月別アーカイブ: 2020年9月

8276-450x337

【家庭教師あるある】家庭教師と塾講師どちらが向いている?

8276-450x337
先生のアルバイトといえば家庭教師か塾講師の2択ではないでしょうか。どちらも勉強を教えるアルバイトですから家庭教師にしようか塾講師にしようか悩んでしまうのも無理はありません。もしかしたら家庭教師のアルバイトをしている人が塾講師になろうか考えているケースもあれば、その逆もあるかもしれませんね。家庭教師か塾講師か迷ってしまうのも実は家庭教師を目指す学生や現役の家庭教師あるあるです。本人の適性や求めていること次第で家庭教師が向いていることもあれば、塾講師が向いていることもあります。

そこで本記事では、よく比較される家庭教師と塾講師を比較します。

時給は家庭教師も塾講師も同程度

アルバイトの目的はお金を稼ぐことだけではないかもしれません。しかし時給はやっぱり気になるところではありますよね。実は家庭教師も塾講師もアルバイト代は、それほど変わりません。家庭教師でも塾講師でも時給が高いところは高いですし、そうでないところは、それなりの時給です。

地域にもよりますが家庭教師も塾講師も時給の幅が広く時給1200円〜2400円前後におさまることが多いのではないでしょうか。売れっ子の家庭教師、塾講師なら時給3000円以上というケースもあります。しかし家庭教師でも塾講師でも時給は勤める家庭教師センターや塾次第です。

ひとりの生徒にしっかり向き合えるのは家庭教師

時給は塾講師も家庭教師もそれほど変わらないため、働き方に注目してみましょう。同じ教科指導でも家庭教師は基本的に生徒と一対一、多くても兄弟・姉妹・お友達の同時指導で1対2程度での指導となります。

家庭教師の良いところは、ひとりの生徒としっかり向き合える時間があることです。一概にはいえませんが塾講師は全体指導で、たくさんの生徒を限られた時間の中で一度に指導しなければいけません。そのため、ひとりひとりにさける時間は、それほど長くはありません。家庭教師なら、ひとりの生徒にじっくり向き合い、その生徒に合った指導ができます。また生徒と会話する時間も長くなるため深くコミュニケーションをとれます。

ひとりの生徒にしっかりと向き合う働き方をするなら家庭教師がおすすめです。逆に勉強部屋で生徒と二人きりになってしまうことで、息がつまると感じてしまう人だと塾講師の方が向いているかもしれません。

全体指導や大勢の前で話す力が求められる塾講師

塾講師は基本的に全体指導をしなければいけません。そのため大勢の前で話す力や、分かりやすい板書をつくる力が求められます。同じ内容でも一人に伝えるのと二十人に伝えるのとでは、やり方が変わってきます。目の前にいる沢山の生徒の反応を見ながら、うまく全員に指導する内容を伝えなければいけません。

塾講師には全体指導ならではの大変さがあります。しかし大勢の前で話すのが好きな人、教員採用試験を将来、受験する人、人前で話す力をつけたい人なら塾講師はおすすめです。特に教員採用試験には模擬授業の試験もあるため塾講師で全体指導に慣れておくと有利です。

ただし塾講師はテストの採点や事務作業も塾講師は多く家庭教師よりも時間の拘束が長い傾向があります。アルバイトの時間より学生生活や勉強の時間を確保したいということなら家庭教師の方が基本的に有利です。

短期間でしっかり稼ぐなら家庭教師、長時間働きたいなら塾講師

短期間で集中的に稼ぐなら家庭教師の方が良いでしょう。拘束される時間も一人の生徒に対して約2時間程度です。また採点や事務作業にも時間をあまり取られません。しかし家庭教師よりも塾講師の方が安定して働く時間を増やしやすい傾向があります。

家庭教師が1日で遠く離れたご家庭の指導を複数かけもちするのは、やはり難しいため1日に働ける時間も2時間程度ということが多いようです。塾講師なら頑張れば長時間、働いて稼ぐことができます。つまり短時間だけ集中的に稼ぐなら家庭教師、長時間しっかり働きたいなら塾講師が一般的に良いのではないでしょうか。

5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_t

まとめ

家庭教師にも塾講師にも、それぞれメリット・デメリットがあります。家庭教師はひとりの生徒にじっくり向き合いたい人や短期間でしっかり稼ぎたい人に向いています。一方、塾講師は全体指導ならではの大変さを楽しめる人や人前で話せるようになりたい人、長時間しっかり働きたい人に向いています。どちらにも良いところがあるので迷っている人は参考にしてみてください。

school_open_campus

【家庭教師あるある】生徒が自分の出身校より難関大志望だったら?

school_open_campus
家庭教師をしていると生徒が自分の現役時代の在学校や出身校よりも難関大学を志望しているケースも頻繁にあります。例えば家庭教師はMARCH出身だけど生徒は早慶志望のようなケースです。自分が受験生だったときに不合格だった学校の入試を指導しなければいけないこともあります。

・生徒から頼りないと思われたらどうしょう?
・自分が現役時代に不合格だった大学入試の指導なんてできるの?

と不安に感じる家庭教師もいるかもしれません。しかし心配しすぎることはありません。まず入試問題を解く力と分かりやすく教える力は必ずしも一致しません。それに入試と違い指導する範囲は家庭教師の得意とする科目だけです。何より大学・社会人時代でも学び続けていれば学力は向上しているはずです。

しかし、家庭教師の中にはまだ不安を感じるかもしれませんね。
そこで生徒が自分の出身校より難関大学志望だった場合の心構えと対処法をご紹介します。

気にするべきことは偏差値ではない

生徒が自分より難関大学志望でもプレッシャーを感じる必要はありません。家庭教師の世界では生徒の志望校の方が先生の出身校より偏差値が高いケースはいくらでもあります。しかし偏差値を気にしすぎることはありません。むしろ気にするべきことは

・家庭教師が生徒の志望校の入試問題を解けて解説できるかどうか?

この一点に尽きます。

もしも指導で不安を感じるなら生徒の志望校の入試問題を解いてみてください。問題なく解けて自分の言葉で解説できるなら、なんの心配もありません。自信をもって指導にのぞみましょう。

家庭教師がカバーするのは得意科目だけ

家庭教師が指導するのは自分の得意科目だけです。英語の先生なら英語の指導ができれば大丈夫です。

例えば家庭教師が早稲田ではなく青山学院大学出身だったとします。一般的には青山学院より早稲田の方が偏差値だけ見ると難関です。しかし青山学院は英語の入試問題が難しく実際の入試では早稲田の問題よりも難しい英文が出題されているケースも珍しくありません。青山学院は言わずと知れたミッション系の外国語に力を入れている大学で英語の問題だけをみると、難関国立大学よりも難しい問題を出題しており英語が苦手だとなかなか合格できません。

仮に家庭教師が現役時代に早稲田に不合格で青山学院に入学した先生でも、不合格の原因は英語ではなく日本史や国語の成績が振るわなかったからというケースもあります。つまり指導する科目だけで見れば早稲田の英語も難なく解ける先生も多いのです。

生徒に指導力を疑われたら目の前で入試問題を解いて解説する

生徒が仮に先生の指導力を疑うケースがあったら、どうすれば良いのでしょうか。例えば早稲田志望なのに、青山学院出身の先生で大丈夫なのか?と思われてしまうケースです。その場合は実際に入試問題を生徒に解いてもらってから実際に同じ問題を解いて解説してみるのが一番です。

まず早稲田志望の生徒といっても高望みしているだけで、実際の学力は早稲田合格には程遠いことがほとんどです。恐らくそんなに出来ないケースがほとんどでしょう。もしも簡単に早稲田の入試問題をすらすら解けるようなら。その生徒に家庭教師の指導はそもそも必要ありませんよね。

実際の入試問題の解き方を生徒の前で実演したり解説したりしてみてください。生徒も家庭教師の実力と指導力に納得してくれるでしょう。

家庭教師が気にするべきことは「自分の指導する科目の生徒の志望校の入試問題を解けて解説できるかどうか?」だけです。

実績があるなら教え子の合格実績を見せるのも手

指導実績で自分の出身校より難関校に合格させてきた実績があるなら、それをさりげなく伝えるのも有効です。教え子を自分の出身校よりも難関大学に合格させ続けてきた実績があれば問題ありません。予備校でも中堅私立大学出身で教え子を東大や京大に合格させている先生は人気があります。

自分が指導する範囲でしっかりと生徒に教科指導できるかどうか?実績があるかどうか?が重要です。生徒の志望校の入試問題が全く解けない、解説できないということなら家庭教師センターにその旨を伝え適任の先生に代わってもらった方が良いこともあります。

しかし、実績もあり自分の担当科目を指導できるなら何の問題もありません。自信をもって指導にあたりましょう。

c3c290a4a15c9866b96c2a4da554a570_t

まとめ

生徒が自分よりも難関校を志望していても家庭教師が気にすることはありません。むしろ大切なのは家庭教師が自分の指導する教科で生徒が目指す学校の入試問題を解けて、しっかりと解説できるかどうかだけです。もしも生徒が家庭教師の指導力に不安をもっているなら実際に問題を解いて解説してあげましょう。もしくは指導実績を見せてあげましょう。生徒も安心してくれるはずです。
5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_t

【家庭教師と生徒で勉強した内容が違う?】教える際のギャップの埋め方

5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_t
家庭教師をしていると現役時代に教わった内容と生徒が勉強している内容が違うことがあります。例えば社会科なら鎌倉幕府が1192年で開かれたと昔は教わりましたが、今では1185年と教わりますよね。学校教育も日々、進化しており2021年にはセンター試験が廃止され大学入学共通テストがはじまります。生徒に勉強を教える際に家庭教師は指導内容のアップデートは必須です。

しかし心配しすぎる必要はありません。本質的な部分では教える内容は変わりませんし、学校の先生も新しい指導内容を生徒に教えるのははじめてです。家庭教師も学校の先生と同様、教わる内容を勉強しながら生徒に教えれば何の問題もありません。大切なのは教える側も勉強し続けることです。今回は教える際のギャップの埋め方についてご紹介します。

今は指導内容が大きく変わる時期:学習指導要領の改定・センター試験の廃止

新学習指導要領のカリキュラムが小学校は2020年、中学校は2021年、高校では2022年度の入学生から実施されます。さらにセンター試験も廃止され大学入学共通テストが導入されます。

設問形式が英語ならば英語の問題文になり、リスニングの試験時間が増加され、国語なら文章問題で使われるテキストが普段の生活で使われるような文章からの出題に変更など、今は大学入試の大変革期を迎えています。家庭教師や学校の先生も今後、このようなカリキュラムの変更に対応していかなければいけません。

対策1:学習指導要領を手に入れる

ギャップを埋める対策1は最新の学習指導要領に目を通すことです。

学校のカリキュラムは文科省が定める学習指導要領をもとに決められます。つまり学習指導要領をおさえることで国の大きな教育方針や指導する内容、重視している内容を押さえられます。実は学習指導要領は文科省のページから閲覧もできますし、大きな書店でも販売されています。教員採用試験でも学習指導要領の内容を問う問題がよく出てくるため、教員を目指す学生もよく買っているため家庭教師から学校の先生になりたい人にもおすすめです。

対策2:新しい参考書を手に入れる

ギャップを埋める対策2は新しい参考書を手に入れることです。

教育系、受験対策に強い出版社も新傾向に対応した参考書を出版します。やはり参考書を執筆する人はその道のプロや有名な方ばかりです。家庭教師が現役時代に勉強した内容を思い返すだけでは、なかなか新しい指導内容に追いつけません。家庭教師も生徒と同様に参考書で勉強して現代の学習内容のトレンドをおさえておく必要があるのではないでしょうか。

対策3:家庭教師センターの研修を受ける

ギャップを埋める対策3は家庭教師センターの研修を受けることです。 家庭教師センターの中には家庭教師の研修に力を入れているところもあります。

もしも研修会に参加できるなら参加して最新の情報を入手しにいくのも手です。家庭教師センターの中で指導現場の知見が共有されることもあり、ひとりで情報を入手しに行くよりも独りよがりにならずに済みます。

答えを導く本質は変わらない

新しく勉強もしなければいけないなんて家庭教師は大変な仕事なのだなと感じた方もいるかもしれません。しかし学習指導要領や大学入試のあり方が変わっても答えを導く本質は変わりません。英語指導をしていたのに急にフランス語を教えなければいけないとなったら大変かもしれませんが、そうではありませんよね。

家庭教師がこれまで学んできたことを土台に新しい情報を上乗せしていくだけで十分、対応はできます。大切なのはこれまで培ってきた教科指導の土台です。そこがしっかりしていれば新しい学習指導要領や参考書で勉強する部分はそこまで多くはないでしょう。教える際のギャップを埋めるには本当に家庭教師側の心がけを少しもつだけで十分です。

指導内容を復習する際に最近の参考書を読んだり学習指導要領に目を通したりするだけでも、新しい指導内容と現役の時に勉強した内容のギャップを埋めることができます。

publicdomainq-0004935aalcma

まとめ

学習指導要領が新しくなりセンター試験も廃止され教育業界も大きく変わります。家庭教師も教育業界の変化に追いつくための勉強をしなければいけません。学習指導要領に目を通したり、新しい参考書を読んだり、家庭教師センターの研修に積極的に参加しましょう。これまでの教科指導力の土台があれば、そこまで時間はかかりません。

girl-791037_1920-400x270-MM-100

【家庭教師あるある】間違いを指摘されたらどうする?

girl-791037_1920-400x270-MM-100
家庭教師も完璧ではありません。ときには間違ったことを生徒に教えてしまうこともあるかもしれません。そして生徒から間違いを指摘されてしまうこともあるのではないでしょうか。生徒に間違いを指摘されるのは気分のいいことではないでしょう。しかし指導を長く続けていれば100%正解という訳にはいきません。

勉強不足で間違いを教えてしまうこともあれば、ケアレスミスや勘違いで間違ったことを教えてしまうことは家庭教師を長く続けていれば避けられません。生徒の中には揚げ足をとるような態度をとってくることもあるかもしれません。そこで間違いを指摘されたら家庭教師はどのような態度をとればよいのかを考えていきましょう。

家庭教師だって分からないことも間違えることもある

東大や医学部の入学試験の問題を一問も間違えずに解ける家庭教師がどれだけいるでしょうか。どれだけ優秀な家庭教師でも満点をとるのは難しいはずです。もしかしたら難関大学の入試問題の指導だけでなく簡単な小中学校の指導でも勘違いした理解のまま大人になってしまい生徒に間違いを指摘されることもあるかもしれません。

家庭教師も完璧ではありません。どんな得意教科でも間違った理解をしていて、分からないことも出てきてしまいます。生徒の前で指導や答えを間違えてしまい指摘されてしまうのは避けたいところです。

しかし、どれだけ入念に準備をして間違いを減らすことはできても100%一度も間違えずに指導をするのは現実的には不可能なのではないでしょうか。そして間違いを恐れすぎては生徒の前で何も喋れなくなってしまいます。むしろ家庭教師は生徒の前で間違った指導をしてしまう前提に立たなければいけません。

間違いを指摘されたら素直に認める

間違いを指摘されて生徒の前でカッとなってしまったり、酷く落ちこんでしまったり、拗ねてしまったりしてはいけません。余計に指導に悪影響が出てしまいます。生徒の前で間違ってしまったら正しい対応をとることが重要です。その正しい対応とは「間違いを素直に認める」ことです。

間違ったことを下手に誤魔化したり、うやむやにしたりしてはいけません。例えばケアレス・ミスなら素直に「うっかりしていました。気をつけますね。」という趣旨のことを伝えるべきですし、根本的に指導内容がわかっていなくて間違えたなら「次の指導までに調べてくるね。」と生徒に伝えるべきです。

一番、よくないのは間違えたことを誤魔化してしまうことです。生徒に間違いを教えたまま、うやむやにしてはいけません。間違いを指摘されたときこそ家庭教師としての態度が試されます。

間違いがあまりに多すぎるようなら教える範囲を勉強しなおす

間違いがあまりに頻繁なら根本的に指導力不足の可能性があります。その際は改めて指導する範囲の勉強を復習するか指導する学年や教科を変えることを検討してみてください。いくら過去に受験で使った科目や学校で狙った科目といえども何年も触れていない内容は忘れてしまいがちです。

しかし質問に対する間違いで生徒から指摘が多すぎる場合、家庭庭教師自身が勉強しなおすか指導する教科や学年を変更する必要があるかもしれません。

重箱の隅をつつくようなミスを指摘する生徒なら交代を検討する

もしも揚げ足をとられてばかりなら生徒との関係がうまくいっていない可能性があります。間違いを指摘されるというより、本質的ではない些細な内容で生徒にいちいち何か指摘されているなら生徒との関係性から見直す機会を設けましょう。家庭教師センターとも連携して生徒指導について相談し、そのうえでどうしても事態が改善されないようなら担当を外れるという選択肢も視野に入れるべきです。

間違いを指摘されたときの態度を生徒はよくみている

生徒は想像以上に家庭教師の先生の態度をよくみています。本当に大切なのは生徒の信頼を失うような態度をとってしまうことです。あまりにも間違いが多すぎる場合、家庭教師の指導力不足や生徒との関係性がうまくいっていないなどの可能性を考えるべきです。しかし、そうでないならたまに間違いを指摘された際の家庭教師の振るまいや態度で生徒からの評価や信頼関係が決まります。

gahag-0005581276

まとめ

家庭教師も完璧ではありません。生徒から間違いを指摘されることもあります。しかし大切なのは間違ったときにどのように対処するかです。基本的に間違いは素直に認める、そして次の指導に生かすように心がけましょう。また間違いが多すぎる場合は教科の指導力不足か生徒との関係性に問題がある可能性があるので家庭教師センターと相談して対策を練りましょう。