月別アーカイブ: 2019年4月

無題

大学生でもわかる!統一地方選挙のことが丸わかり!

統一地方選挙の真っただ中。街頭演説にも力が入っていますね。選挙権が18歳に引き下げられたことで、大学生のみなさんも当事者になったわけですが、そもそも統一地方選挙って何?という疑問を持たれている方も多いかと思います。

そこで、今回は統一地方選挙にかんしての情報サイトをご紹介いたします。 新入生・大学生のみなさま、参考にしてみてください。

毎日新聞「漫画で解説 統一地方選って?の巻」

無題

https://mainichi.jp/articles/20150405/mul/00m/010/01000sc

まずは統一地方選挙とはどういうものなのかを知るうえで、こちらのサイトは漫画で教えてくれているので、難しい政治的単語があってもさほど苦にならずよみすすめられるのでおすすめです。

中日新聞「<by学生スタッフ>18歳選挙権、初の統一地方選」

無題1

https://www.chunichi.co.jp/article/feature/koukousei/list/CK2019040702000006.html

中日新聞社の学生スタッフの方たちと選挙について話し合った内容になるので、大学生のみなさんにはとても参考になる記事です。どんな基準で選べばいいのかを独自のプログラム「マイ争点」にみんなで挑戦し、理解を深めていきます。学生スタッフの感想も掲載されているので、読みやすく共感できることでしょう。

you tube 「統一地方選挙をわかりやすく解説(2019年版)」

動画はやはりわかりやすいですね!これを見ておけば一通り選挙のことがわかります。クイズ形式にもなっているので、落とし込みができてかなり勉強になりますのでおすすめです。
senkyo_car

18歳の統一地方選挙投票・候補者の選び方はこの2つをチェックして!

選挙権の年齢が2016年から18歳に引き下げられ、大学生の皆さんもすでに選挙を経験されているかと思います。しかし「選挙ってなんだか難しい」「誰に入れたらいいのか正直わからない」という新入生や大学生のお声も多いようです。 今回は統一地方選挙について記事にしてみます。

統一地方選って?

地方公共団体の議会の議員又は長の選挙は、その団体が自主的に期日を定めて執行するというのが原則ですが、特例を定める法律によって全国的に期日を統一して行うものを統一地方選挙と言います。有権者の選挙への意識を全国的に高め、また選挙事務や費用を節減する目的で、4年ごとに行われています。
出典:明るい選挙推進協会

今年の日程

前半戦

3月21日:道府県知事選挙の告示日
3月24日:政令指定都市の市長選挙の告示日
3月29日:道府県議選挙と政令指定市議選の告示日
4月7日:投票日

後半戦

4月14日:一般市長選と市議選、東京都の特別区長と区議選の告示日
4月16日:町村長選と町村議選の告示日
4月21日:投票日

となっています。 みなさんがお住まいの市区町村により投票日も違ってきますので、注意が必要です。

何を基準に選んだらいいの?

ここが一番のポイントになりますので、具体的に見ていきましょう。
下記の2点を抑えておくことが候補者選びには重要です。

1、自分が必要と思う政策を挙げている候補者を探す
私たちの声を代表するのが政治家だと思います。そのためには自分が「こんな未来にしたい」「こんなことを取り組んでほしい」「こんな魅力的な政策もあげているんだな」というような政策の部分にフォーカスして候補者の中から探してみましょう。

2、選んだ候補者のプロフィールのチャック
掲げている政策は、当たり前ですが受けのいいものばかりです。本当にその政策に対して真摯に取り組もうとしているのかを知るには、候補者のプロフィールを確認してみてください。専門性はあるのか、当事者性があるのか。これらが確認できればきっと政策実現も力強く行ってくれることかと思います。

まとめると、候補者選びは「政策」と「候補者プロフィール」を抑えておくことが肝心ということです!
選挙を難しいものと捉えず、ぜひとも自分の声を届けてくれる候補者を選んでみてください。皆さんの「たかが1票」がこの国を変える「大きな1票」という力になっていることを忘れないで!!
gahag-0005040581-1

高収入バイト調べてみました!

大学生になったみなさま。楽しいキャンパスライフがいよいよ始まりますね。楽しみが増えるとお金も必要!これからはお小遣いを親からもらうのではなく、自分で稼いで自由に使うためにアルバイトをしたい!という方も多いかと思います。

どうせやるなら高収入で楽なアルバイトがいいと思うと思いますが、はっきりいってそんな都合のいいアルバイトはありません。あるとしたら・・・ヤバいアルバイトかもしれませんので、そこは気を付けてください。

ということで、高収入のアルバイト、稼げるアルバイトを調べてみました。

【居酒屋】
時給はさほどほかのバイトと変わりないように思うので高収入稼げるとは以外ですが、実は居酒屋は深夜まで営業していることが多いため、深夜に働いてくれる人は大歓迎でなおかつ22時時以は時給が25%アップするため、深夜勤務を数回入れるだけで、結構な収入を得ることが可能です。

【引っ越し業者】
繁忙期限定のバイトといえますが、短期集中で高収入を得るには最適かつ最強なバイトと言えます。時給も高く、労働時間が長いため日給で8,000~10,000円は稼げます。学生さんには魅力的なバイトです。

【ナイトワーク】
子限定の高収入バイトの定番です。キャバクラになると躊躇してしまいますが、「ガールズバー」などは社会勉強にも経験してみるのもありかと思います。もちろん時給は高額ですので、短期でも稼ぐことが可能です。

【塾・家庭教師】
大学生の高収入で稼げるバイトの代表格です。時給は最低でも1,500円。家庭教師になると最低でも2,000円くらいからスタートします。有名大学になるとさらに待遇もいいので、かなりの収入が見込めます。ただ、中学生以上に教えるとなると一定の学力が必要ですし、塾になると服装や髪型などの身なりの指定があったり、シフトの融通もききづらいなど、厳しい規則はあります。

高収入になるためには、やはり重労働、労働時間、期限限定、厳しい規則などのなんらかのリスクはあります。これをリスクと取るか、やがて来る社会人になる前の経験ととるかで、アルバイトは大きな人生経験として、成長に繋がります。