月別アーカイブ: 2020年7月

939e100848a0c7d54d9734a1601f4d23_t

勉強が苦手な子供の気持ちが分からない?勉強が得意な家庭教師の悩み

939e100848a0c7d54d9734a1601f4d23_t
家庭教師のアルバイトをする方は勉強が得意か、少なくとも苦手意識がない人が多いのではないでしょうか。勉強も得意だし誰もが知る一流大学の学生、または卒業生だし勉強を教えるなんて簡単だと思って、いざ家庭教師をはじめると

「説明は間違っていないはずなのに、何故、理解してもらえないのだろう?」
「どうして、こんな問題が分からないのだろう?」

と悩むことも少なくありません。家庭教師に指導を依頼するご家庭の中には、子どもが本当に勉強に苦手意識があり最後の手段として家庭教師を頼むケースもあります。そんなご家庭に勉強で苦労知らずの学生が指導すると、

「どうして、こんな簡単なことが理解できないの?」

と戸惑ってしまうのです。そんなとき、家庭教師はどうすれば良いのでしょうか。

名選手は名コーチとは限らない。家庭教師も同じ。

よく野球やサッカーなどで名選手が必ず名コーチだとは限らないと言われます。これば勉強の世界でも同じです。家庭教師が、どれだけ勉強が得意でどんな難問も解けても、解き方や勉強の習慣づけなど指導に長けているとは限りません。

勉強を教えても理解してくれないのは、教えている生徒のせいだと考えてはいけません。自分が問題を解く力と教える力は必ずしも一致しないのです。

偏差値が高い大学出身ならいい先生とは限らない

いわゆる偏差値が高い難関大学出身ならいい先生とは限りません。勉強が苦手な生徒がつまずいてしまう部分を特に悩まずに進めることができてしまうため、勉強が苦手な生徒がつまずくポイントを理解できないことも多いのです。

むしろ、勉強で苦労してきたタイプの学生の方が勉強で苦しんでいる生徒の気持ちが分かってあげられたり、つまずいてしまう部分をよく理解していたりすることもあります。また勉強よりも生徒のやる気を出してあげることがうまい家庭教師の方が、単に勉強を教える技術が高い家庭教師よりも適任であるケースもあります。

逆に言えば、難関大学出身じゃないから家庭教師のアルバイトができないかと言われれば、そんなことはありません。

家庭教師は勉強だけじゃなく指導法を身につけることも大切

家庭教師は単に自分自身で問題が解ければ勤まる仕事ではありません。生徒にわかりやすく伝える力やモチベーションをあげる力も求められます。

例えば小学生の四則演算を解くだけなら、家庭教師なら誰でもできるのではないでしょうか。しかし引き算ならば減加法、減減法といった指導法があり、答えをだす道筋まで理解していなければ生徒を指導できません。英語もネイティブなら誰でも話せるかもしれませんが、英語指導はできないのです。そのため実際に指導をする際は教師用の指導書や、家庭教師センターの研修があれば研修を受けておくことをおすすめします。

家庭教師は生徒と一緒に悩むのも仕事

家庭教師は自分自身で問題を解くのではなく、生徒に問題を解いてもらい粘り強く待つ力も求められます。もしかしたら、自分でスラスラと解ける問題でつまずいているのを見て代わりに解いてあげたくなってしまうこともあるかもしれません。

しかしときには、生徒が悩んでいる時間に一緒に、どうすれば生徒の学力が伸びるのか、モチベーションをあげられるのかを悩める先生の方が良い先生になるのではないでしょうか。

指導に悩んだら家庭教師センターと相談しよう

家庭教師センターを通して、家庭教師をすれば指導に悩んだときに助言を受けることができます。例えば教育アドバイザーや副担任、コーディネーターなど呼び名は様々ですが家庭教師に丸投げせず、チームになって指導をする家庭教師センターがほとんどです。

自分で答えを導き出すのと、生徒が答えを自分で解けるようにするのとでは求められることは異なります。指導に悩んだから家庭教師センターに相談したり、指導方法を研究したり、家庭教師はやることが沢山あるのです。しかし、その分、やりがいもある仕事です。

gahag-0005581276

まとめ

勉強が得意で家庭教師になった先生は時として勉強が苦手な生徒の気持ちや、つまずきが分からないこともあります。どうして生徒が問題を解けないのだろう?と悩む家庭教師もいるかもしれません。しかし自分で問題を解く力と教える力は別物です。

どうして生徒が躓いているのかを考えてあげたり、指導法を研究して分かりやすく伝えてあげたりする努力を家庭教師はしなければいけません。もしも指導で悩んだから家庭教師センターに相談しながら、指導を改善していきましょう。

gahag-0020294901-1

【家庭教師あるある】突然、クビ?交代を言い渡されたらどうする?

gahag-0020294901-1
家庭教師センターを通して指導を頑張っていても突然、交代を言い渡されてしまうケースがあります。指導している生徒に思い入れがあればあるほど途中で交代することになると、

・なぜ?
・何か不満があったのかな?
・失礼なことをしたのだろうか
・教え方がまずかったの?

など色々、不安になるのではないでしょうか。突然、交代を言い渡されたらショックも大きいかもしれません。しかし理由はどうあれ、交代をあまり長々と引きずるべきではありません。責任をもって最後まで家庭教師としての仕事をやり遂げ次のステップに進みましょう。

家庭教師の交代はよくあること?

まず前提として家庭教師の交代や契約終了自体は珍しいことではありません。

・大学受験自体を考えなおして別の進路を選ぶことにしたから
・金銭面で進学を諦めた
・部活に専念したい
・引っ越しをするから
・個別指導より塾で切磋琢磨する環境の方が生徒にとって向いていた

など家庭教師自身の人柄や指導とは何の関係もない理由で交代や契約終了することもあります。このような場合は気に病むことは全くありません。

一方で

・指導の方法が合わなかった
・生徒側と相性が合わなかった

など家庭教師と生徒、ご家庭との相性や指導の問題で交代を言い渡されるケースもあります。このような場合、落ちこんでしまう家庭教師の先生もいるかもしれません。しかし、気にしすぎる必要はありません。

ご家庭が家庭教師センターを通すメリットは先生を交代できること

ご家庭が家庭教師センターを通して家庭教師を探すメリットのひとつは、家庭教師を自由に交代できるところにあります。直接契約だと言いづらい家庭教師の契約終了と交代も、家庭教師センターを通せば言いやすいのです。そのため、ご家庭によっては何となく交代してみようかなと深い理由もなく交代を打診するケースもあります。
家庭教師センターを通して仕事をする以上、交代を言い渡される可能性を0にすることはできません。

家庭教師交代は必ずしも悪いことではない

家庭教師の交代は必ずしも悪いことではありません。家庭教師は基本的に1対1の指導になるため、集団指導よりも生徒との相性次第でうまくいくことも、いかないこともでてきます。例えばベテランの指導力の高い家庭教師よりも、身近なお兄さん、お姉さんのようなタイプの家庭教師の方が生徒もやる気がでることもあります。しかしベテランの指導力を求めているご家庭もあるはずです。

家庭教師と生徒・ご家庭とのマッチングや相性があまり良くないなら、交代して適材適所で求められているご家庭で指導にあたる方が家庭教師にとっても生徒にとっても良いことではないでしょうか。

気持ちを切替えて目の前の指導に専念しましょう

中には家庭教師側の指導力が不十分だと受け止められて、交代を言い渡されるケースもあります。しかし、家庭教師の指導に完璧はありません。不満も表にあがってくるか、あがってこないかの差で必ずしも不満を言われたから他の家庭教師に比べて指導力が劣っているという話にもなりません。ただ、ご家庭側から不満を言われた場合は、真摯に受け止めて次の指導に生かすべきです。

家庭教師の仕事は最後までやり遂げたり、交代を言い渡されたりしながら、様々な生徒との指導の中で経験を積み成長していけます。

家庭教師センターを通して交代を言い渡される方がトラブルにならない

家庭教師センターを通して仕事をする場合、交代を言い渡されることもあります。しかし、直接契約で家庭教師の契約を途中で終了される場合、ご家庭の方と直接、話すことになるため気をつかってしまうことも多いのではないでしょうか。

しかし家庭教師センターを通せば、ご家庭と家庭教師の間に家庭教師センターが仲介してくれるため、家庭教師側もあまり気まずい思いはせずにすみます。また途中で交代することになっても給料は家庭教師センターが保障してくれる安心感もあります。

no-translate-detected_1155-36

まとめ

家庭教師の交代はよくあることです。理由も様々で家庭教師に必ずしも責任があるわけではありません。そして、交代は相性が悪いご家庭で指導していたなら、相性の良いご家庭のところで気持ちを切り替えて働く良い機会です。もしもご家庭から不満があれば、それは真摯に受け止め次の指導に生かしましょう。様々なご家庭で交代を言い渡されたり、最後までやり遂げたりしながら家庭教師としての経験が蓄積されます。

交代を言い渡されても、あまり引きずらないで前向きに次の指導に取り組むことが大切です。

_1098-2085

【家庭教師あるある】直接、契約を打診されたらどうする?

_1098-2085
家庭教師のアルバイトをしていると派遣先のご家庭によっては直接、契約をもちかけられることもあります。直接契約なら家庭教師センターの時給よりも多く報酬を支払えるから、と話を持ちかけられたらどうしますか。

・時給が上がるなら直接契約しようかな?

このように考える家庭教師の方もいるかもしれません。確かに目先の時給はあがるかもしれません。しかし、家庭教師センターから派遣されているにも関わらず直接契約を結んでしまうと長期的に見て損をしてしまうことになる可能性があります。しかも場合によっては家庭教師センターから法的な措置をとられてしまう恐れもあるため、直接契約の打診は断るべきです。

家庭教師センターを通さなければ本当にお得?

ご家庭の中には好意で目の前にいる家庭教師に還元したいからと直接、契約をもちかけてくる方もいるかもしれません。家庭教師側にとっても家庭教師センターを通さない分、アルバイト代を多めにもらえるなら一見、お得な話のように感じます。しかし、家庭教師センターを通して仕事をするメリットがあることを忘れてはいけません。

家庭教師が直接契約するメリット

家庭教師がご家庭と直接、契約するメリットは家庭教師センターを仲介しないので目先のアルバイト代が増えることです。また家庭教師センターを通さない直接契約の方が融通も効くケースもあります。最初から家庭教師センターを介さずに、信頼関係が既にあるご家庭と直接契約するならメリットもあるのではないでしょうか。

家庭教師が直接契約するデメリット

家庭教師が直接契約するデメリットもあります。例えば直接契約するご家庭の中には、残念ながら月謝を支払わないケースも考えられます。しかし家庭教師センターを通して仕事をすれば月謝未払いのリスクを防げます。

また家庭教師センターに登録しておかないと、安定的に家庭教師を必要としているご家庭を紹介してもらえなくなります。個人的に家庭教師を必要としているご家庭が周りに沢山ある学生も、それほど多くはないのではないでしょうか。

また家庭教師センターに所属していないと最近の受験や新しいカリキュラムの情報が入ってこない、研修を受けられないといったデメリットも出てきます。

家庭教師センターに登録するなら契約違反は絶対にしてはいけません

家庭教師センターに登録している場合、契約書をよく確認してみることが大切です。一般的に家庭教師センターに登録する際には直接契約をしてはならない旨が記載されています。もしも契約書に反する直接契約をしてしまうと、場合によっては家庭教師センターに損害賠償請求をされてしまう可能性もあります。目先のアルバイト代アップのために家庭教師センターを裏切ってしまうと後々、困ることになりかねません。

ご家庭から勧誘されても直接契約は断固として断りましょう

家庭教師センターから派遣されている場合は、ご家庭から直接契約の話をもちかけられても、きっぱりと断りましょう。理由を聞かれても契約書で直接契約を禁止されていることを伝えれば十分です。家庭教師センターを通して仕事をすることで家庭教師をするご家庭を探す手間、請求書を作成する手間、税金に関する手間、などを気にせずに指導に集中できます。長い目で見れば家庭教師センターに登録して仕事をするメリットは沢山あるのです。

5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_t

まとめ

家庭教師センターを通して派遣されたご家庭で直接契約の話を持ちかけられても、きっぱりと断ることをおすすめします。多くの場合、家庭教師センター登録時に直接契約を禁止する旨が記載されており、直接契約をしたことが表に出ると損害賠償請求をされる可能性もあります。

また家庭教師センターに登録することで月謝の未払い回避、税金関係の手間の軽減、家庭教師先を探す手間がなくなる、研修を受ける機会があるなどメリットもあります。直接契約のトラブルを避けるという意味でも家庭教師センターと良い関係を築きましょう。

NKJ56_coffeecok_TP_V

【家庭教師あるある】出されたお茶菓子は素直にいただくべき?

NKJ56_coffeecok_TP_V
家庭教師の先生も、お家の人も悩むのが「休憩時間のお茶菓子をどうする?」問題です。基本的にお茶菓子をいただけることは家庭教師にとって有難いことです。またお菓子を食べながら談話をする時間は家庭教師と児童・生徒の距離を縮める貴重な時間になります。

しかし、

・苦手なお菓子を食べられない
・ダイエット中であまりケーキや甘いものを食べるのは控えたい
・残してしまったら申し訳ない
・気をつかってしまう
・たまにならいいけど毎週だとちょっと・・・

など、出されたお茶菓子で悩んでしまう家庭教師の先生も多いのではないでしょうか。そこで本記事では家庭教師が悩む「お茶菓子問題」について解説します。

先生だけじゃない?お家も悩む家庭教師のお菓子問題

・お茶菓子を出さないと失礼にあたるのでは?
・でも毎回、お茶菓子を用意するのは金銭的に負担がかかってしまう

実は家庭教師だけではなく受け入れる側のご家庭も、お茶菓子問題で悩んでいるケースが少なくありません。家庭教師センターの中には「休憩中のお茶菓子は不要です」と明言しているところもあります。お茶菓子を巡る問題は昔から家庭教師だけでなく、ご家庭にとっても悩んでしまうテーマの一つでした。

事前にお菓子についてルールを決めておくのがおすすめ

実は家庭教師もご家庭も内心どうすればいいんだろう?と「お茶菓子問題」で悩んでいます。おすすめの解決策は事前に話合いをして、ルールを決めておくことです。何も決めずに指導に入ってしまうと、先生とご家庭の双方が気を使いながら「お茶菓子」をどうするべきか悩んでしまうことになります。

事前にお茶菓子はお茶を一杯、用意してもらえれば十分です、お饅頭が苦手で食べられません、自分で休憩中の飲み物は持参するのでお茶菓子は不要です、など事前にご家庭の人に伝えて相談してルールを決めてしまいましょう。

お茶菓子に手をつけなくても「ご馳走様でした」

お茶菓子が出てきた際に、どうしても手をつけられないときもあるかもしれません。そんなときは無理にお茶菓子に手をつける必要はありません。その代わり手をつけてもつけなくても「ご馳走さまでした」など、一声、感謝の気持ちを言葉にしてあげましょう。

お茶菓子の休憩時間が家庭教師と生徒の距離を縮めることもある

お茶菓子のある休憩時間が家庭教師と生徒との距離を縮めることもあります。生徒にとって、お茶菓子の時間の休憩が一息できる時間になることもあります。もしも、ご家庭がご厚意でお茶菓子を出してくれて特に問題がなければ素直にお茶菓子をいただきながら生徒とコミュニケーションをとる時間を設けることが、結果的に生徒のためになることもあります。

特に小学生の指導となると、なかなか長時間、勉強だけに集中するのは難しいのではないでしょうか。お茶菓子の時間が生徒にとっても安らげる時間になることも多いので、家庭教師、お家の方だけではなく指導を受ける生徒の意見も汲み取ってあげたいですね。

a759873f1a93f5ac62778bbfd2b9f193_t

まとめ

お茶菓子のことで家庭教師の先生も、ご家庭の方も悩んでしまうケースは少なくありません。事前にお茶菓子や休憩時間をどうするのかを話あってルールにしておけば、後から悩まずにすみます。最初に相談してしまうのがおすすめです。

しかし、お茶菓子の時間が生徒にとって息抜きや家庭教師とコミュニケーションをとりやすい時間になったりすることもあるため、生徒の意見も踏まえて「お茶菓子」の時間をそれぞれ、うまく決められると良いですね。