い金3,000円がもらえるようです。
matching01

教師登録料:無料 (保護者の方が支払う紹介料:9,800円)
URL:http://www.match-t.com/

●家庭教師の総合情報
家庭教師情報の掲示板から始まった老舗サイトです。最近では、家庭教師の個人契約の他、家庭教師センターへの一括資料請求、家庭教師アルバイト一括登録の情報提供も行っていいます。

教師登録料:無料 (保護者の方が支払う紹介料:無料)

URL: http://kojin.tands.to/

ケアレスミスをなくすためのたった3つの方法【家庭教師の技】

「ケアレスミスがなければ5教科合計であと50点は取れたのに。。。」
こういう言葉を生徒からよく聞きます。本当にその通りなのですが、実際には次回も同じことを言う羽目になります。
そうならないためには具体的な策が必要です。

ケアレスミスをなくすためのたった3つの方法

1.可視化する
なぜ、ケアレスミスを繰り返してしまうのか。それは、「今回だけたまたま」と思ってしまうから叫び「まあ、ちゃんとやれば合ってたんだし」「たまたま書き間違えただけだし・・」というように考え、ミスしたことを忘れてまた繰り返してしまうのです。

方法は簡単、以下の図のように紙に指導日ごとのケアレスミスの数をシールやスタンプでチェックしていくというものです。
t02200261_0800094913136758261
出典:プロ家庭教師の勉強の教え方を大公開・ガッツ家庭教師

一番ダメなのは、いつか直ると考えてしまうことです。

2.ミスを直す練習をする
ケアレスミスをしなくなるには防止策に徹するだけでなく、ミスしたあとの「処理」をする姿勢を叩き直すことが一番大切なのです。
要するに、「ミスをしない」練習をするのではなく、ミスした後に「ミスを直す」練習にドンドン取りくむべきなのです。
出典:マナビハウス


人間だからミスは犯します。だから、見直しを強化する。

3.チェックリストを作る
keisanmiss110825
まず、「どのようにすればそのミスが解決するか?」を考えて、リストアップしていきます。この時、是非生徒も巻き込んで一緒に考えてみてください。一緒に解決策を考えると生徒にも主体性が生まれ、やる気が引き出されます。

いつチェックリストを活用するかを決めておくことです。せっかくチェックリストを作っても、「いつも十分注意しよう!」というような曖昧なタイミングしか決まっていない場合は、だいたいそのうちチェックリストは使わなくなります。
プロ家庭教師の勉強の教え方を大公開・ガッツ家庭教師


具体的なチェックリストを作って、チェックリストをチェックするタイミングも決めるというこの方法は、仕事でも応用できそうです。

「ケアレスミスだから、次回から気をつけよう」では、いつまで経ってもケアレスミスは直りません。ミスが起こるのには必ず原因があり、その原因を知ることが大切です。原因を究明するためには、まず、どんなミスがあるかをリストアップすることです。リストアップには、生徒の協力も必要で、ミスをしてしまった箇所に印を付けさせたり、「自分の間違った解答は消さずに残しておき、どのような間違いが多いかを自覚させ」(K先生)たりしてください。そして、そのリストを見ながら、ミスの原因を分析します。これは、家庭教師としてのとても大切な仕事です。ただ闇雲にミスの解決をしようとするのでは、時間がかかりすぎますし、徒労に終わることも多いです。先生が論理的な分析をしてあげれば、必ず生徒の負担は軽減され、成績アップにつながります。
プロ家庭教師の勉強の教え方を大公開・ガッツ家庭教師

上手に使えば社会科最強の武器!「地図帳」活用法!【家庭教師の技】

みなさん、地図帳って使ってました?
もらった時は自分の住んでる場所を調べてみたり、ディズニーランドの位置を調べてみたり、変な名前の国や島を見つけたりとみんなでわいわいするのですが、その後はほとんど使わなかったって人が多いのでは無いのでしょうか? しかし、上手に地図帳を使ってやれば社会科の勉強の強い味方になるのです。
その方法とは…
「教科書や問題に地名や場所が出てきたら地図帳で調べさせる」
たったこれだけ。「りんごの生産量全国一位は青森県で~」とでたら「青森県」の場所を調べさせる。「エジプトのナイル川の流域に発生したエジプト文明が~」とあれば「エジプト」「ナイル川」。といったように教科書と地図帳を往復させます。調べるのに慣れるまでは、おじいちゃん・おばあちゃんの家があるところを調べてみよう!、くまモンのいる熊本県はどこだろう?というように始めてもいいかもしれません。
なぜ、地図帳が武器になるのか
tizu02
社会の各分野は,それぞれ「地図帳」とつながっている。どの分野でも「地図帳」と深くつながることで 最終的には「地理」「歴史」「公民」がしっかりつながるのである。ニュースで流れてくる様々な事件や情報を理解するには「地理的知識」だけではダメなのである。「歴史的知識」だけでも「公民的知識」だけでもダメである。 3つの領域の知識が「合体」して初めて理解できる事柄なのだ。「地図帳」が「合体」の強力な接着剤となるのである。
出典:まくべん:小ネタ:社会の中心で地図をひろげる2

社会科は暗記科目とよく言われ、暗記が苦手な生徒さんは社会が嫌いなことが多いです。しかし、地図帳で見てみることで関連性を見つけることができたり、大きな視野で社会科を学ぶことができます。例えば「さくらんぼの生産量一1位は山形で2位は北海道3位は山梨で4位は青森・・・・」これだけだとタダの暗記ですが、地図帳で見てみると寒い地域に偏っているのが目に見えてわかります。他にも、四大文明はすべて大河の近くで誕生したこと。竹島は日本と韓国のちょうど間にあること。いろいろなことが「視覚的に」理解できるようになります。視覚的に理解できることで文字列だけの表面的な知識でなく、自分で理解した忘れにくい本物の知識として得ることができます。 また、47都道府県、県庁所在地、ニューヨークの位置。ニュースや会話ではよく耳にしますが自信をもって全部答えられる大人はどれだけいるのでしょうか?そんな中、地図帳で得た知識はテスト対策のためだけの知識ではなく一生の財産になることでしょう。
地図帳勉強法ぜひ試してみてください。

指導が分かりやすい家庭教師と分かりにくい家庭教師の違いは、5:3:2の法則だった!?

5:3:2の法則
プレゼンの技に「5:3:2の法則を意識する」というのがあります。
その法則とは…
5:3:2の法則というのはプレゼンをするときには、
聴衆が既に知っていることを5割
聴衆が「そういえば知っているな」と思いだせることを3割
聴衆が知らないことを2割
という割合で情報を盛り込むと良いというものです。
出典:プレゼンのための5:3:2の法則 – 旧ライフハック心理学

この技は家庭教師の指導でも利用することができます。指導・授業をするときにただそのまま教科書や参考書を説明するだけになっていませんか?生徒にとっては教科書に書いてあるほとんどのことが「知らないこと」です。
 人は自分が知らない話を聞くとき、疲れを感じます。知らない情報はそんなにたくさん処理できるものではありません。未知の情報ばかりを話されると理解を放棄してしまうことすらあるのです。
出典:【良いプレゼンは5:3:2の法則で成り立っている!】プレゼンをする際に心がけたいたった1つの原則

拙著によく「人はなじみ深くて新しいものを欲しがっている」ということを書きますが、結局それは、既知8割、未知2割ということなのです。これでも未知が多すぎるくらいで、未知1割くらいがベターかもしれません。
出典:プレゼンのための5:3:2の法則 – 旧ライフハック心理学

これは毎回の指導時間の1割でしか新しいことを教えてはいけない・・・ということではありません。
もし、新しい単元が前やった単元との繋がりがあればその単元の復習から入ったり、理科や社会であれば身の回りのことに置き換えたり例えてみたりすることで、生徒の今ある知識から未知の領域への階段を敷いてあげるのです。急な崖を昇らせるのはとても大変ですが、一歩一歩階段を上っていくのはそんなに苦ではありません。
この指導法には、「いかに教科書の内容をかみ砕いて伝えることができるか」という先生の指導力が問われるところです。
みなさんもこれからは「5:3:2の法則」を意識した指導をしてみては?