月別アーカイブ: 2021年5月

b1b6cad97102f66f7414f8915524cee7_t

「勉強しろ!」は逆効果。家庭教師はどんな声がけをすると良い?

b1b6cad97102f66f7414f8915524cee7_t
「勉強しろ!」 子どもや生徒があまりにも勉強しないのを見て、ついつい言ってはいけないと分かっていても言ってしまうことってありますよね。勉強ができない子どもは、とにかく「勉強をする」しないことには伸びないのですから言ってしまう気持ちはよく分かります。

しかし「勉強しろ!」と言われてしまった子どもや生徒は逆に勉強しなくなったり、やる気が無くなったりしてしまいます。ストレートな内容は正しくても逆効果になってしまうのです。

「何を言うか?」は大切ですが「どう言うか?」も子どもや生徒を動かす際には大切です。本記事では「勉強しろ!」と言うのは逆効果である理由と「勉強しろ!」の代わりに生徒を動かすためのコツをご紹介します。

「勉強しろ!」が逆効果な理由

「勉強しろ!」が逆効果になる理由は「心理的リアクタンス」という心理現象があるからです。心理的リアクタンスとは自由を制限されると、反発してしまう心理現象のことです。例えば「見たらだめ!」「触ったらだめ!」と言われたら逆に見たり触ったりしたくなってしまうのです。

多かれ少なかれ家庭教師をしている学生や先生にも、そのような経験はあるのではないでしょうか。子どもも生徒も同じ人間ですから「心理的リアクタンス」があるのは当たり前です。勉強しろ!と言われたら自分だったら本当にやる気が出るかどうかを一度、考えてみてください。

「勉強しろ!」と言うのは言い方が間違っています。勉強して欲しかったら「勉強しろ!」と言ってはいけないのです。

具体的なアクションプランを考えてあげることが大切

「勉強しろ!」と言わない代わりに子どもが勉強をするように指導するにはどうすれば良いのでしょうか。まず具体的なアクションプランを考えてあげることが大切です。

「勉強しろ!」と言われても「何をどうやればいいのか分からずに困っている」という生徒は沢山います。本当は「勉強しなきゃ…」と思っているのに「勉強しろ!」なんて言われたら子どもがやる気をなくすのも無理はありません。

もっと具体的にどうすれば良いのかを子どもと一緒に考えてあげることが大切です。例えば「今日は問題集を1ページだけ進めよう!」「漢字を三つだけ最低、覚えよう!」と言う具合に目標をしっかり明確に具体的にしてあげると意外と生徒は動くものです。「勉強しろ!」と怒鳴るだけだと先生は楽で良いのです。

「勉強しろ!」と闇雲に言うのは先生が本当にやるべき丁寧な指導を放棄していると言われかねません。

勉強が楽しくなる工夫としかけを用意する

自然に勉強が楽しくなる工夫としかけを用意すれば子どもは自然に勉強に取り組みます。子どもが勉強を楽しめるような工夫を先生はしているのでしょうか。例えば算数や理科では単に問題を解くだけでなくゲームを取り入れてみたり、実験する機会を設けてみたり生徒が主体的に学ぼうと思う仕組みづくりをしてあげないと、いつまでたっても個々の生徒のモチベーション、やる気に頼ることになってしまいます。

指導力がない先生の特徴は「授業力」がないことだと言われています。つまり生徒が面白く楽しく学べる工夫もせずに一方的につまらない授業を押しつけているだけで生徒や子どもが我慢できずに勉強をやめたり勝手に遊んだりしてしまうのです。そんな授業力のない先生の口癖が「勉強しなさい!」「静かにしなさい!」なのです。

「心理的リアクタンス」を考えると「勉強しなさい!」「静かにしなさい!」が口癖の先生のクラスは勉強しない、うるさいクラスになってしまいます。家庭教師も「勉強しなさい!」「静かにしなさい!」を口癖にしないように気をつけましょう。

勉強する先にあるベネフィットを伝える

勉強したらこんなに良いことがある、夢が叶うといった勉強の先にあることを伝えてあげましょう。例えばちゃんと勉強したら「消防士」になれる、「看護師になれる」、「プログラマーになれる」など将来の職業にもしっかり役立つことを教えてあげましょう。勉強ではなく勉強の先にあることを伝えてあげることも、子どもが勉強に取り組む姿勢を身につけるのに役立ちます。ベネフィットとは、ここでは「勉強した後に受けられる嬉しいこと」だと考えてください。ベネフィットをしっかり伝えることで子ども、生徒の背中を押してあげましょう。

60bf6118324d7e38ee68f0cc160da163_t

まとめ

「勉強しろ!」は逆効果です。自由を制限されると、反発してしまう心理現象「心理的リアクタンス」があるからです。勉強することは子どもや生徒にとって良いことかもしれません。しかし「勉強しろ!」と無闇に言うことは害になってしまいます。家庭教師は言い方を工夫することが大切です。

1、 具体的なアクションプランを考えてあげることが大切
2、 勉強が楽しくなる工夫としかけを用意する
3、 勉強する先にあるベネフィットを伝える

この3つを守り「勉強しろ!」と言わない指導を目指していきましょう。

publicdomainq-0041557ntx

オンライン家庭教師の次はスマホ家庭教師!?アルバイト先としてはどうなの?

publicdomainq-0041557ntx
オンライン家庭教師はすでに珍しい雇用形態ではなくなりました。大手家庭教師センターもオンラインの家庭教師サービスを積極的に展開しています。アルバイトをする大学生も大学の講義がオンライン化しており既にオンラインのZOOMなどのビデオ通話を利用した指導は抵抗がないのではないでしょうか。

最近はさらに一歩、進んでスマートフォンだけで指導を完結させる比較的、ライトな家庭教師サービスも登場しています。オンライン家庭教師ではなくスマホ家庭教師です。本記事では比較的、新しいサービスのスマホ家庭教師の特徴とスマホ家庭教師はアルバイト先として良いのかどうかを解説していきます。

スマホ家庭教師のサービス

スマホを使った家庭教師サービスが一時、話題になりました。24時間365日の完全個別指導、スマホのカメラに分からない問題の写真を撮って送る、安心安全の電話番号やメールアドレスはアプリの中では非公開といった特徴でスマホを使った家庭教師サービスが登場しました。

生徒の立場から考えるとスマホで分からない問題の写真を撮って送れば、スマホで回答と解説がもらえるという仕組みです。どちらかと言えば通信教育に近いサービスです。ただし大手の衛生予備校や動画学習アプリとは異なりスマホアプリを使った比較的ライトなマッチングアプリのようなサービスと言えます。ただし働く先生はスマホではなくパソコンから指導に当たるのが一般的なようです。スマホは情報の受け手ならば使いやすいのですが情報の発信と指導となると使いづらいからです。

スマホを使った質問サービスは受験以外でも活用されている

スマホを使って質問を受けつけるサービスは受験以外でも活用されています。例えばオンラインのプログラミングやデザインなどを勉強できるサービスではスマホアプリのLINEを使って相談や解決をチャットベースで行うところもあります。パソコンよりもむしろスマホの方が使い慣れている若い人は多く、しかも昨今の学生はスマホを使ったコミュニケーションに慣れていますからスマホでもサービスは十分、成立します。

アルバイトする側のスマホ家庭教師のメリット・デメリット

アルバイトする側は業者にもよりますが業務委託という形で隙間時間に問題を回答します。パソコンで指導ページにログインして音声通話やホワイトボード、チャットなどを利用して指導にあたります。スマホを使ったサービスは先生が決まった時間に決まった生徒を指導する訳ではなく、全国の生徒のスマホから届いた質問をそれぞれの先生が自由に担当して解説していく仕組みだからです。

ここから家庭教師側のメリット・デメリットが見えてきます。メリットは家にいながら暇な時間にパソコンにログインして隙間時間に自由に働ける点です。一方でデメリットは時給制ではないため、短時間で比較的高時給で稼げるというアルバイトではないところです。

隙間時間に少しお金を稼ぎたいという人にはおすすめですが、しっかりと決まった時間に生徒と向き合って稼ぐという働き方をしたい人には向いていません。

スマホ家庭教師バイトは隙間時間で働くか対面で生徒と向き合いたいかで決めよう

スマホ家庭教師はあくまでも隙間時間に不特定多数の人の質問を解説するアルバイトです。一方、対面で生徒一人一人としっかり向き合いたい、稼ぎたいという方には従来の家庭教師アルバイトを選択する方が良いでしょう。ただし家庭教師の仕事は生徒とご家庭との条件が合えば指導できるコマが入るという仕組みのため、思うようにコマが入らないこともあります。

そんなときに一般の家庭教師のアルバイトと合わせてスマホやオンラインの家庭教師の指導を合わせて、かけもちするという働き方はあるのではないでしょうか。

group_kids_no_dog

まとめ

オンラインを利用した家庭教師サービスはパソコンだけでなくスマホを積極的に活用した形態も登場しています。中には不特定多数の生徒の質問を隙間時間に答えるような、比較的ライトなアルバイトもあります。このような形態の働き方は隙間時間に働けるメリットがある反面、従来型の家庭教師バイトよりも時給で考えると稼げなかったり生徒と向き合えなかったりするデメリットもあります。ただ隙間時間に働けることを活用して従来型の家庭教師の仕事と併用するなど「どちらかを選ぶのではなく、どちらも選ぶ」という選択肢もあります。

従来型の家庭教師アルバイトを収入の柱としながらオンライン、スマホを活用した教育サービスの仕事もバイトのかけもちのようにやってみるという手もあるのではないでしょうか。

kateikyoushi_man_boy

家庭教師も知っておきたいラポールの築き方

kateikyoushi_man_boy
家庭教師は学力と指導力だけであっても生徒との関係がうまくいかなければ、思うような結果は得られません。学校や塾などの先生でも学歴が立派でも生徒から嫌われている人もいたのではないでしょうか。家庭教師にとって学力や指導力はもちろん大切なのですが、それらを生かすためには生徒とのコミュニケーションを円滑にする力も必要です。そのために知っておきたいのが教育心理学、特にラポールです。

ラポールとは一体、なんなのか?
ラポールを生徒と形成するための具体的なテクニックを教えてほしい。

そんな疑問や悩みをもっている方のためにラポールについて解説します。

ラポールとは?

「ラポール」とは、心理学の用語で、相互の信頼関係のことです。語源はフランス語の「橋を架ける」からきています。家庭教師と生徒との間にもお互いに信頼しあい相手を受け入れた状態で指導をした方がうまくいきます。ラポールが築けていなければ生徒は先生に本音も言えませんし、分からないことを聞くのにも躊躇してしまいますよね。ラポールは先生と生徒の間だけでなく、営業マンと顧客、カウンセラーとクライエントなど様々な関係の中で成立します。家庭教師以外の仕事でもラポールを築くテクニックは役に立ちます。

ちなみにラポールは教育心理学でも勉強する有名な考え方です。

ラポールを築くメリット

・警戒心がなくなる
・円滑なコミュニケーションがとりやすくなる

ラポールを築くことで生徒は先生に質問をしやすくなったり、本音を言いやすくなったりします。ラポールを築くことは家庭教師側にもメリットがあります。例えば円滑なコミュニケーションがとれるようになり指導もしやすくなりますし、年末年始はお休みがほしいといった本音も生徒と話しやすくなります。

ラポールが築けていないと本音で先生も生徒もお互いのコミュニケーションがうまくいかずにギクシャクしてしまいます。学力や指導力だけでなくラポールを形成する力も家庭教師の仕事をする上では大切です。

ラポールを築くテクニック:ミラーリング

ラポールを築くテクニックをご紹介します。テクニックにばかり頼るべきではありませんが、知っておくことで役に立つシーンも多いので指導の中で取り入れてみると効果があるかもしれません。

ミラーリングは相手の真似をすることでラポールを形成するテクニックです。例えば相手がお茶を飲んだら、お茶を飲む、足を組んだら足を組む、みたいにさりげなく相手の動作を真似することで気持ちを通わせるテクニックです。営業マンもよく使うテクニックです。

ただし、露骨なミラーリングはかえって不自然になるため、さりげなく行うことがコツです。

ラポールを築くテクニック:マッチング

マッチングは相手の声のボリュームやリズムなどを合わせるラポール形成のテクニックです。ミラーリングのように動作ではなく相手の動作の雰囲気を真似することで心を通わせます。ミラーリングはどうしても相手が不自然に感じてしまったり、露骨にやりすぎるとかえって警戒されてしまったりします。そこでミラーリングとマッチングをうまく組み合わせることで不自然にならないようにすると自然なラポール形成ができるようになります。

ラポールを築くテクニック:バックトラッキング

バックトラッキングとは相手の言ったことを同じような言葉で返しながら会話を進めていくテクニックです。
例えば

生徒:「今日、映画を見に行ってきたんだ!」
先生:「そうなんだ。映画に行ってきたんだね!」

という具合に相手の言った言葉を返していきます。完全に物真似をするのではなくポイントを繰り返すのがバックトラッキングのコツです。

ラポールでは相手を受容する気持ちも大切

ミラーリング、マッチング、バックトラッキングなどのラポールを形成する具体的なテクニックをご紹介しました。しかし、具体的なテクニックや動作の土台には相手を受容してあげる気持ちがあることが前提です。生徒のことを受け入れてあげて、生徒の課題をしっかりと解決してあげようという気持ちがテクニックよりも大切です。

家庭教師以外にも様々な仕事でラポールを形成しなければ、仕事が円滑に進まないことがあります。家庭教師のアルバイトを通してラポールを形成する練習をすると社会人になってからも、役に立つ機会があるはずです。ラポール形成のテクニックを実践してみてください。

79415be4758fd3d068c085a7b372ee9a_t

まとめ

ラポールとは、心理学の用語で、相互の信頼関係のことです。信頼関係を円滑に築けると生徒とのコミュニケーションや指導もしやすくなります。ミラーリング、マッチング、バックトラッキングなどの具体的なテクニックを使いつつ、生徒を受け入れて課題を解決してあげようという気持ちをもってラポールを生徒と築きましょう。

先生が嫌いだと、その先生の科目も嫌いになるという話はよく聞きますよね。だからこそ、生徒との円滑なコミュニケーションがとれるラポールも大切です。
publicdomainq-0004496pwk

家庭教師も生徒も分からない問題が出てきたときの対処方法

publicdomainq-0004496pwk
家庭教師の仕事で考えるタイプの問題の解き方や答えを生徒に質問されて、答えられないときはどんな対処をすれば良いのでしょうか。家庭教師も人間なので分からない問題も出てきます。解答が手元にあってもうまく説明できない問題が出てくることもあります。特に中学受験のクイズのような算数の応用問題や難関大学入試の数学、英語の難しい長文問題やエッセイなど家庭教師でも、なかなか解けない問題はどのように対処すれば良いのでしょうか。

①その場で調べる

まず頑張ってその場で調べてみましょう。知っているか知らないを問う問題ならGoogleなどの検索エンジンで答えを調べれば解決します。手元に参考書があれば、参考書を読みながらその場で調べても良いでしょう。ただし家庭教師の指導時間には月謝が発生しています。指導時間中にあまりにも調べる時間が長すぎて生徒への実質の指導時間が短くなってしまうことは避けるべきです。

その際に

「難しい問題だから良い説明ができるように調べておくね」

と正直でしかも誠実な対応を生徒にはとるようにしましょう。分からないのに分かったふりをしたり、誤魔化したりするのはかえって生徒に不信感を与えてしまいます。

②分からない問題は持ち帰って落ち着いて取り組んでみる

指導中に10分以上、時間がかかるようなら分からない問題は持ち帰りましょう。

指導時間中に生徒の目の前でプレッシャーを感じながらだと解けない問題も、一人で落ち着いて時間をかければ解ける、分かる問題も少なくありません。分からない問題が出てきて指導時間中に10分以上、調べても難しい問題は持ち帰るといったルールを設けておくと指導中に慌てずに済むかもしれません。家や喫茶店でひとりならば参考書も見放題、時間も使い放題です。

③分かる人に聞く

もしも自分一人で考えても分からない問題なら分かる人に素直に聞いてみましょう。例えば家庭教師センターが頼りになりそうなら家庭教師センター関連の人に聞いてみるのもおすすめです。また大学に通っているなら同級生に聞いてみたり、オンラインで質問できるサービスを利用してみたりするなどの方法も有効です。特に算数の応用問題や数学など、いくら考えても分からない閃きが必要な問題は一人で解答まで導くには時間がかかりすぎてしまうこともあります。

④分からなかった問題の解説を作ろう

分からなくて持ち帰った問題の解説をしっかりと作りましょう。しっかりと解説をつくることで生徒のためにも家庭教師自身のためにもなります。特に家庭教師自身が答えられなかった問題の解説をそのままにせずに、しっかりと解答の道筋を記録しておくことで資産にもなります。同じような問題が出てきたときに解答の道筋を記録し積み重ねておくと役に立つときがきっとやってきます。また、問題の解説をしっかりと作って生徒に見せることで生徒からの信頼感も高まります。

⑤分からなかった問題が良問なら類似の問題を用意してみる

家庭教師自身も分からない問題は悪問の可能性があります。例えば入試で100点をとらせないために無理やり作ったような難しい設問や予備校講師でも解答が分かれるような問題もあるからです。悪問の場合は、入試でこの問題が解けなくても合格には直接、関係がないことを生徒に伝えてあげましょう。

一方でしっかりと考えさせて他の生徒と差がつく良問ならば、類似の問題を生徒に用意してみるのもおすすめです。英語の長文問題だと難しいかもしれませんが算数や数学などの問題ならば類似の問題を作って生徒に解いてもらうことが生徒の学力向上につながります。

5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_t

まとめ

家庭教師が指導中に分からない問題を聞かれたとき、解説しなければいけないのに答えられなかったときの具体的なステップを解説しました。

①  その場で調べる(指導時間中に調べものに時間をかけ過ぎない)
②  分からない問題は持ち帰って落ち着いて取り組んでみる
③  分かる人に聞く
④  分からなかった問題の解説を作ろう
⑤  分からなかった問題が良問なら類似の問題を用意してみる

もしも、どうするべきか迷ったら、この5つのステップを進めてみてください。分からない問題をそのままにしてしまったり、生徒の前で誤魔化したりせずに取り組むことが家庭教師の指導力向上、生徒の学力向上につながります。

家庭教師も人間ですから得意科目、指導可能な科目でも分からない問題は出てきます。大切なのは分からない問題が出てきたときにどんな対応をするかです。

c95a545a9a630db5564a4edef64b661c_t

家庭教師をはじめる前にやっておきたい自己分析

c95a545a9a630db5564a4edef64b661c_t
家庭教師のアルバイトでミスマッチを防ぐには2つの分析が必要です。

1:自己分析
2:家庭教師センター分析

家庭教師センターにも勉強が苦手な子供をサポートすることに力を入れている家庭教師センターもあれば、受験対策に特化している家庭教師センターもあります。これらの家庭教師センターの特徴を分析することも大切なのですが、一番大切なのは「自己分析」ではないでしょうか。

例えば自分はどのような性格で、どのようなことに興味が強いのか。どんな指導をしていきたいのかを明確に語るのは簡単ではありませんよね。意外と自分のことがよく分からないという人も沢山いるのではないでしょうか。

まず家庭教師のアルバイト選びをするには自分を知る必要があります。そして自分を知ることは将来の就職活動や教員採用試験・公務員試験にも役に立ちます。そこで個人でも気軽にできる自己分析の方法をご紹介します。

家庭教師センターを選ぶ前に自己分析をしてみよう

家庭教師センターを選ぶ際に一度、自己分析をしてみることをおすすめします。しかし客観的に自己分析をしてみないと見えてこない自分の性質もあります。そこで個人でも簡単に取り組める代表的な自己分析の方法をまずは確認しましょう。その上で自分が受けてみたい自己分析の診断を選んでみてください。

ストレングス・ファインダー

ストレングス・ファインダーはアメリカのギャラップ社が開発した「人の強みの元=才能」を見出すツールです。Webサイト上で177個の質問に答えて、自分のもっている強みと弱みを浮き彫りにします。資質を大きく34資質に分けて質問に答えていくことで、どの資質が強いのかをストレングス・ファインダーでは見える化していきます。

例えば1位ポジティブ、2位活発生、3位最上志向、4位社交性、5位コミュニケーションなど、自分の強みの資質がわかります。

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』という書籍も有名でストレングス・ファインダーを詳しく知るのにおすすめです。ストレングス・ファインダーの上位資質と苦手な資質を確認していきながら自分の気づかなかった特性や強みを知ることで家庭教師センターの就職にも役立てましょう。

エニアグラム診断テスト

エニアグラムとは、9個の点を持った円周と、それらの点をつなぐ線から成り立つ幾何学図形のことです。エニアグラム診断テストでは性格を9つのタイプに分けていきます。改革する人、助ける人、達成する人、個性を求める人、調べる人などの決められたタイプのどこに当てはまるのかを複数の質問の回答から導き出します。

就活サイトを利用してみる

多くの学生が将来、お世話になる大手の新卒向け就職活動のサイトにもパーソナリティーや向いている職種を診断してくれるサービスがあります。例えばマイナビやリクナビなどです。これらのサービスを利用して自分の性格や向いている業界などを客観的に見てみるのもおすすめです。

特に就職活動をする前に自己分析はなんらかの形ですることになるので、家庭教師アルバイトの面接が始まる前に一度、診断を早めに受けてみると就職活動もはじめやすくなります。

自分の資質や特性を理解した上でどんな指導をしたいかを考える

ストレングス・ファインダーやエニアグラム診断、就活サイトのサービスは家庭教師に特化した性格診断テストではありません。そのため性格診断を客観的に理解したうえで次はどんな指導をしていきたいのかを考えてみましょう。

例えば受験指導を中心にして結果を出したい、課題があり困っている子どもの力になってあげたい、好きな教科の楽しさを伝えたいなど様々ではないでしょうか。土台となる自分の性格や特性を踏まえつつ家庭教師として、どんなことに大切にして指導していきたいのかを明確にしてみましょう。自分のことが分かっていないのに自分にピッタリの家庭教師センターを選ぶことは簡単ではありません。

だからこそ客観的な自己分析や家庭教師として、どんな指導をしていきたいのかという志望動機を固めておくのがおすすめです。そして自分のことが明確に分かるようになったら家庭教師センターへのエントリーや面接で、しっかりと自己紹介・自己PRをしていきましょう。

性格診断で上位に出てきた資質と家庭教師としてどうありたいのかを結びつけてみることで、自分一人だけでは思いつかなかった自己紹介と自己PRができるようになります。そして、これらの一連の自己分析は就職活動でもきっと役に立ちます。

33510f35d0ded3a9603dc0bb8be990db_t

まとめ

家庭教師センターに登録する際に、自分にピッタリの家庭教師センターを探すには自己分析も欠かせません。
まずストレングス・ファインダーやエニアグラムなどの性格診断を利用した上で自分がこれからどんな指導をしていきたいのかを考えてみましょう。性格診断の内容とこれから取り組んでいきたい指導を結びつけて家庭教師センターにも自己紹介、自己PRをしていきましょう。

自分のぶれない軸をしっかりと作ることで、自分にぴったりの家庭教師センターを探しやすくなるので、ぜひ自己分析をしてみてください。