月別アーカイブ: 2021年5月

publicdomainq-0004496pwk

家庭教師も生徒も分からない問題が出てきたときの対処方法

publicdomainq-0004496pwk
家庭教師の仕事で考えるタイプの問題の解き方や答えを生徒に質問されて、答えられないときはどんな対処をすれば良いのでしょうか。家庭教師も人間なので分からない問題も出てきます。解答が手元にあってもうまく説明できない問題が出てくることもあります。特に中学受験のクイズのような算数の応用問題や難関大学入試の数学、英語の難しい長文問題やエッセイなど家庭教師でも、なかなか解けない問題はどのように対処すれば良いのでしょうか。

①その場で調べる

まず頑張ってその場で調べてみましょう。知っているか知らないを問う問題ならGoogleなどの検索エンジンで答えを調べれば解決します。手元に参考書があれば、参考書を読みながらその場で調べても良いでしょう。ただし家庭教師の指導時間には月謝が発生しています。指導時間中にあまりにも調べる時間が長すぎて生徒への実質の指導時間が短くなってしまうことは避けるべきです。

その際に

「難しい問題だから良い説明ができるように調べておくね」

と正直でしかも誠実な対応を生徒にはとるようにしましょう。分からないのに分かったふりをしたり、誤魔化したりするのはかえって生徒に不信感を与えてしまいます。

②分からない問題は持ち帰って落ち着いて取り組んでみる

指導中に10分以上、時間がかかるようなら分からない問題は持ち帰りましょう。

指導時間中に生徒の目の前でプレッシャーを感じながらだと解けない問題も、一人で落ち着いて時間をかければ解ける、分かる問題も少なくありません。分からない問題が出てきて指導時間中に10分以上、調べても難しい問題は持ち帰るといったルールを設けておくと指導中に慌てずに済むかもしれません。家や喫茶店でひとりならば参考書も見放題、時間も使い放題です。

③分かる人に聞く

もしも自分一人で考えても分からない問題なら分かる人に素直に聞いてみましょう。例えば家庭教師センターが頼りになりそうなら家庭教師センター関連の人に聞いてみるのもおすすめです。また大学に通っているなら同級生に聞いてみたり、オンラインで質問できるサービスを利用してみたりするなどの方法も有効です。特に算数の応用問題や数学など、いくら考えても分からない閃きが必要な問題は一人で解答まで導くには時間がかかりすぎてしまうこともあります。

④分からなかった問題の解説を作ろう

分からなくて持ち帰った問題の解説をしっかりと作りましょう。しっかりと解説をつくることで生徒のためにも家庭教師自身のためにもなります。特に家庭教師自身が答えられなかった問題の解説をそのままにせずに、しっかりと解答の道筋を記録しておくことで資産にもなります。同じような問題が出てきたときに解答の道筋を記録し積み重ねておくと役に立つときがきっとやってきます。また、問題の解説をしっかりと作って生徒に見せることで生徒からの信頼感も高まります。

⑤分からなかった問題が良問なら類似の問題を用意してみる

家庭教師自身も分からない問題は悪問の可能性があります。例えば入試で100点をとらせないために無理やり作ったような難しい設問や予備校講師でも解答が分かれるような問題もあるからです。悪問の場合は、入試でこの問題が解けなくても合格には直接、関係がないことを生徒に伝えてあげましょう。

一方でしっかりと考えさせて他の生徒と差がつく良問ならば、類似の問題を生徒に用意してみるのもおすすめです。英語の長文問題だと難しいかもしれませんが算数や数学などの問題ならば類似の問題を作って生徒に解いてもらうことが生徒の学力向上につながります。

5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_t

まとめ

家庭教師が指導中に分からない問題を聞かれたとき、解説しなければいけないのに答えられなかったときの具体的なステップを解説しました。

①  その場で調べる(指導時間中に調べものに時間をかけ過ぎない)
②  分からない問題は持ち帰って落ち着いて取り組んでみる
③  分かる人に聞く
④  分からなかった問題の解説を作ろう
⑤  分からなかった問題が良問なら類似の問題を用意してみる

もしも、どうするべきか迷ったら、この5つのステップを進めてみてください。分からない問題をそのままにしてしまったり、生徒の前で誤魔化したりせずに取り組むことが家庭教師の指導力向上、生徒の学力向上につながります。

家庭教師も人間ですから得意科目、指導可能な科目でも分からない問題は出てきます。大切なのは分からない問題が出てきたときにどんな対応をするかです。

c95a545a9a630db5564a4edef64b661c_t

家庭教師をはじめる前にやっておきたい自己分析

c95a545a9a630db5564a4edef64b661c_t
家庭教師のアルバイトでミスマッチを防ぐには2つの分析が必要です。

1:自己分析
2:家庭教師センター分析

家庭教師センターにも勉強が苦手な子供をサポートすることに力を入れている家庭教師センターもあれば、受験対策に特化している家庭教師センターもあります。これらの家庭教師センターの特徴を分析することも大切なのですが、一番大切なのは「自己分析」ではないでしょうか。

例えば自分はどのような性格で、どのようなことに興味が強いのか。どんな指導をしていきたいのかを明確に語るのは簡単ではありませんよね。意外と自分のことがよく分からないという人も沢山いるのではないでしょうか。

まず家庭教師のアルバイト選びをするには自分を知る必要があります。そして自分を知ることは将来の就職活動や教員採用試験・公務員試験にも役に立ちます。そこで個人でも気軽にできる自己分析の方法をご紹介します。

家庭教師センターを選ぶ前に自己分析をしてみよう

家庭教師センターを選ぶ際に一度、自己分析をしてみることをおすすめします。しかし客観的に自己分析をしてみないと見えてこない自分の性質もあります。そこで個人でも簡単に取り組める代表的な自己分析の方法をまずは確認しましょう。その上で自分が受けてみたい自己分析の診断を選んでみてください。

ストレングス・ファインダー

ストレングス・ファインダーはアメリカのギャラップ社が開発した「人の強みの元=才能」を見出すツールです。Webサイト上で177個の質問に答えて、自分のもっている強みと弱みを浮き彫りにします。資質を大きく34資質に分けて質問に答えていくことで、どの資質が強いのかをストレングス・ファインダーでは見える化していきます。

例えば1位ポジティブ、2位活発生、3位最上志向、4位社交性、5位コミュニケーションなど、自分の強みの資質がわかります。

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』という書籍も有名でストレングス・ファインダーを詳しく知るのにおすすめです。ストレングス・ファインダーの上位資質と苦手な資質を確認していきながら自分の気づかなかった特性や強みを知ることで家庭教師センターの就職にも役立てましょう。

エニアグラム診断テスト

エニアグラムとは、9個の点を持った円周と、それらの点をつなぐ線から成り立つ幾何学図形のことです。エニアグラム診断テストでは性格を9つのタイプに分けていきます。改革する人、助ける人、達成する人、個性を求める人、調べる人などの決められたタイプのどこに当てはまるのかを複数の質問の回答から導き出します。

就活サイトを利用してみる

多くの学生が将来、お世話になる大手の新卒向け就職活動のサイトにもパーソナリティーや向いている職種を診断してくれるサービスがあります。例えばマイナビやリクナビなどです。これらのサービスを利用して自分の性格や向いている業界などを客観的に見てみるのもおすすめです。

特に就職活動をする前に自己分析はなんらかの形ですることになるので、家庭教師アルバイトの面接が始まる前に一度、診断を早めに受けてみると就職活動もはじめやすくなります。

自分の資質や特性を理解した上でどんな指導をしたいかを考える

ストレングス・ファインダーやエニアグラム診断、就活サイトのサービスは家庭教師に特化した性格診断テストではありません。そのため性格診断を客観的に理解したうえで次はどんな指導をしていきたいのかを考えてみましょう。

例えば受験指導を中心にして結果を出したい、課題があり困っている子どもの力になってあげたい、好きな教科の楽しさを伝えたいなど様々ではないでしょうか。土台となる自分の性格や特性を踏まえつつ家庭教師として、どんなことに大切にして指導していきたいのかを明確にしてみましょう。自分のことが分かっていないのに自分にピッタリの家庭教師センターを選ぶことは簡単ではありません。

だからこそ客観的な自己分析や家庭教師として、どんな指導をしていきたいのかという志望動機を固めておくのがおすすめです。そして自分のことが明確に分かるようになったら家庭教師センターへのエントリーや面接で、しっかりと自己紹介・自己PRをしていきましょう。

性格診断で上位に出てきた資質と家庭教師としてどうありたいのかを結びつけてみることで、自分一人だけでは思いつかなかった自己紹介と自己PRができるようになります。そして、これらの一連の自己分析は就職活動でもきっと役に立ちます。

33510f35d0ded3a9603dc0bb8be990db_t

まとめ

家庭教師センターに登録する際に、自分にピッタリの家庭教師センターを探すには自己分析も欠かせません。
まずストレングス・ファインダーやエニアグラムなどの性格診断を利用した上で自分がこれからどんな指導をしていきたいのかを考えてみましょう。性格診断の内容とこれから取り組んでいきたい指導を結びつけて家庭教師センターにも自己紹介、自己PRをしていきましょう。

自分のぶれない軸をしっかりと作ることで、自分にぴったりの家庭教師センターを探しやすくなるので、ぜひ自己分析をしてみてください。