月別アーカイブ: 2021年8月

e31eb8eb1b8f3bbc93ee1f199da95437_t

家庭教師アルバイトの大変なところ5選

e31eb8eb1b8f3bbc93ee1f199da95437_t
家庭教師アルバイトはやりがいがあり時給も高く人気のあるアルバイトです。しかし、良いことばかりではありません。家庭教師には大変なことも当然あります。人によっては家庭教師が続かずに辞めてしまうこともあるようです。しかし世の中のどんな仕事も大変なポイントはあります。大変なポイントが違うだけともいえます。
アルバイトをするなら大変なポイントを自分が我慢できることかどうかをしっかり考えることでミスマッチを防げます。そこで本記事では家庭教師の大変なところ5選をご紹介します。家庭教師のアルバイトで大変なところを、そんなに苦だと感じなければ家庭教師の適性有りかもしれません。

大変なところ1:家庭教師は勉強がやっぱり大変

家庭教師は勉強が大変です。得意科目を指導教科にしようとしても、いきなり希望してなかった小学生の算数の指導を依頼されることもあります。また得意科目の指導ができたとしても受験時の学力をキープするか、それ以上の水準に保っていなければいけません。つまり自分の学力を維持し続けるのも大変です。さらに大事なのは自分が問題を解く力と生徒に教える力は、また別だということです。いかに分かりやすく生徒に噛み砕いて教科内容を教えてあげられるかも工夫しなければいけません。

そして、学習指導要領が変わったことで現役時代と教科指導の範囲が変わったり、学校ごとの受験対策のことも考えたりしなければいけません。やはり家庭教師は勉強が大変なので、それが苦にならない人でなければ指導していて辛くなってしまうでしょう。

大変なところ2:家庭教師は自分がテスト前でも休みづらい

家庭教師のアルバイト学生も大学のテストを受験しなければいけません。しかし自分がテストでも家庭教師バイトは休みづらいのです。特に単位を取るのが難しい試験が控えている中、生徒の指導もするのは大変なことです。
家庭教師の学生は教える側であると同時に教わる側でもあります。うまくアルバイトと大学を両立できなければ家庭教師のバイトは大変なのではないでしょうか。

大変なところ3:家庭教師は途中で辞めるのが難しい

家庭教師には指導者としての責任があります。そのため辞める際には区切りの良いときが望ましいでしょう。例えば学期や学年の終わりなど節目でないと辞めづらいアルバイトです。小売店や外食店に比べて途中で辞めづらいアルバイトなので長期的な計画を立てて、アルバイトを自分の生活に組みこまなければいけません。特に受験生を担当した場合は途中で受験を控えた生徒を置いて辞めるのは難しいでしょう。無理ではありませんが心情的に辞めづらいですよね。

大変なところ4:家庭教師は保護者とのやりとりが大変

家庭教師は保護者とのやりとりも大変です。保護者の方にも様々な方がいますが中には気難しい方もいます。公立学校の先生でも生徒指導より保護者対応の方が大変だと感じている先生も多くいらっしゃるほど、保護者対応で苦労している方もいるのです。

家庭教師は生徒指導だけしっかりしていれば良いかというと、そうではありません。家庭教師の月謝は保護者が出していることが一般的なので保護者との関係を良好にしておく必要があります。生徒だけを相手にしていれば良いと考えている人は考えを改めた方が良いでしょう。

大変なところ5:家庭教師は待っていても仕事が来ないこともある

家庭教師センターに登録しても家庭教師の依頼が全然、まいこんで来ないこともあります。家庭教師を必要としている生徒とのマッチングがうまくいくかどうかの問題なので指導力があり、熱心でも運が悪いと仕事が全然ないこともあるのです。しかし家庭教師センターは一つではありません。実は複数の家庭教師センターに一括で登録できるシステムもあります。もし依頼が来ない場合は複数の家庭教師センターに一括、登録してみることをおすすめします。

5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_t

まとめ

家庭教師の大変なところ5選をご紹介しました。

1:家庭教師は勉強がやっぱり大変
2:家庭教師は自分がテスト前でも休みづらい
3:家庭教師は途中で辞めるのが難しい
4:家庭教師は保護者とのやりとりが大変
5:家庭教師は待っていても仕事が来ないこともある

この5つを見て大変だなと感じた方もいれば、これ位なら大丈夫と感じた方もいるのではないでしょうか。どんなアルバイトでも大変なこともそうでないこともありますよね。もし家庭教師のアルバイトが向いてないなと感じるなら無理に家庭教師を目指す必要はないでしょう。無理に指導をはじめても長続きしません。

しかし、この5つを我慢できそう、または乗り越えられそうという本気の方は家庭教師を目指してみませんか。大変なところもありますが時給も比較的、高く家庭教師は生徒の成長を見守れて感謝もされるやりがいのある仕事なので本気の人にはおすすめです。

c95a545a9a630db5564a4edef64b661c_t

家庭教師も知っておきたい大学受験過去問本まとめ6選

c95a545a9a630db5564a4edef64b661c_t
大学受験を指導する家庭教師は教える生徒の志望校の受験対策を考えなければいけません。そのためには過去問の分析と対策をする必要があります。実際に大学受験を経て家庭教師になった先生ならば、過去問の重要性についてよく分かっているのではないでしょうか。過去問といえば赤本が有名ですが、実は過去問は様々な出版社から出版されています。それぞれの出版社によって個性があり受験時代に意外と目を通していない過去問集シリーズもあるのではないでしょうか。そこで本記事では過去問集をまとめてみました。

1:お馴染みの赤本

赤本は、お馴染みの過去問集です。どこの本屋さんに行っても他の過去問集は置いてなくても赤本は置いてあることがほとんどなので一番、知られているのではないでしょうか。扱っている大学の数も多く特に主要な国立大学や有名私立大学の問題は学部、日程ごとに1冊にまとめられています。志望校がはっきり決まっているなら数年分、さかのぼって過去問を研究できる赤本はおすすめです。

特に赤本は医療系の大学・学部に関しては収録されている過去問が多いため医療系の大学受験対策でも使いやすいのではないでしょうか。

2:難関大学向けの青本

青本は駿台予備校の出版社である駿台文庫が出版している過去問集です。青本は赤本に比べて取り扱っている大学が少なく東大・京大・早稲田・慶應などの有名大学しかありません。しかし、青本は過去問を5年分まで掲載していたり解説が細かく充実していたりと赤本とは違った特徴があります。

もし指導する受験生が東大・京大・早稲田・慶應などを受験するなら青本を他の過去問集と読み比べてみて、解説が一番、充実していて問題の掲載年数が多いものを選ぶようにしましょう。

3:共通テストと難関大学の白本

白本は、代々木ゼミナールの出版者である代々木ライブラリーから出版されている過去問集です。白本はセンター試験・共通テスト関係の過去問が充実しています。国立大学受験や共通テスト利用を考えている受験生の指導におすすめです。また東大や早稲田などの一部の大学向けの過去問集も出ているため、東大や早稲田の受験生を指導する場合は赤本や青本などと比べてみても良いでしょう。

4:共通テストに強く模試付きの黒本

黒本は河合塾の出版社、河合出版から発売されている過去問集です。黒本は白本と同様、センター試験や共通テスト対策に特化した内容です。センター試験対策の「全統模試」の問題も掲載されているため国立大学、私大の共通テスト利用をする受験生を受け持っているなら検討してみると良いでしょう。また黒本は資料も豊富で過去の点数データや成績分布などもあるため進路指導の資料にも使えます。

5:共通テスト3教科に特化した緑本

緑本は通信教育で有名なZ会から出版されているセンター・共通テストの過去問集です。昔は東大、京大、早稲田、慶應の過去問集も出版していましたが現在、絶版になってしまいました。緑本は英語・数学・国語の主要3教科に絞った「英数国」の過去問だけを集めた過去問集という特徴があります。しかも緑本は10年分の過去問を掲載しているため練習問題をたくさん確保したいときにもおすすめです。

6:過去問の辞書?全国大学入試問題正解

全国大学入試問題正解は旺文社から出版されている辞書のような過去問集です。英語・数学・国語・地歴・理科ごとに分かれています。そして、私立大編、国公立大編に分かれており1年分ですが様々な大学の過去問を横断的に解けるようになっています。併願先が多い受験生、各大学の傾向を調べる際におすすめです。また他大学の過去問をたくさん解くことで本番にも強くなれるため、問題集としても使えます。

大学受験の傾向は近年、大きく変わっていることに注意

センター試験が大学入学共通テストに変わり、学習指導要領が大きく変更されるなど受験は大きく変わりました。そのため過去問と大きく傾向が変わっても対応しなければいけない場面もあります。しかし、それでも過去問に取り組むことで本番に近い環境で問題演習ができます。

受験生を担当する家庭教師は大変な面も多々ありますが、受験生の志望校の過去問をチェックして、場合によっては受験生にも同じ過去問集を購入してもらい過去問対策に励むのが良いでしょう。

5f32df08af3a854d732cd09590040146_t

まとめ

大学受験の過去問をまとめました。家庭教師で受験生を担当しているなら一通り受験生の志望校の過去問チェックや生徒に問題演習の機会を設けましょう。家庭教師は個別指導が強みです。集団指導では、なかなか受験生の志望する学校に特化した練習や対策はできません。生徒の志望する受験校に合わせてしっかりと対策を立てていきましょう。

illustrain06-ne01

ネガティブな言葉は使わない。家庭教師は前向きな言葉を使おう

illustrain06-ne01
普段からネガティブな言葉を使っていませんか。「もう無理」「どうせできない」「テストで70点しかとれなかった」など私生活でネガティブな言葉ばかり使っていると家庭教師のアルバイトの時間も、ついつい生徒にネガティブに当たってしまいます。

しかし結論から言うと教育の現場では、ネガティブな言葉や態度ばかり表に出してしまうのは損です。生徒にとってだけではありません。家庭教師の先生にとってもです。人間、どうしても前向きになれないときもあります。ついついネガティブな発言や態度をしてしまう気持ちもよく分かります。それでもネガティブな言葉は意識的に使わない方が良いのです。なぜ家庭教師はネガティブな言葉を使うべきではないのかを解説します。

教育心理学でも有名なゴーレム効果

教職の教育心理学ではピグマリオン効果とゴーレム効果を一般的に学習します。ピグマリオン効果は、「ある人物に対して周囲の期待が高い場合、その人物は周囲の期待通りに良いパフォーマンスが出せる」というものです。ゴーレム効果はピグマリオン効果の逆で「周囲の期待が低いと期待通りに悪いパフォーマンスになってしまう」というものです。

つまり教師や保護者、周りからの友人からの目に生徒のパフォーマンスは影響されてしまうのです。家庭教師のネガティブな生徒に対する発言はゴーレム効果を発生させる要因になってしまいます。

「ときには厳しいことを言わないといけないのでは?」と真面目な家庭教師は考えてしまうかもしれません。しかし厳しいことを言うときも言い方はポジティブにするべきです。

例えば

A:「たったの70点しかとれなかったの?もっととれたでしょう?次は頑張って。」
B:「70点もとれたの?よく頑張ったね。まだまだ君は伸びるよ。次も頑張ろう!」
この2つなら、どちらがやる気が出る言葉がけでしょうか。おそらくBと答える方がほとんどではないでしょうか。同じ内容でも言い方を少しでも前向きにするだけで印象は変わるものです。

脳は主語を理解できない

実はネガティブな発言は生徒だけではなく、家庭教師自身にも悪い影響があるかもしれません。とある脳科学者が「脳は主語を理解できない」という趣旨の発言をしました。脳は潜在意識では主語を理解できないため、「他人に悪口を言っても自分が悪口を言われているように感じてしまう」、「友人が他人の悪口を言っていても自分が悪口を言われているように感じてしまう」のだそうです。

悪口と注意・批判は違いますが、潜在意識のレベルではネガティブな発言はネガティブな影響をばらまいてしまいます。悪口や注意・批判ばかりを言ったり言われたりする環境にいると、やはり家庭教師自身にも悪い影響が出てしまいかねません。

実は安全な立場から批判や皮肉を言うのは、自分が賢い気がするだけ、良い気になるだけです。そして批判や皮肉は前向きで建設的な意見やアドバイスをするよりも簡単です。本当に生徒のことを思うなら批判や皮肉のきいた言葉を使うべきではありません。思ったことをすぐに口に出すのではなく、しっかり伝えるべき内容を考えて生徒の気持ちを良い方向に導けるポジティブな言葉づかいをするべきです。生徒のやる気を削ぐような発言をしてしまわないか、しっかり言葉にする内容や伝え方を考えていきましょう。

辛いこと・難しいことが多いからこそ前向きな指導をしよう

家庭教師をしているとプライベートでも指導でも辛いこと、難しいこと、苦しいことが沢山あるのではないでしょうか。人間、誰しも完璧ではありませんから「愚痴」「批判」などを様々な場面で言いたくなる気持ちも分かります。しかしネガティブな発言は生徒にも自分自身にもゴーレム効果の影響を与えてしまう可能性があります。

どうしても指導中に生徒の模試が目標点に届かないこと、生徒からやる気が感じられないこと、生徒が言うことを聞いてくれないなど、家庭教師がストレスを抱えてしまうことはたくさんあるでしょう。常に前向きでいることは簡単ではありません。

それでもポジティブで前向きな指導を心がけるべきです。常にポジティブな発言や指導をしている先生も実は、影で悩んでいたり愚痴の一つも言いたくなったりすることもあります。そこをこらえてポジティブな言葉づかいや立ち振るまいをしているのが本当の良い先生です。これは家庭教師に限らず公教育・塾講師なども変わりません。前向きな指導を意識的に心がける位がちょうど良いのではないでしょうか。

8e30fb1535e71794437d02d8381cb8ae_t

まとめ

家庭教師は意識的にネガティブな言葉づかいや立ち振るまいを避けるべきです。生徒に対して無意識のうちに悪影響を与えるゴーレム効果の原因になる、自分自身もネガティブな発言に悪い影響を受けてしまう、など良いことがありません。

皮肉や批判をいう方が何となく知的な感じ、現実を分かっている感じがしてしまいます。しかし皮肉や批判をいうよりも建設的なアドバイスをする方が大変です。そして皮肉や批判よりも生徒にとって建設的で前向きなアドバイスの方がプラスに働きます。先生自身が前向きな姿勢を普段からもち指導に当たることで、生徒に自然にゴーレム効果の反対のピグマリオン効果を期待できるのではないでしょうか。

c3fc45daff24fd08e2145078fdca70a5_t

家庭教師と塾講師バイト、教員採用試験を受験するならどちらがおすすめ?

c3fc45daff24fd08e2145078fdca70a5_t
将来、小学校や中学校・高校の教員を目指している大学生も多いのではないでしょうか。教員を将来、目指す大学生に人気のあるアルバイトが家庭教師と塾講師です。どちらも比較的、大学生ができるアルバイトの中では時給が高く、しかも教える経験も積めるため教員養成大学に通っている人、教職課程を受講している人に人気です。

しかし家庭教師と塾講師、どちらが将来、教員採用試験の役に立つのだろう?と迷う人も多いのではないでしょうか。そこで本記事では家庭教師と塾講師のどちらが教員採用を目指す学生の将来につながるアルバイトなのかを考えていきます。

塾講師は集団指導に慣れることができる

塾講師と家庭教師の違いは集団指導なのか、個別指導なのかです。そして教員は基本的に集団指導で授業ができることが求められます。もちろん集団指導以外にも個別指導をすることもあります。しかし学級経営と集団指導で1対多数の生徒の関係をうまく構築できる力が教員には必要です。となると集団指導が中心の塾講師の方が、一対多数で講義をする機会が多いため塾講師が家庭教師よりも教員採用試験では有利に見えます。

また教員採用試験には模擬授業という実技試験もあります。模擬授業対策でも塾講師で全体指導をした経験はかなり生きるのではないでしょうか。

家庭教師は個別指導に慣れることができる

家庭教師は塾講師とは違い全体指導ではなく個別指導が中心です。近年の学校は全体指導以外にもティーム・ティーチングによる個別指導もしますし、少人数教育も盛んです。その際には家庭教師の個別指導の経験が生きるかもしれません。ただし、塾講師と異なり大勢の前で話す経験はあまり積めません。

教員採用試験の模擬授業は基本的に全体指導ができるかどうかを見ることが、ほとんどです。そのため家庭教師の経験自体は役に立っても塾講師のように、模擬授業の練習にはあまりなりません。

塾講師の講義と学校の授業は意外に違う

塾講師と家庭教師なら全体指導が模擬授業対策になる分、塾講師の方が教員採用試験では有利なのではと思うのではないでしょうか。しかし、一概にはそうとも言えません。塾講師の全体指導の講義と学校の先生の授業は、似ているようで似ていない部分もあるからです。

塾講師も学校の先生も教壇に立つのですが、塾講師の場合はどちらかといえば講義で一方的に情報を伝えるタイプの講義がほとんどではないでしょうか。一方で学校の授業は特に義務教育では、先生が主役ではなく児童・生徒が主役です。導入の部分では先生は児童・生徒全体に語り掛けますが、導入が終わると生徒が手と頭を動かして考える時間です。学校の先生はずっと授業で喋っているイメージがあるかもしれませんが、実は授業の導入と最後以外は生徒の活動を促すような指導が求められているのです。

そのため塾講師の講義と学校の先生の授業とでは、集団指導という点では同じですが、実はアプローチの仕方が結構、違うのです。

塾講師経験があれば教員採用試験で有利とは限らない

学校の先生や教育委員会によっては塾講師の経験を、そこまで特別視したり、ポジティブに受け止めたりしないところもあるようです。場合によっては塾講師の指導経験が裏目に出てしまうケースすらあります。家庭教師に関しても、これは同様です。家庭教師の経験があるから教員採用試験で加点されるということも、あまりないと考えた方が良いでしょう。

教員採用試験を有利に進めるならスポーツやボランティアがおすすめ!?

教員採用試験で有利になるにはアルバイトよりもスポーツや文芸活動で実績を出す、ボランティア(特に公立学校の現場の指導員など)をするのが、おすすめです。スポーツや文芸活動で実績を出せば小学校なら体育の指導などで期待されますし、中高でも部活指導の観点から有利に働きます。ボランティアで学校現場に入ることで、どんな先生が求められているのかを知るのも教員採用試験では有効です。

結局、家庭教師も塾講師も取り組み方が大事

家庭教師も塾講師もただアルバイトしているだけでは教員採用試験の加点にはなりません。しかし、家庭教師や塾講師の経験でどんな学びがあったのか、どんな工夫をしたのか、教育に対して情熱をもてたのかといった中身が評価されることはあります。家庭教師も塾講師も経験をどう教員としての指導に生かせるのかを考えれば、どちらも将来の役に立ちます。

また、教員採用試験を受ける前に、教員免許をとるための教育実習をする前に、児童・生徒と実際に話したり指導したりする経験があるのとないのとでは大違いです。実際に児童・生徒と交流できるのは家庭教師も塾講師も同じで、その点においてはどちらも教員採用試験の受験者にはおすすめのアルバイトです。

3795微笑むスーツの男性

まとめ

塾講師・家庭教師のどちらが教員採用試験の役に立つかを解説しました。1対多数の指導に慣れるなら塾講師ですが、塾講師の講義と学校の授業では動き方が違うことが多いところには注意が必要です。家庭教師は一対多数の指導はできませんが少人数教育や個別指導をする機会も教育現場では多いため、経験は無駄になりません。
また塾講師も家庭教師も最後は取り組み方が大切です。取り組み方次第では教員採用試験のアピールポイントにもなるでしょう。特に塾講師・家庭教師は実際に児童・生徒と交流できる数少ないアルバイトなので、やはり教員採用試験受験者にはどちらもおすすめです。

10a4fb3c8fb01c031d1c16ac7f100dab_t

家庭教師が指導でもっていくと良い持ち物5選

10a4fb3c8fb01c031d1c16ac7f100dab_t
・家庭教師のアルバイトでご家庭に訪問するときの持ち物は何が必要?
・家庭教師バイトの前に必要なものを用意しておきたい

意外に家庭教師がご家庭に訪問する際にもっていく持ち物について、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。アルバイトをはじめる前にどんなものを用意するべきか事前に知っておきたいですよね。現在、家庭教師をしている方は他の先生がどんな持ち物を用意しているのか気になるかもしれませんね。

そこで本記事では意外に悩む家庭教師が、指導でもっていくと良い持ち物を5つに絞ってご紹介します。最低限、これだけもっていけば訪問先のご家庭でもきっと困りません。

ルーズリーフ

指導する際に口頭だけではなく紙に書いて説明する方が分かりやすいことがあります。特におすすめなのは、ルーズリーフです。ルーズリーフなら指導中に解説した内容をそのまま生徒に渡すことができます。生徒もバインダーを用意しておけば管理しやすいため、基本的にはノートよりもルーズリーフの方が使いやすいのではないでしょうか。ルーズリーフは大学生の家庭教師なら授業・講義でも使えるので、家庭教師指導用の専用ノートをわざわざ用意するよりも荷物もかさばりません。

指導関連の参考書・問題集

. 指導する教科の参考書・問題集も忘れてはいけない持ち物です。家庭教師も人間ですから手元に参考書がある方が、指導中に教える内容を忘れた時にも見返せるのは安心ですよね。また生徒に解いてもらう問題集も指導内容によってはあると良いでしょう。問題集や参考書が荷物としてかさばるならコピー機などを使って、必要なページだけ持参するのも手です。英語・古文などの指導なら英和辞典や古語辞典なども指導の役に立つでしょう。

スマホまたはタブレット

スマホは普段の生活でも持ち歩いている人が大半ではないでしょうか。スマホは指導のためのお役立ちツールとしても大活躍します。例えばネットにつながっていれば検索して必要な情報や資料を生徒にその場で見せることもできます。またスマホは時間をはかるストップウォッチにもなります。必要ならばスマホよりも一回り画面が大きいタブレットを使う手もあるでしょう。アプリを使えばスケジュール管理などにも使えます。また英和辞典や古語辞典などは持ち歩きが大変なので、スマホやタブレットに辞書アプリを入れて代用するという手もあります。

印鑑

印鑑が必要になるケースは意外にあります。例えば指導が終わったら指定の用紙に印鑑を押すなど、家庭教師センターによって決まりがあります。それ以外にもアルバイト先の家庭教師センターに面接に行く、契約をするなど様々な場面で印鑑を使います。もしも印鑑が手元にないなら自分用の印鑑を用意しておきましょう。

筆記用具(ペン・マーカー・定規・コンパスなど)

筆記用具は家庭教師にも必要です。事務手続きで何かを書くこともあれば、指導中に何かを書くのに使うこともあります。ボールペン、消しゴムで消せる鉛筆やシャープペンシル、真っ直ぐ線をひくための定規、数学や算数の指導をしているならコンパスなどを最低限、用意しておくのがおすすめです。また蛍光ペンは赤・青・黄色など3色程度、用意しておくとルーズリーフで生徒に説明する時、解説を書くときに便利です。

【番外編】家庭教師センターから指定された持ち物

家庭教師センターから指定された持ち物も当然、もっていきましょう。例えば印鑑を押してもらうための出欠確認の用紙などは多くの家庭教師センターで渡されます。家庭教師センターによって違いはありますが、指導の最後に保護者の方の印鑑と先生の印鑑を押してもらう形式が多いようです。また家庭教師センターによっては指定の参考書やパンフレット、指導カルテなどを用意していることもあるので特に指導、初日はしっかりもっていく ものを確認しておきましょう。

2fc0b486a56fd60ea3478780e85b6936_t

まとめ

家庭教師が指導の際にもっていくと良いもの5選をご紹介しました。

① ルーズリーフ
② 指導関連の参考書・問題集
③ スマホまたはタブレッ
④ 印鑑
⑤ 筆記用具(ペン・マーカー・定規・コンパスなど)

他には家庭教師センターから指定された持ち物などが、指導の際にもっていくものになるでしょう。大体の持ち物が分かれば、どれ位の大きさの鞄を用意すれば良いのかなども分かりますね。また指導の中で紹介したもの以外にも持っていった方が良いものが見つかるかもしれません。ただ最初はとりあえず紹介した5つと家庭教師センターが指定するものをもっていけば大丈夫でしょう。