月別アーカイブ: 2021年3月

ダウンロード

学生の集中力を向上させるポモドーロ・テクニック

ダウンロード
教え子から勉強に集中できないと言われたことはありませんか。

小学生なら集中力が続かずに手遊びをしてしまいます。中学生や高校生もスマホをいじったりして机に向かっていても全然、勉強できていないということが多々あります。集中して勉強できるかどうかは、小手先の受験テクニックよりも重要な学習の土台です。自然に集中して勉強や仕事に取り組めればいいのですが、「集中して!」と声がけするだけでは、なかなか人は集中できないものです。

そこで本記事では集中力を高めるためのポモドーロ・テクニックという時間管理術をご紹介します。
ポモドーロ・テクニックは受験勉強だけでなくリモート・ワークや自主学習でも役に立つので家庭教師の方にも使っていただけます。

ポモドーロ・テクニックとは?

ポモドーロ・テクニックとは生産性を高めるための時間管理術です。用意するものはキッチン・タイマーやストップウォッチなどで身近にある時間を計れるものがあれば大丈夫です。

ポモドーロ・テクニックはとてもシンプルで

「25分間集中して勉強する」
「5分休憩する」

この繰り返しだけです。25分間の集中タイムでは手遊びもスマホもゲームも一切、触らずに事前にやると決めた課題に全力で集中することが大切です。そして25分経過したら手は止めて5分間、必ず休憩をいれてください。メリハリをつけることがポモドーロ・テクニックの目的だからです。

こんな方法で本当に集中できるの?と疑問に思う人もいるかもしれませんね。しかしシンプルな方法だからこそすぐにはじめられます。またリモート・ワークでも実際に使われている有名なテクニックでもあります。

指導中にポモドーロ・テクニックをどう使う?

ポモドーロ・テクニックは指導中の「問題演習の時間」に活用できます。

家庭教師が家庭に訪問すると60分〜120分程度の時間の中で指導することになるのではないでしょうか。家庭教師の指導では講義の時間、問題演習の時間、解説の時間に分かれるのが一般的です。講義や解説の場合、生徒の反応を見ながら説明をすることになるので、ポモドーロ・テクニックを使えるのは「問題演習」の時間になります。

受験勉強も定期テストも「時間との戦い」の面があります。

時間さえあれば解けるのに…
制限時間があると集中できない…

と考える生徒も少なくありません。しかし、「制限時間の中で問題を解く」習慣を身につけるべきです。普段から制限時間を設けて勉強している人の方が本番で焦らずに済みプレッシャーにも強くなります。

また通常ポモドーロ・テクニックは25分の集中と5分の休憩ですが、15分の集中と3分の休憩のように問題演習に取り組む時間と休憩の時間を臨機応変に変えてしまっても問題ありません。

ポモドーロ・テクニックは生徒の自主学習のときにも活用できる

ポモドーロ・テクニックは生徒の自主学習でも活用できます。家庭教師が実際に生徒に指導できる時間よりも生徒が一人で勉強に取り組む時間の方が長くなくてはいけません。むしろ家庭教師がいない時間に、どれだけ一人で学習に取り組めるかが定期テストや受験成功では大切です。家庭教師のいる時間だけ勉強するという態度では勉強時間が足りなすぎるからです。

生徒に家で自主学習をする際に「集中できない」ようなら、生徒にポモドーロ・テクニックをすすめてみてください。小学生ならば集中時間を15分程度と、発達段階によって勉強と休憩の時間を調整するのがポイントです。

ポモドーロ・テクニックは学生家庭教師の仕事や学業でも使える

ポモドーロ・テクニックは生徒だけではなく学生の家庭教師自身でも使える時間管理術です。コロナ・ウイルス感染拡大の影響で大学の講義もリモート化が進みました。大学の教室に通えずに自分の部屋やカフェ、図書館で勉強を余儀なくされている方も少なくないでしょう。

家庭教師自身にもポモドーロ・テクニックは使えます。大学の定期テスト対策や取り組まないといけない仕事や事務作業など、なかなか手がつかなかったり、集中できなかったりするのではないでしょうか。ポモドーロ・テクニックで実際にタイマーを使うと「仕事に取り組まないと」という気持ちになれます。一度、取り組めればあとは軌道に乗って休憩をはさみながら勉強を進めていくだけです。

リモート授業やリモート・ワークが普及して誰もがメリハリをつけて仕事や勉強をする環境が確保しづらくなってしまいました。しかし、自分で時間のメリハリをつける方法をいくつかもっていれば乗りきっていけます。ポモドーロ・テクニックは一例ですが生徒にも科目の知識だけでなく「勉強の習慣」や「集中するための工夫」もあわせて教えてあげられると良いですね。

publicdomainq-0004935aalcma

まとめ

勉強や仕事になかなか取り組めない、集中力が続かないといった悩みにおすすめの時間管理術が「ポモドーロ・テクニック」です。生徒だけでなく家庭教師や社会人にも使えます。タイマーをつかって時間を計りながら、25分の集中時間と5分の休憩を交互に繰り返します。小学生ならば集中する時間を15分〜20分程度と短めに設定しても構いません。大切なのはメリハリをつけて勉強と休憩を進めることです。勉強や仕事になかなか取り組めないと感じている方は参考にしてみてください。

publicdomainq-0041557ntx

家庭教師が注意したいSNS発信。個人情報は要注意!

publicdomainq-0041557ntx
SNSを使うことが当たり前の時代です。家庭教師は生徒とSNSのアカウントを交換するべきかという問題もありますが、今回のテーマはSNSの発信内容についてです。家庭教師でFacebook、LINE、Instagram、ClubhouseなどSNSで交流を楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。SNSを見たり、交流したり、思っていることを発信したり、とても楽しいですよね。でも、SNSの発信内容には注意しないといけません。

例えば

・家庭教師の仕事で知り得た秘密や情報を発信してしまう
・家庭教師として相応しくないプライベートを発信してしまう

意外に気をつけていないと、SNSの扱いが家庭教師をする中で問題になってしまうことがあります。

SNSは意外に見られている

SNSは意外に見られています。フォローされていなくても、フォローの外からアカウントだけ覗かれていることも珍しくありません。SNSでは気軽に投稿をしてしまいがちですが、全世界にSNSを通した発信は拡散されてしまいます。しかも文字で発信した内容が残ってしまいます。特に特定が容易なアカウントはよく見られているため、万一、見られても問題のない発信を心がけるべきです。

SNSに投稿がバレたら個人情報の保護で問題になることもある

SNSの投稿で家庭教師先の個人情報や知り得たことを発信してしまうのは問題になります。ほのめかすような発信でも問題になることがあります。通常、家庭教師センターの就業規則でもSNSに限らず仕事上、知り得た情報の秘密を守る規則は盛りこまれています。そして、就業規則に反して家庭教師先の個人情報を発信してしまうと、家庭教師センターの信用問題にもなります。場合によっては訴訟問題に発展しまうことすらあります。

生徒も保護者もSNSで話題にされたら気分は良くない

SNSで家庭教師先の個人情報を発信していることが、生徒や保護者に知られたら、どうなるでしょうか。自分の立場で考えてみましょう。断りもなく自分の知らないところで自分の情報がSNSでとりあげられていたら、気持ち悪いと感じる方もいるのではないでしょうか。

家庭教師先の生徒も保護者もSNSで勝手に特定されない内容であっても、話題にあげられたら気分の良いものではないはずです。SNSで気軽に情報発信できるようになってしまったからこそ、発信内容には十分に注意しなければいけません。

個人情報の扱いは慎重に。写真投稿も慎重に

個人情報の扱いは慎重にしましょう。もちろん、写真の投稿も慎重にするべきです。直接、生徒や保護者の写真は撮らなくても、通勤中の写真などと他の発信内容から家庭教師先の生徒や保護者の家などが分かってしまうことも考えられます。神経質になりすぎるのもよくないのですが、自分のSNSでの投稿からどんなことが分かってしまうのかについては慎重に考えるべきです。公立の教育機関では運動会の生徒の写真にマスク処理をかけるほど、現在は個人情報の扱いに神経質な時代です。

SNSは家庭教師の嘘をつけない履歴書

SNSは家庭教師にとって嘘をつけない履歴書になります。履歴書は決まったことを書くだけで人格や考え方は分かりづらいのです。しかし、SNSは日々の行動や発信内容から、その人となりが分かります。日々の発信と積み重ねは、なかなかごまかせません。そして家庭教師センターや保護者もSNSを意外にみているものです。採用活動で面接をした学生のSNSをチェックする企業もあるほど、SNSは注目されています。日々のSNS発信では、家庭教師として、ふさわしい発信をするまでは無理にしなくても良いでしょう。しかし、家庭教師として、明らかに相応しくない発信は控えるべきです。

c3fc45daff24fd08e2145078fdca70a5_t

まとめ

誰しもがSNSを見たり発信したりする時代です。だからこそ、SNSの発信は常に人に見られている前提で発信するべきです。家庭教師先で知り得たことを、ほのめかす程度の発信であっても問題になってしまうことがあります。あまり神経質になる必要はありませんが、仮に家庭教師先の生徒や保護者が見ていても問題にならない投稿をしましょう。また、SNSは嘘をつけない履歴書であると自覚しましょう。企業にはSNSの発信内容をチェックするところもあるほど、SNSは見られています。家庭教師として相応しくない投稿は控えたうえでSNSを 楽しみましょう。
f17d28eff9c03d2b7b07444c8efdd8ed_t

家庭教師が自分で最先端の教育法を学ぶ方法

f17d28eff9c03d2b7b07444c8efdd8ed_t
家庭教師をしている方は受験科目の解き方は分かるかもしれません。しかし、学生アルバイトだと教科は分かっていても、教科指導や教育そのものの方法に触れる機会はあまりないのではないでしょうか。家庭教師センターの研修もありますが、家庭教師センターによっては十分な研修もなしに家庭に派遣されることも少なくありません。また指導経験を積んだ段階で改めて教育学を学んでみたいと思う人もいるかもしれませんね。でも、どうすれば学生家庭教師が効率的に教育について学べるのか分からないという声もあります。そこで本記事では家庭教師が最先端の教育学や指導を気軽に学べる方法をご紹介します。

こくちーずプロ

https://www.kokuchpro.com/
(こくちーずプロ)

こくちーずはプロはイベント支援サービスのWebサイトです。こくちーずのサイトから「教育」など気になるキーワードを検索してみましょう。例えば「発達障害」と検索したら、発達障害児向けの特別支援教育のセミナーがよく開催されています。最近ではZOOMでオンライン勉強会も流行っているため、住んでいる場所に関係なく学べます。オンライン以外でも地域に絞ってイベントを検索すると、希望する地域のイベントも見つかります。実際に有識者が教育についてセミナーや講演をしていることがあり、書籍では語られていない情報を入手できることもあります。

Schoo

https://schoo.jp/
(スクー)

Schooは大人向けの学習コミュニティです。主に生放送など動画配信を視聴できます。Schooでも教育に関連するキーワードを検索窓に入力してみると、興味深い教育関連の講座を見ることができます。しかも生放送授業の参加は無料です。また教育関連以外でも社会人になっても役に立つ講座が配信されており、教養を身につけたり就職活動をする際にも役立つ情報が学べるのではないでしょうか。

放送大学

https://www.ouj.ac.jp/
(放送大学)

昔からある通信制大学も家庭教師の学びに活用できます。大学生でも科目履修という形で講義を受講できます。
もちろん社会人でも受講できます。英語や地歴、数学などの高度な内容も学べる、家庭教師自身の教養を深める講座も豊富です。

教員採用試験の試験対策冊子

教員採用試験の試験対策冊子は教育関連全般と教科指導の両方を学べます。例えば時事通信社の月刊『教員養成セミナー』、共同出版の『教職課程』が有名です。どちらも教員採用試験の受験生をターゲットにした冊子ですが教育業界全般の幅広い知識、教科の指導法などを学べる内容になっています。特に家庭教師から将来、教員を目指す学生におすすめです。

家庭教師も勉強し続けないといけない

家庭教師も勉強し続けなければ指導が難しい時代になりました。大学入試センター試験は廃止され、学習指導要領も改訂を重ね、教育を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。学生時代だった頃の常識が、指導する生徒にとっては非常識ということもあるのです。学生時代にいくら模試や定期テストで良い点をとっていたとしても、それだけで家庭教師の指導ができる訳ではありません。だからこそ、家庭教師自身が勉強し続ける姿勢が必要なのです。

教科指導だけでなく心理学や指導法も学ぼう

心理学や指導法は学生時代には学ぶ機会は、ほとんどありません。家庭教師が問題を解くのが得意だったとしても、生徒を指導するための基礎知識や土台は、家庭教師をしながら身につけなければいけないかもしれません。
しかし心理学や指導法が分かれば小学生に分かりやすい指導、中高生に分かりやすい指導などを意識的にできるようになります。教員を将来、目指すなら教職教養という心理学や指導法全般の知識を扱う科目を攻略する必要もあるので、教員採用試験の対策にも直結します。もちろん、教員を目指さなくても役立つ内容ばかりです。

215383dbb89d43a023d6053dad745a74_t

まとめ

家庭教師センターの研修以外にも教科指導や教育関連のことを勉強できる機会は沢山あります。無理に受講する必要はありませんが、必要と感じるようになったら「こくちーずプロ」「Schoo」「放送大学」「教員採用試験用の冊子」などで教育に関する知識は学べます。教育を取り巻く環境は常に変化しており、家庭教師も過去に勉強した内容や経験だけでは、十分な指導ができないこともあります。そんなときは勉強会や教育関連の書籍・雑誌などにあたってみると、良い学びの機会が見つかるかもしれません。
5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_t

家庭教師も知っておくべき?私立文系の難易度上昇

5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_t
私立文系の入試が難しくなっています。一部の週刊誌や予備校関係者によればMARCH(明治・青学・立教・中央・法政)に落ちて旧帝大レベルの国立大学に合格することも、今では珍しくないといいます。また、MARCHと日東駒専では、受験業界のつくった偏差値ではMARCHの方が高い傾向にあります。しかし、実態として日東駒専に落ちてMARCHに合格するという事例も多くなりました。私立文系の入試に何が起きているのでしょうか。受験指導をする際にも私立文系の難易度が上がっている理由は押さえておきたいところです。

私立文系の難易度が高くなった理由

私立文系は昔、定員以上に合格者を多く出していました。私立文系は併願も多く合格しても他に流れてしまうことが多かったからです。しかし文部科学省の指導によって大学入学定員が厳格化されました。それに伴い定員よりも合格者を出してしまうと、私学助成金が一定の割合に応じてカットされるようになりました。しかも、推薦入学の割合も増えており一般入試で東京の私学に合格するのはひと昔前よりも難しくなったことは否めないでしょう。

大学の入学難易度の序列はもう通じない

受験指導では大学の入学難易度の序列が通じなくなりました。例えば早稲田に合格しても青山学院に落ちる、青山学院に合格しても駒沢大学に落ちるなど、日常茶飯事で偏差値通りの難易度では無くなってしまったからです。家庭教師の立場で考えると滑り止めの、おすすめの学校を安易に偏差値だけでは選べなくなりました。逆に言えば大学の入学難易度よりも、学校生活や勉強したい内容、就職活動などをより見据えた学校選択をするべきです。

私大文系の受験対策は過去問重視しよう

私大文系の受験対策は模試で偏差値を上げるよりも、過去問を重視するべきです。なぜなら私大文系の入試は多種多様で問題の癖が強いため、受験する学校の入試問題に慣れているほど本番で有利に進めやすくなるためです。普段の模擬試験の判定は参考程度で、それほど気にする必要はありません。

家庭教師側が注意するべきなのは、模擬試験の判定だけを見て受験生の可能性を狭めないことです。むしろ過去問を徹底的に研究して、その担当している生徒と相性が良いかどうかを見極めるべきです。基礎的な問題が多い代わりに量が多いタイプの試験が得意な子、問題を解くのが遅くても考えさせる問題が得意な子など個性があるはずです。

私立文系は同じ大学に絞ると対策を立てやすくなる

文系ならば特に法学部、商学部、社会学部、文学部などにこだわりがないということであれば、大学にもよりますが同じ大学の違う学部を併願するのは有効な戦略です。大学によっては学部ごとに問題を作っていて、同じ大学なのに傾向が異なるところもあります。しかし立命館大学のように全学部で似たような問題形式の大学もあります。また問題の出し方が違っても難易度が同じ水準のところもあるため、問題演習に他学部の問題を解くのは良い練習になります。

家庭教師の強みはオーダーメイドの個別指導。受験も個別指導

家庭教師の塾や学校にない強みは個別指導です。全体指導では、どうしても生徒それぞれにあった受験対策を取れません。私立文系でも青山学院と明治大学では、同じMARCHでも問題の傾向が違います。対策も当然、変わってきます。家庭教師なら、その生徒の志望校に応じて青山学院ならば英語の長文問題を特に力を入れた指導をする、明治大学ならばバランスよく3教科とれるようにするなど個別に受験生にあった指導ができます。特に私立文系の癖の強い入試問題は個別指導で結果を出しやすいところです。

家庭教師は担当する生徒の受験する大学の過去問を研究して、その生徒にあった指導や問題演習の時間を提供すると結果につながりやすくなります。

_1098-2085

まとめ

私立文系は大学入学定員の厳格化に伴い難化しています。偏差値通りの結果にはなりません。だからこそ、難易度にとらわれない進路指導がますます大事になってきます。また私立文系は問題の癖が強いため、過去問をどれだけ解けたかも大事です。そして私立文系は個別の入試対策が実りやすいので、個別指導を強みとする家庭教師の指導で効果が出やすい面があります。家庭教師は生徒の志望する大学入試の傾向と対策を理解し、生徒にオーダーメイドの個別指導をしてあげましょう。

adtDSC_2558-750x499

家庭教師も大学入学共通テストの対策をしよう

adtDSC_2558-750x499
2021年度の大学入学共通テストはSNSでも難易度が上がったと話題になりました。例えば英語は長文問題の量が多く従来のセンター試験と同じ要領で解こうとすると、かなり苦戦したという声がありました。数学I・Aも試験時間が伸びた分、思考力・判断力・表現力を重視する内容でした。従来のセンター試験は、どちらかといえば基本的な問題を素早くテキパキと解ければ、結果が出やすい試験でした。しかし共通テストは思考力重視の傾向があります。

家庭教師をこれから春からはじめる大学1年生は共通テストの経験者ではありますが、試験対策はセンター試験の過去問中心だったのではないでしょうか。2年生なら共通テストを受験した経験すらないでしょう。

しかし、これから指導する受験生は大学入学共通テストを避けて通れません。受験を指導する側も当然、避けては通れません。家庭教師は大学入学共通テストの対策をしなければ、十分な指導ができなくなりました。

難易度が上がった大学入学共通テスト

大学入学共通テストは「思考力・判断力・表現力」を重視しています。一方で従来のセンター試験は「知識・技能」を確かめるところに重点が置かれていました。共通テストでは、日常生活の中からの問題、複数の資料やデータを複合させた問題、解き方のパターンが複数ある問題、前問の答えによって解答が変化する問題など応用力がなければ、解けない問題が増えました。つまり初めて見た問題にその場で対処する力が求められるようになりました。

センター試験時代の経験だけでは指導が難しい

センター試験時代の経験だけでは、共通テストの対策は難しくなりました。制度が根本的に変わってしまったわけですから同じ教科でも、問題の問われ方が大きく変わったのです。同じ知識があっても、問われ方が変わると戸惑ってしまったり、解けなくなってしまったりするのは生徒だけではなく家庭教師も同じことでしょう。

センター試験の対策では、センター試験の癖を過去問で覚えて、センター試験の出題方法に慣れることで対策がとれました。しかし共通テストでは、共通テストの対策をしなければ、なかなか問題は解けません。当然、指導するとなるとさらに難しくなってしまいます。

学校の先生も塾講師も対策に追われている

学校の先生も塾講師も共通テストの対策に追われています。受験産業や教育に関わる職種の人は共通テストの対策をせざるを得ないのです。家庭教師だけが対策をしないわけにはいきません。大学受験で共通テストのような変化があったということは、時間差で中学入試・高校入試にも「思考力・判断力・表現力」が意識された問題が出題されることが増えると考えるのが自然です。家庭教師だけでなく塾講師、学校の教員など教育を仕事にする人は避けては通れません。

大学入学共通テストの傾向に生徒より先に慣れよう

大学入学共通テストの傾向に生徒より先に慣れておきましょう。先生は生徒より1日でも早く、教える範囲を予習し教えられる状態にしておかなければいけません。直接、受験生を受けもつことがなくても、自分の担当する科目の試験位は目を通しておきましょう。先生よりも生徒の方が大変です。生徒は全教科、少なくとも受験に使う教科全ての対策をしなければいけません。しかし、家庭教師は指導する教科だけ頑張れば十分です。その分、生徒の代わりに共通テストの問題に慣れて、コツをつかんで、そのノウハウを生徒に教えてあげましょう。

実際に共通テストの過去問を解いて、どんな練習をすれば点がとりやすくなるのか、本番でどのようにすれば高得点を取りやすくなるのかを、まとめると効果的です。

5f32df08af3a854d732cd09590040146_t

まとめ

大学共通テストはセンター試験より難しくなりました。思考力・判断力・表現力が重視され、問題の問われ方が変わってしまいました。だからこそ、家庭教師をはじめ学校の教員、塾講師は共通テストの対策に追われています。家庭教師も自分の担当する科目の過去問を実際に解いて、具体的にどんな勉強をすればいいのかを生徒の代わりに分かっておくべきです。共通テストの対策をしておくだけで、今の時代に求められる学力に対する指導力も身につきます。