月別アーカイブ: 2022年2月

大学生だけじゃない?高専生にも家庭教師バイトはおすすめ


家庭教師のアルバイトは大学生だけでなく高専生も募集もしています。高専とは高等専門学校は実践的・創造的技術者を養成することを目的とした高等教育機関です。全国に国公私立合わせて57校あり、全体で約6万人の学生が学んでいます。特色としては理系の実践的な内容、たとえば工学やプログラミングなどを5年の一貫教育で学べます。就職にも強いと言われています。 入学時期は高等学校と同じで5年制ですから浪人・留年などを考慮しなければ、高専の4年生は、大学1年生と同じ年齢になります。実は高専生も大学生と同様、家庭教師として需要があります。実は高専生にとって家庭教師はおすすめのアルバイトの一つです。

高専は4年生以降からアルバイトを認めているところが多い

高専は4年生(18歳以降)からアルバイトを認めている学校が一般的です。高専生がアルバイトをすること自体は珍しいことではありません。高専生で近所のコンビニ、居酒屋などでアルバイトをしている人はたくさんいます。大学1年生と同じように高専生も18歳になるとアルバイトをはじめようと考える人が増えます。高専生は理系の学生と同様、忙しいところや勉強が大変なところが多いのですが学生のうちにアルバイトを経験しようと考える学生も多いのです。

高専生は理系に強く家庭教師としての需要がある

家庭教師のアルバイトは一般的に文系科目より理系科目を教えられる人の方が少ないため、理系科目を指導できる学生の方が採用されやすい傾向があります。 特に高専生は理系科目に強いという評判があります。そのため家庭教師センターの間でも高専生は需要があります。特に高校受験の数学や理科といった理系科目の指導、高専受験を希望している生徒の指導で高専生は活躍しています。大学生と比べても高専生が採用で不利ということはありません。特に国立の高専は地域によっては大学と同等かそれ以上に評価されているところもあるようです。

高専生にとって家庭教師のアルバイトは割が良くおすすめ

高専の学生は一般的に、忙しいと言われています。理系の大学生が研究に追われて忙しいのと同様、高専生も普段の授業や実践的な指導を受けているため、それほど暇ではありません。そのため時給が高く拘束時間が短い家庭教師のアルバイトは高専生にとって相性が良いと言えるでしょう。また、高専生の中には人生経験のために接客業と家庭教師の両方のアルバイトを頑張っている方もいます。

高専と家庭教師のアルバイトは両立できる?

高専と家庭教師のアルバイトの両立は一般論としては可能です。しかし、高専生の中にはアルバイトをする余裕がないほど忙しい学科もあります。また、就職活動の時期や高専から大学の編入試験を受ける時期も忙しくアルバイトをする余裕がないこともあります。そのため所属している学科の先輩や先生にアルバイトをする余裕があるかどうかは確認しておくようにしましょう。

家庭教師センターに一括登録してみましょう

高専生が家庭教師のアルバイトをするなら、複数の家庭教師センターに登録するのがおすすめです。複数の家庭教師センターに登録しておけば条件の良い案件から仕事が選びやすくなります。特に忙しい高専生は、通勤するのが大変な遠方のご家庭はなるべく避けて通いやすいご家庭の指導に入るのがおすすめです。また、就職活動や入試のときにスケジュールの融通がつきやすい指導先の方が良いかもしれません。 一つの家庭教師センターだと条件の良い案件を探すのが難しいかもしれませんが、複数の家庭教師センターの案件の中から選べるなら、確率的に条件の合う案件に巡り合える可能性は高くなります。また、事前に高専の学業と両立できそうかどうかは指導に入る前に家庭教師センターとよく相談しておきましょう。

まとめ

高専生にとって家庭教師は条件がよく割の良いアルバイトの一つです。高専4年生(18歳以降)からアルバイトができる学校が一般的なので、家庭教師に挑戦してみても良いのではないでしょうか。高専生は理系科目に強いという評判で、しかも、理系科目を指導できる先生は需要があることから、家庭教師のアルバイトの案件が回ってきやすい傾向にあります。 ただ高専は忙しくアルバイトできる余裕があまりない学校も多いため、家庭教師のバイトをはじめる際には学業との両立ができそうかどうか先輩や先生に相談しておくと良いでしょう。条件の合う案件を探すなら複数の家庭教師センターに登録をしておくことがおすすめです。

家庭教師は生徒にどんな話し方をするべき?

家庭教師のアルバイトを実際にはじめる際に悩むことのひとつが、生徒にどのような言葉づかいで話しかけるかです。塾講師、学校の先生も最初はどのような言葉使いをするべきか考えてしまいます。親しみやすい方が良い のか、厳しい感じが良いのか、一線を引いた感じが良いのかなど毎年、どうしようかと悩む駆け出しの先生がたくさんいます。普遍的に正しい話し方はもちろんありません。 先生と生徒との関係性、指導目的など様々な要因で最適な話し方は変わるからです。しかし、どのような話し方をするべきなのかを判断する方法はあります。もし、生徒にどのような話し方をするべきか迷ったときは本記事を参考にしてみてください。

基本的に家庭教師センターのガイドラインに従う

どのような話し方をするべきか迷った際にまず確認するべきことは、家庭教師センターの指導方針です。たとえば勉強が苦手な子向けの家庭教師センターで、親しみやすい先生の派遣を強みにしている家庭教師センターならば親しみやすい話し方を求められます。 一方で先生と生徒との関係は、しっかり教える側、教わる側でけじめをつけるべきだと考えている家庭教師センターならば丁寧な大人としての話し方を求められるでしょう。家庭教師センターが先生の話し方のガイドラインを明示している場合は、その方針に従うだけなので悩まずに済みます。しかし、明確な方針がない場合はどうすれば良いのでしょうか。

指導方針から生徒への言葉づかいを考える

どのような話し方をするべきか悩む前に考えるべきことが ・何を指導するのか ・どう指導するのか この2つです。話し方は後者のどう指導するかの部分に当たります。どう指導するべきかは、家庭教師センターや保護者の方とあらかじめ話し合っておくべきことです。その上で生徒と実際に対面してコミュニケーションを とりながら丁度良い距離感で話しをしていきましょう。 たとえば、あまりに堅苦しい話し方をして生徒がコミュニケーションを取りづらそうならば親しみのある話し方をした方が良いかもしれません。一方であまりにも馴れ馴れしい感じになってしまい指導に支障をきたすようならば、少し一線を引いた感じの話し方や厳しめの言葉づかいをした方が良いこともあるでしょう。 どのように指導をするのが生徒のためになるのかを考えた上で、ふさわしい言葉づかいを決めることで迷いがなくなります。

社会人としてふさわしい言葉づかいは最低限、心がける

親しみやすい話し方、カジュアルな話し方をする際にも社会人として、ふさわしい言葉使いは心がけましょう。 先生と生徒という関係性で家庭教師の仕事にあたるので、いくら親しみやすくカジュアルな話し方をするとは言っても、完全に生徒と同級生のように話すことは避けた方が無難です。年齢の違い、立場の違いもあるため親しみやすい話し方をするにしても良き先輩のような形が望ましいのではないでしょうか。

親しき仲にも礼儀あり

親しき仲にも礼儀ありという言葉があります。指導を何回か重ね、生徒とのコミュニケーションが弾むようになっても当然、生徒に対する礼儀を忘れてはいけません。当然、失礼なことや傷つけるような発言はしてはいけません。先生も生徒もお互いが指導の時間を有意義に過ごせるようなコミュニケーションを取ろうとする姿勢が、 家庭教師には大切です。

言葉使いだけでなく生徒に対する指導の姿勢が重要

表面的な言葉づかいも大切ですが、さらに大切なのは生徒のために本気で指導をしようとする姿勢を見せることです。生徒は思っている以上に先生のやる気や情熱を見ているものです。表面的な言葉づかいがどうあれ、本気で成績向上を考えてくれている、勉強を分かりやすく教えてくれる、本気で指導前の準備をしてきてくれている といった姿勢や態度が大切です。 本気で指導をしようとする姿勢、態度を生徒が感じとってくれれば、どのような話し方でも生徒はついてきて くれるものです。逆に指導に対する姿勢が本気でないのに親しみやすい言葉づかいをしてみたところで生徒の 気持ちはなかなかついてはきません。

まとめ

家庭教師で生徒にどのような話し方をするべきか悩んだ際には、家庭教師センターの指導方針をまず確認しましょう。その上で特に話し方に規定や決まりがなければ、実際に生徒とコミュニケーションをとりながら指導方針に沿った上でふさわしい言葉づかいを選びましょう。もちろん社会人として最低限のマナーは欠かせません。 また表面的な話し方よりも重要なのが、生徒に対する指導の姿勢です。本気で生徒のためを思って指導をしなければ、生徒の心はついてきません。表面的な言葉づかいも大切ですが本気で指導をしていれば、細かい言葉づかいはさほど問題にはならないのではないでしょうか。

家庭教師は試験対策だけでなく受験対策全般まで生徒と考えてあげよう


家庭教師は特定の試験対策だけでなく、受験対策全般をトータルで支えてあげることが求められています。言いかえると生徒が受験に至るまでの学習や受験校選び、普段の受験生活全般をサポートしてあげる役割が求められます。もちろん学校の先生は受験生の進路指導をしています。しかし、学校の先生はたくさんの生徒を見なければいけません。一方、家庭教師は自分が担当する数人の生徒のことをじっくり考えてサポートしてあげることができます。家庭教師が生徒にしてあげられることは特定の志望校の試験対策だけではありません。家庭教師だからこそ生徒に寄り添って丁寧な受験対策をしてあげましょう。

志望校や受験する学校など目標を決める

まずは目標設定をします。たとえば将来、小学校の先生になりたい生徒ならば小学校の教員免許が取得できる大学をリストアップして無理のない範囲で勉強すれば合格に届きそうな大学・学部を洗い出します。その上で勉強に必要な科目、併願しやすそうな受験校の組み合わせなどを考えてきます。仮の目標でもあるのとないのとでは勉強に対する意気ごみも変わってきます。まだ具体的な志望校を決めるのは早いと感じる場合でも、早めに目標を考える機会をつくることで、後から慌てて志望校を調べて決めるということがなくなります。

目標から逆算して学習の筋道を明確にする

目標設定をしたら逆算して学習の筋道を明確にしましょう。勉強すると言っても漫然とした態度で勉強しても効果はあまり期待できません。学校で習う範囲を全て網羅的に学習するのは現実的ではありません。網羅的に学習しようとしてしまうことで、受験合格がかえって遠ざかってしまうこともあります。 また生徒の志望校に論述問題が多ければ、論述問題の対策が必要になりますし問題の分量が多ければスピーディーに問題を解く力を本番までに養わなければいけません。家庭教師の仕事では、生徒が積極的に勉強できる態度を養うことも大切です。しかし、生徒が限られた時間を有効に使えるように無駄な勉強をさせないことも同様に 大切です。

共通テストが難化。生徒がパニックになっても家庭教師は落ち着いて

2022年1月に実施された大学入学共通テストが全体的に難化したことがウェブやSNSで話題になりました。特に数I AとII Bは過去問の対策だけでは対応が難しい問題ばかりでした。思考力が求められる問題が出題され、 時間が足りなかったという声も多数あがりました。思っていた以上に点数が取れずパニックになった生徒や志望校の変更を余儀なくされた人もいるようです。 このように受験の節目節目で想定外のことが起きてしまうことがあります。そんなときこそ、家庭教師は落ち着いて次にするべきことを考えなければいけません。特に生徒が想定外のことで冷静な判断ができないようであれば、志望校や併願先の変更などを家庭教師から提案できるように動くことも大切です。

特定の試験対策だけでなく受験対策全般をトータルでサポートする

特定の学校の試験対策だけではなく受験対策全般を包括してサポートしてあげられると、良い家庭教師になれます。目標を定めても途中でアクシデントや想定外のことが起きたり、志望校の変更を考えたりと試験以外にも やるべきことが受験にはたくさんあります。浪人生でない限り、受験生にとって受験ははじめてのことばかり で勉強以外にも考えなければいけないことや判断しなければいけないことがたくさんあります。 数学の公式や英単語、日本史や世界史などで覚えたことを忘れないようにしながら、人生を左右するはじめての ことに対処し続けるのは生徒にとって本当に大変なことです。

家庭教師センターとも積極的に相談しよう

試験対策だけでなく受験対策全般を包括的にサポートするとなると、家庭教師個人の経験則だけでは対応できないこともあります。そんなときに頼りにしたいのが家庭教師センターです。家庭教師センターには過去に多くの 生徒を指導してきたノウハウや経験があるはずです。個人では判断が難しい、どう指導すれば良いのか悩むということなら家庭教師センターと連携することで一人では考えつかなかった解決の糸口などが見つかるかもしれません。 試験対策だけでなく生徒の人生を左右しかねない受験対策全般をサポートするのは、決して簡単な仕事ではありません。家庭教師ひとりで判断が難しい場合は素直に周囲の人たちの助けを借りることも大切です。

まとめ

家庭教師は単に試験対策をするだけでなく、受験対策全般を包括的にサポートすることが求められます。具体的には、生徒の目標設定、志望校や併願先選び、学習の道筋を考えてあげる、アクシデントや想定外のことが起こったときに相談相手になってあげたり、アドバイスをしてあげたりするなどです。受験生は浪人生でない限り経験のないことを次々に勉強しながら判断をしなければいけません。ときには経験豊富な家庭教師センターの力も 借りて生徒の支えになってあげましょう。