月別アーカイブ: 2022年1月

c3c290a4a15c9866b96c2a4da554a570_t

受験に失敗しやすい兆候。生徒が参考書ばかり買っていたら要注意!

c3c290a4a15c9866b96c2a4da554a570_t
受験生を担当している家庭教師は指導時間だけではなく、生徒の普段の勉強や習慣についても気にかけなければいけません。家庭教師が教えられる時間は限られています。むしろ家庭教師のいない時間に生徒がどのような勉強をしているのかが受験の合否を左右します。

家庭教師が生徒にしてあげられることの一つに、失敗しがちな受験生がよくやる行動を事前に止めることが挙げられます。たとえば宿題をしない、生活リズムが崩れている、問題集を解かずに参考書を読んでばかりで勉強している気になる等、受験生が失敗しがちな落とし穴はたくさんあります。そして、意外に見落としがちな受験生る落とし穴の一つが「参考書を買いすぎてしまう」です。

参考書収集家と聞くと勉強熱心な感じがしますが、実は参考書を買いすぎると合格が遠のいてしまう可能性があります。もし、担当している生徒が参考書ばかり買っているようなら気にかけてあげた方が良いかもしれません。

生徒は不安になると参考書をたくさん買ってしまう

生徒は不安になると参考書をたくさん買ってしまうことがあります。自分が現在、進めている勉強に自信が持てず次々に新しい参考書を買っては、しっかりと読みこまずに次の参考書に手を出してしまうのです。しかし、受験生の時間は有限です。限られた時間の中で効率よく受験に必要な知識を身につけて、受験本番でもしっかり使える状態にしておかなければいけません。しかし、たくさん参考書を買ってしまうと多くの受験生は消化不良を起こしてしまいます。読んだ気になって、しっかりと参考書の中身が身についていないという状態になってしまいがちです。つまり、あれこれ手を出して中途半端になって気づけば結局、何も身についていなかったという状態になってしまうのです。

参考書や問題集は1冊〜2冊に絞るのがおすすめ

参考書や問題集は基本的に絞るのがおすすめです。家庭教師として指導をする際にも使用する参考書や問題集は絞るべきです。生徒が消化不良にならないように家庭教師の指導の時間に使う教材も1冊か2冊に絞る方が生徒の負担になりません。長く付き合っていく問題集や参考書を決めたら、ひたすら生徒には決めた問題集と参考書だけを徹底的にマスターするように指導しましょう。参考書も問題集も繰り返して何度も使いこむことで生徒の理解が深まります。漫然と何冊もの消化しきれない教材を使うのではなく、良い教材を何度も繰り返す方が記憶はしっかりと定着します。

家庭教師は参考書に書いてないけど大事なことを生徒に教えよう

参考書や問題集を絞ると、「他の参考書や問題集に書かれている重要な内容やテクニックが身につかなくなるのでは?」と生徒は不安を感じてしまうかもしれません。そして1冊の問題集や参考書が受験に必要な全ての情報を網羅しているわけではありません。あの参考書には書いてあるけど、この参考書には詳しく載っていないということも出てきてしまいます。

そこで、家庭教師の出番です。生徒が使っている参考書や問題集には掲載されていない内容や解き方など不足分を指導時間に教えてあげましょう。そのためには家庭教師は生徒が使う参考書や問題集に目を通すだけでなく他の教材や過去問、受験生時代の経験などが頭に入っていなければいけません。しかし、家庭教師は生徒のように何科目も勉強する必要はありません。英語の先生なら英語の教材だけ、数学の先生ならば数学の教材だけ生徒よりもたくさん目を通しておけば良いだけです。たくさんの科目を勉強しなければいけない生徒が同じ教科の参考書をたくさん買いすぎると消化不良になるのは当たり前です。しかし、家庭教師は専門の科目を深く勉強すれば良いので、受験生の代わりに受験生が必要とする重要なことをまとめて教えてあげるようにしましょう。

illust2884_thumb

まとめ

受験生の中には参考書コレクターになってしまう人がいます。しかし、参考書をたくさん買っても消化不良になってしまいがちです。あれこれ手を出すことで中途半端になってしまい、気づけば何も身についていなかったということになりかねません。

家庭教師が受験生を指導する際には、受験生が参考書コレクターになっていないかどうかを確認した方が良いでしょう。また指導に使う問題集や参考書もできる限り絞るべきです。そして、生徒には繰り返し同じ参考書と問題集を勉強してもらう代わりに家庭教師は、生徒が使う問題集や参考書に書いていない重要事項を指導時間中に教えましょう。

そして、家庭教師は自分の担当科目は自信を持って教えられるように教材研究を生徒の代わりにしっかり行い生徒の負担を軽くしてあげましょう。

5f32df08af3a854d732cd09590040146_t

家庭教師にも役立つ教員採用試験対策の雑誌:『教員養成セミナー』と『教職過程』

5f32df08af3a854d732cd09590040146_t
『教員養成セミナー』と『教職過程』という雑誌をご存知でしょうか。家庭教師のアルバイトを考えている方におすすめの雑誌です。『教員養成セミナー』と『教職過程』はどちらも教員採用試験を目指す学生や社会人向けの雑誌です。家庭教師のアルバイトを考えている学生だと「なぜ教員採用試験対策の雑誌が役に立つのだろう?」と疑問に感じるかもしれません。しかし、教員採用試験対策の雑誌は家庭教師や家庭教師を目指す学生にも役立つ情報が実は満載です。そこで本記事では家庭教師にも役立つ教員採用試験対策の雑誌を活用する方法について ご紹介します。

『教員養成セミナー』と『教職課程』とは?

『教員養成セミナー』は教員採用試験を受験する人のための総合情報誌で時事通信出版局から出版されています。一方、『教職課程』は 教員志望者のための情報・教養誌で共同出版から出版されています。どちらも扱う内容が教員採用試験を目指す人のための時事情報や採用試験対策情報であることに変わりはありません。月刊誌で全国の書店で購入できるため手に入れやすい雑誌です。

役立つ理由1:現在の教育時事がよくまとまっている

『教員養成セミナー』と『教職課程』が家庭教師、家庭教師志望の人に役立つ理由の一つが、現在の教育時事の最先端がよくまとまっていることです。教員採用試験では自治体にもよりますが教育時事がよく出題されます。教育時事では学習指導要領や現在、学校現場で注目されているトピックやテーマが問われます。

『教員養成セミナー』と『教職課程』も最先端の教育時事について、まとまった情報が掲載されており教員採用試験対策にもなりますが、教育時事のまとめとしても使えます。家庭教師も現在の学校を取り巻く環境や文科省が、それぞれの教科に対してどのような方針をとっているのかを知っておくと実際の指導に役立ちます。

特に学校教育変革の過渡期で家庭教師が学生だった頃と、これからの学校では教育の方針なども大きく変わってくるため学生時代の経験だけでは語れなくなる内容が教育現場には今後、多くなります。

役立つ理由2:教員採用試験対策の問題集が良い復習になる

『教員養成セミナー』と『教職課程』には、どちらも教員採用試験対策用の問題集がついています。しかも、国語、数学、理科、社会、英語と主要科目の問題が満遍なく掲載されています。

これらの問題集も家庭教師を目指す学生にとっては良い復習になります。しかも、教員採用試験で出題される問題は高校入試と大学入試レベルの問題が大半です。家庭教師センターに登録する際の採用試験や学力テストでも基礎学力を試す問題が出題されますが、普段から『教員養成セミナー』と『教職課程』に出題されているレベルの問題集が解ければ、家庭教師センターに登録するための試験でも十分、合格点がとれるでしょう。

役立つ理由3:それぞれの科目の指導者に求められる資質がわかる

英語や数学など各科目のトレンドについても教員採用試験の冊子は取り上げています。たとえば英語ならば、英語教師に求められる資質などが分かります。学校の教員に求められる資質と家庭教師に求められる資質には同じ教科・科目を教えるならば共通項があります。英語はスピーキングやリスニングの比重が今後、高まるため先生にもスピーキングやリスニング力がより求められるようになるといった具合に、具体的に指導教科で求められる人材像が見えてきます。

家庭教師で教員採用試験を見据えているなら教採対策の雑誌はおすすめ

家庭教師の中には、教員採用試験の受験を将来的に考えている方も多いのではないでしょうか。そんな方にも教採対策の雑誌はおすすめです。教採対策の具体的な中身や各自治体の採用試験の傾向までわかるため、早いうちに目を通しておけば教採直前で慌てずに済みます。

教員採用試験対策の雑誌には指導法や模擬授業など家庭教師や塾講師にも役立つノウハウが書かれていることも多く、実際の指導現場でも使える情報が詰まっています。

9c37662ea031b2d36c02ab384bb16542_t

まとめ

『教員養成セミナー』と『教職過程』のような教員採用試験の受験生向け雑誌は、教育に関する情報がよくまとまっています。教育時事や各教科の最新のトレンドも掲載されており現役の家庭教師や家庭教師志望の大学生にも役立つ内容が満載です。特に家庭教師をしながら教員採用試験を視野に入れている大学生ならば、目を通して損はない内容となっています。本気で教育に関する仕事をしていきたいと考える強い意志がある人におすすめです。
9604991abfd211e050170174db3ed184_t

オンライン家庭教師アルバイトのメリット・デメリット

9604991abfd211e050170174db3ed184_t
コロナ禍が続き家庭教師・塾・予備校などが相次いでオンライン指導のサービスをはじめました。そして、今ではオンラインによる指導は珍しいものではなくなりました。個別指導塾でも対面指導の個別指導からオンライン指導メインに切りかえたところも出てきています。家庭教師センターもオンラインによる個別指導のサービスをはじめるところが増えており、オンライン個別指導は対面指導と並んで一つのジャンルとしての存在感が既に確立されました。そこで本記事ではオンライン家庭教師のメリットとデメリットを解説します。オンライン指導と対面指導のどちらが、自分の働き方に合っているのか参考にしてみてください。

オンライン家庭教師とは?オンライン個別指導塾とは違うの?

オンライン家庭教師とは文字通り、オンラインを通じて個別指導をする家庭教師のことです。ZoomやSkypeなどのオンラインビデオ会議ツールが一般的になり、指導をする側もされる側もオンラインによるコミュニケーションに抵抗がなくなりました。またひと昔前に比べてネット環境とビデオ会議ツールの性能も向上しました。そのため、オンラインでも対面指導と遜色のない個別指導ができるようになりコロナ禍の影響もあり一般的になりました。

また、教室をもっていた個別指導塾も家庭教師と同じようにオンライン化を進め、オンライン個別指導塾というジャンルも確立されました。オンライン家庭教師とオンライン個別指導塾は、どちらも先生と生徒がオンラインで繋がり双方向的な指導をするという点で実質的には、ほぼ同じ形態です。違いを挙げるとすればオンライン家庭教師は1対1の指導がメインですが、オンライン個別指導塾の場合、先生1対生徒2など教える人数に違いがあります。ただオンライン家庭教師でも先生1対生徒2で教えるケースもあるため、オンライン家庭教師とオンライン個別指導塾の境は曖昧になりました。

アルバイトする側のオンライン家庭教師のメリット

アルバイトをする側の視点からオンライン家庭教師のメリットを挙げます。

・通勤する必要がない
・全国のご家庭を対象に指導できる

大きく分けてこの2点がアルバイトする側からみたオンライン家庭教師のメリットです。オンライン指導ならば対面指導の家庭教師のように、ご家庭に訪問する必要がありません。家庭教師にとって、家庭への訪問はかなり負担になってしまいます。ご家庭ごとに通勤するところも変わりますし、通勤時間分のアルバイト代もいただけないのが一般的です。通勤時間がない分、効率よく稼げるのはオンラインの強みです。またオンラインならば、全国のご家庭を対象にできるため選択肢が広がります。

アルバイトする側の見るオンライン家庭教師のデメリット

アルバイトをする側の視点からオンライン家庭教師のデメリットも挙げます。

・対面指導に比べてコミュニケーションがとりづらい部分もある
オンラインのビデオ会議ツールはかなり使いやすくなりました。しかし、対面導に比べるとオンライン指導でできることには制限があります。例えば生徒が手元で計算している様子を見る際には書画カメラを使うなどの工夫が必要になります。家庭教師センター、個別指導塾側ではオンライン指導しやすいように工夫をしているところもありますが、オンラインだと対面に比べてどうしても制約が出てきてしまいます。オンラインでも対面指導にかなり近い環境を実現できるようにはなりました。しかし、対面に比べてどうしてもコミュニケーションをとりづらいと感じる場面は出てくるかもしれません。

オンライン家庭教師アルバイトに向いている学生の特徴

オンライン家庭教師のアルバイトに向いている学生の特徴は以下の通りです。

・通勤に負担をかけたくない
・全国の生徒を指導の対象にすることで選択肢を広げたい
・オンラインでのコミュニケーションが苦にならない

この3つの特徴に当てはまっていれば、オンラインによる指導を検討しても良いでしょう。一方、通勤がそこまで負担にならない、地域の身近な生徒を指導したい、オンラインより対面指導の方が良いと考えている方は従来通りの家庭教師センターがおすすめです。

gahag-0005581276

まとめ

オンライン家庭教師のメリットとデメリットについて解説しました。オンラインでも今では対面指導に比べて遜色のない指導ができるようになりました。通勤に負担をかけたくない大学生にとって、オンライン家庭教師やオンライン個別指導塾は新しい働き方の選択肢として検討しても良いでしょう。しかし、オンラインでは対面の指導に比べて制限もあります。オンラインと対面指導のメリット・デメリットを天秤にかけてみて、自分がどちらに向いているのかを考えてアルバイト選びをしてみてはいかがでしょうか。