月別アーカイブ: 2022年7月

家庭教師もスキルをネットで売れる時代?スキル販売サービスについて解説


家庭教師センターの業務委託として、ご家庭に派遣するのが一般的な家庭教師アルバイトです。しかし、オンラインで自分のサービスを販売できるプラットフォームやマッチングアプリの登場で、家庭教師の働き方も多様化しています。最近、注目されているのがTVCMでもお馴染みの「ココナラ」です。ココナラは自分のスキルをオンライン上で販売できるサービス。ココナラ以外にも「タイムチケット」など自分のスキルや時間を販売できるサービスは増えています。本記事では、今、流行りのスキル販売サービスで家庭教師をするメリット・デメリットについて解説します。

スキルを販売できるサービスとは?

スキルを販売できるサービスでは、ココナラやタイムチケットのようなオンラインで仕事を依頼したい人と仕事をしたい人をマッチングするサービスの一つです。似たサービスにクラウドソーシングがありますが、クラウドソーシングは仕事を依頼したい人が依頼内容を掲示し、仕事をしたい人が応募するのが基本です。

一方、スキル販売サービスでは、仕事をしたい人が販売するサービスを掲示し、仕事を頼みたい人が依頼しにくるケースが基本です。つまりスキル販売サービスでは家庭教「中学生の理科の家庭教師をします!60分2000円」、「東京大学の現役学生が東大受験対策をします!60分4000円」など、自分の販売したいサービスを掲示して待っていれば仕事が入ってくる仕組みがつくれます。

現在TVCMを積極的にしているココナラでは、オンラインで家庭教師をするサービスを販売しているアカウントが多数あります。スキル販売サービスでオンライン家庭教師の仕事に興味がある方は、一度、覗いてみるのも面白いかもしれません。

スキル販売サービスで家庭教師をするメリット

スキル販売サービスで家庭教師をするメリットは「集客」をしやすいことです。個人でオンライン家庭教師のサービスをたちあげても、なかなか必要としている人に見つけてもらえません。しかし、スキル販売サービスに出品すれば多くの人に自分の出品サービスを見てもらえます。そのため、家庭教師のサービスを出品しておけば依頼してくれる人が見つかるかもしれません。

スキル販売サービスで家庭教師をするデメリット

スキル販売サービスで家庭教師をする際のデメリットも解説します。まず、スキル販売サービスには手数料がかかります。例えば10,000円で出品したサービスが売れた場合、売上の約2割〜3割がスキル販売サービスの手数料として引かれてしまいます。

また、スキル販売サービスで家庭教師をしたい人が増えすぎると、出品したサービスが目立たなくなり、依頼があまり来ないという状況にもなります。

そしてスキル販売サービスを通してのやり取りは基本的に自己責任です。そのため、依頼主とトラブルになってしまうと、自分でトラブルを解決しなければいけない可能性があります。もちろん、研修などもありません。
個人でオンライン家庭教師のサービスを出品できますがデメリットも見逃せません。

家庭教師センターの方が収入は安定する

スキル販売サービスで家庭教師のサービスを出品する人は増えました。しかし、従来型の家庭教師センターは残り続けるでしょう。スキル販売サービスで出品しても、家庭教師のサービスを出品する人が増えすぎると結局、仕事の依頼はなかなかきません。

しかし、家庭教師センターに登録して決まったご家庭の指導に入ることになれば収入は安定します。また、家庭教師センターの状況によっては、十分なコマ数を確保してもらえることもあるでしょう。スキル販売サービスで家庭教師のサービスを売るのは意外に大変です。しかし、家庭教師センターなら家庭教師にあった案件を紹介してくれます。そして、依頼主のご家庭とトラブルになっても家庭教師センターが間に入ってくれるため指導にも集中しやすいはずです。家庭教師の仕事に不安を感じる人には研修もあります。

スキル販売サービスもうまく使えば新しい収入源を確保できます。しかし、従来型の家庭教師センターの良さもあるため、仕事を探している人はスキル販売サービスと家庭教師センターへの登録を同時に行って様子を見てみるのが良さそうです。

まとめ

スキル販売サービスで家庭教師のサービスを販売する人が増えています。スキル販売のサービスに家庭教師のサービスを出品しておけば、仕事につながる可能性があります。ただ、スキル販売サービスの参加者が増えすぎると依頼がなかなかきません。また、スキル販売サービスで依頼主とトラブルになっても自己責任で、研修などもありません。メリットとデメリットをよく考えてスキル販売サービスは活用した方が良いでしょう。従来型の家庭教師センターと並行して余裕があったら、スキル販売サービスにも出品してみるのが良さそうです。

家庭教師バイトは他のバイトとかけもちできる?注意点は?


家庭教師バイトをしている方で、他のアルバイトとかけもちを検討している方もいるのではないでしょうか。しかし、「家庭教師バイトと他のバイトは両立できるの?」、「税金はどうすればいいの?」、「バイトかけもちのメリットとデメリットを知りたい」など疑問や悩みも出てくるかもしれませんね。そこで、本記事では意外に気になる家庭教師と他のアルバイトとのかけもちで注意するべきことを解説します。アルバイトのかけもちに関する知識を事前に知っておけば、不安や心配なく、かけもちができます。

家庭教師バイトは他のバイトとかけもちOK

家庭教師バイトは他のアルバイトとかけもち可能です。家庭教師のアルバイトは登録制であることが多く、登録しても依頼が来なかったり、十分なコマ数を確保できなかったりすることもあります。そのため家庭教師バイトと他のアルバイトをかけもちしている方は珍しくありません。

例えば、

・飲食店
・小売店
・塾や予備校
・企業の有給インターンシップ
・短期、日雇いバイト

など、様々な組み合わせでバイトをしている方がたくさんいます。また、家庭教師センターを複数かけもちしている方もいます。就業規則などで禁止されているなど、よほど特別なことでもない限り、家庭教師バイトはかけもちして問題ありません。

家庭教師バイトと他のバイトをかけもちするメリット

家庭教師バイトと他のバイトをかけもちするメリットは以下の通りです。

・収入を増やせる
・様々な業種を体験することで社会勉強になる
・収入を分散できるため、片方の仕事が無くなっても収入が途切れない

などです。

家庭教師は大学生のアルバイトの中では時給が高いことで知られています。しかし、コマ数を確保しづらい、1日に入れるコマ数が少ないなどの条件が重なると、長時間たくさん働けるアルバイトではありません。

他のアルバイトとかけもちすることで収入が増え、様々な経験ができるようになります。また、家庭教師バイトの更新がなくなっても、かけもちバイトがあれば収入も途切れません。

家庭教師バイトと他のバイトをかけもちするデメリット

家庭教師バイトと他のバイトをかけもちする場合、デメリットもあります。

・時間がなくなってしまう
・スケジュールがバッティングしやすくなる

アルバイトをかけもちすると、当然、自由な時間がなくなります。家庭教師バイトに必要な教材研究や授業の準備にあてられる時間も少なくなるでしょう。また、他のアルバイトのシフトと家庭教師バイトのシフトが重なってしまい困ることも出てくるかもしれません。

アルバイトだけでなく大学などの学業にも真剣に取り組むとなると、本当に自由な時間がなくなってしまうでしょう。特に忙しい医学部や理系の学部は大変です。また、資格試験や公務員試験、就活がはじまるとアルバイトの両立が難しくなることもあります。

家庭教師バイトのかけもちは確定申告に注意

アルバイトのかけもちで注意しなければいけないのが確定申告です。確定申告とは所得税を計算して、納めるべき税金を国に申告する手続きのこと。1年間の所得をもとに納めるべき税金を計算します。

実は家庭教師センターの業務委託として契約し賃金を受け取る場合は、かけもちするしないに関わらず源泉徴収をされないため確定申告が必要になるケースがほとんどです。家庭教師バイトのみでも確定申告が必要になるケースはあります。そのため、実際に契約する家庭教師センターに確定申告に関しては事前に確認を取っておくことをおすすめします。

また、源泉徴収されて雇われる形の場合なら家庭教師も確定申告は必要ありませんが、収入が複数から入ってくる場合は原則、確定申告が必要です。

ただし、例外的に収入の合計が年103万円以下の場合は、確定申告をする必要はありません。そのため年収が100万円を超えそうなら確定申告をするかどうかを確認しておくべきです。

確定申告は置かれている立場や収入の形態、年収によって必要かそうでないかは変わってきますが、一般的に年収103万円をこえてかけもちしているケースでは、複数の所得を確定申告でしなければいけません。

まとめ

家庭教師バイトのかけもちについて解説しました。家庭教師バイトと他のアルバイトとのかけもちは一般的です。
特に家庭教師は時給が高いものの、思うようにコマ数を確保できない、まとまった時間働けないことがあります。しかし、アルバイトかけもちで収入を増やせますし、社会経験にもなります。ただ、かけもちすることで忙しくなったり、確定申告が煩雑になることがあるため、その点には注意しておきましょう。

大学受験の浪人生でも家庭教師のバイトはできる?


大学受験合格を目指す浪人生で、家庭教師のバイトに興味がある方もいるのではないでしょうか。浪人生でも、毎日、受験勉強をしているわけではない方や時間が余っている方、塾・予備校の費用を自分で稼がなければいけない方なら家庭教師バイトを希望するかもしれません。

もちろん「浪人生なら大学受験合格を第一に考え、バイトなんてしている暇がないのでは?」、「大学受験に合格もしていない浪人生が家庭教師に採用されるの?」と疑問を持つ方もいるでしょう。そこで、本記事では浪人生で家庭教師バイトに興味がある方が抱く疑問を解決します。

大学受験の浪人生でも家庭教師バイトに採用されることはある

家庭教師センターの募集要項を確認してみると大学生・大学院生・高専生・看護学生・短大・社会人・主婦・主夫・フリーターなどと書かれています。浪人生という項目はありません。しかし、浪人生と言っても大学に在籍しながら別の大学を受験しようとしている仮面浪人と呼ばれるタイプの浪人生なら、大学生に該当します。また、社会人で大学受験をしようとしている方も浪人生に含まれるかもしれません。

では、高校を卒業したばかりの既卒生はどうでしょうか。フリーターの枠で応募できそうです。

大学受験の浪人生が家庭教師をするなら小中学生が中心

仮面浪人、社会人と異なり大学に通学したことがない浪人生だと、大学受験を目指す高校生の家庭教師を担当するのは難しいでしょう。大学に通ってもいない浪人生に大学受験対策の指導を依頼するのは一般的ではありません。しかし、高校受験や中学受験の対策で小中学生の指導でなら採用される可能性はあります。

例えば名門高校出身で難関大や医学部受験のために浪人している人で、高校受験や中学受験をくぐり抜けてきた人なら指導できる方もいるのではないでしょうか。小中学生向けの家庭教師センターを中心に応募すれば、面接までいける可能性はあります。

浪人生でもしっかりした指導ができる根拠を示そう

仮面浪人や社会人などの一部の浪人生を除くと、一般のご家庭や家庭教師センターから「浪人生で本当に指導できるの?」と思われることもあるでしょう。小学生・中学生むけの家庭教師であっても浪人生ということでネガティブな印象を与えてしまうかもしれません。そのため、浪人生でも家庭教師としての指導ができる根拠を示す必要はあります。

例えば

・浪人生なのにアルバイトする余裕はあるの?
・学力的には大丈夫なの?
・自分の受験と両立はできるの?

など、想定される質問には答えられるようにしておきましょう。

浪人生でも指導できる根拠をしっかりと示すことができれば、家庭教師のアルバイトに採用される可能性はあります。

浪人生はアルバイトに逃げないようにしよう

浪人生が家庭教師のアルバイトをする際の注意点として、「アルバイトに逃げない」ことは大切です。特に自身の大学受験対策を疎かにしてしまっては、何のために浪人しているのか分かりません。また、アルバイトをしていることに悪い意味で逃げてしまい自分自身の大学受験に向き合わないのも問題です。

浪人生が家庭教師のアルバイトをすること自体は問題ありません。浪人生であっても指導する余裕がある人はいるでしょう。しかし、無理に浪人生の状態で家庭教師バイトをすることで目先のアルバイト代は稼げても、ご自身の大学受験に失敗してしまっては浪人の意味がありません。

ただ、浪人生が家庭教師アルバイトをすることで、気分転換になったり学費を稼げたり、人に教えることが自身の受験勉強の役に立ったりすることもあるでしょう。

浪人生で家庭教師アルバイトをするなら、アルバイトを通して得られることと失ってしまうかもしれないものを天秤にかけてみて本当に問題なく指導できるかどうかは、よく考えておくべきです。家庭教師のアルバイトは、大学受験に合格してからはじめることもできます。仮面浪人生や社会人の方でも、もちろん既卒生と同様に受験を控えている状態でアルバイトをするべきかどうかは、しっかりと考えておきましょう。

まとめ

浪人生でも家庭教師のアルバイトをすることはできます。浪人生と言っても、大学生・大学院生・高専生・看護学生・短大・社会人・主婦・主夫・フリーターの中で様々な立場の方がいます。すでに大学に通っている、卒業したけど浪人生というケースなら問題なく家庭教師バイトに応募できるでしょう。

高校を卒業したばかりの既卒生の場合でも、小中学生の家庭教師ならフリーター枠で応募できるかもしれません。
ただしアルバイトをすることで得られるもの、失うものをしっかり天秤にかけて、本当に家庭教師バイトをするべきかどうかは考えてみることをおすすめします。

家庭教師の指導報告書って何を書けばいいの?書き方のコツも紹介


家庭教師の仕事は指導だけではありません。指導した内容を、保護者や家庭教師センターに共有する「指導報告書」の作成をするのが一般的です。指導報告書を全く書かせず全て家庭教師に一任するような家庭教師センターは、ほとんどありません。「指導報告書に何を書くのか?」「どう書くのか?」は、それぞれの家庭教師センターの方針によって異なります。しかし、指導報告書でよく書く内容や書き方の一般的なコツがあります。

また、ご家庭や家庭教師センターは実際に指導している現場を見ているわけではないので、「指導報告書」を見て家庭教師の働きや頑張りを評価することもあります。指導時間にどれだけ指導できるかも大事ですが「指導報告書」で手を抜いてしまうと、せっかくの指導の頑張りが家庭教師センターや保護者に伝わりません。そこで本記事では、家庭教師の指導報告書に書くことや、書き方のコツなどについて解説します。

指導した日時と内容

指導した日時と内容は、各家庭教師センターの指導報告書でよく書く項目です。学習がどのように進んでいるのか、何を学習しているのかを記録しておきます。

例えば、

7月1日(火曜日:18:00〜20:00)
「指導内容:文法問題の演習5P〜10P、:英文法問題集で英語の形容詞、副詞、関係代名詞の文法問題を解く」

など、簡潔に「いつ、何をやったのか?」を指導が終わった後に、簡単に記入するのが一般的です。記録しておかないと何を指導したのかを忘れてしまったり、本当に記録した日に指導したのかを証明する証拠を用意できなかったりします。

生徒の学習の様子

「端的に何を指導したのか?」だけでは、生徒が指導中にどのような様子だったのかをイメージできません。
そこで、生徒の学習の様子を書く欄が指導報告書に設けられていることがあります。

例えば、

「苦手意識のあった英文法の問題でしたが、基本的な形容詞の意味が定着し適切な形容詞を選べるようになりました。また、形容詞と副詞の違いについても理解し、副詞は名詞以外の形容詞や動詞にかかることも理解できている様子でした。一方、関係代名詞の文法問題があまり解けなかったので次回は重点的に関係代名詞の使い方の復習と問題演習をしたいと思います。●●さんは、文法問題には苦手意識があったものの、真面目に取り組んでいる様子です。」

など、ポジティブなところ、ネガティブなところ(次の課題になりそうなところ)、生徒の学習態度などを文章の中に簡単にもりこんでおくと良いでしょう。

生徒・保護者へのメッセージ

家庭教師センターの中には、生徒・保護者に指導報告書を通してメッセージを書くこともあります。例えば、

●●さんへ、1学期の期末テストお疲れ様でした。中間テストに比べて英語の文法問題の正解率が上がってきましたね。苦手な文法問題をよく頑張りました!次は読解問題でも点を取っていけるように頑張りましょう。

お母様へ、今回は期末テストの対策で確実に点が取れる英文法の問題を重点的に学習しました。宿題も多めに出しましたが、しっかり提出してくれて頑張っている様子を感じます。

など、生徒には励ましの言葉を、保護者には生徒の頑張りが分かるような書き方をしましょう。

生徒に記入してもらう記入欄があることも

家庭教師ではなく、生徒が記入する欄が設けられていることもあります。家庭教師の目線だけで書いてしまうと、独りよがりな指導報告書になってしまうからです。家庭教師は生徒を評価する側であると同時に、評価される側であることも忘れてはいけません。熱心な指導態度が伝われば、生徒から先生に感謝のメッセージを書いてもらえることもあり、励みになることもあります。

指導報告書は前向な内容を書くようにしよう

指導報告書では、前向きな内容を書くようにしましょう。仮にネガティブなフィードバックをしなければいけないときも、よかった点もあわせて書きましょう。指導報告書が厳しいネガティブなフィードバックばかりでは、指導報告書自体が書きたくない、読みたくないものになってしまいます。指導報告書は生徒の指導の記録、成長の記録です。後から見返して、この生徒を指導して良かったと思えるような指導報告書を作成したいものですね。

まとめ

家庭教師の指導報告書に、よく書く内容や書き方のコツを紹介しました。指導した日時と内容、生徒の学習の様子、生徒・保護者へのメッセージ、生徒に記入してもらう記入欄など指導報告書に書かなければいけない内容はたくさんあります。指導報告書を書くのはときに面倒かもしれませんが、家庭教師センターや保護者が生徒の様子を知るために必要なものです。指導している内容や様子がしっかりと分かる報告書を作りましょう。