月別アーカイブ: 2022年8月

心理的リアクタンスとは?生徒自身に選択させる指導


家庭教師、塾講師、学校の先生、スポーツクラブのコーチなど指導する立場になってから、よくやりがちなのが理由も言わずに一方的に「とにかくやってみろ!」と言ってしまうことです。もちろん素直に聞いてくれる生徒もいますが、中には

・今からやろうと思っていたのに…
・何となく人から言われるとやる気が削がれる

このように感じてしまう生徒もいます。一方で教える側も

・どうしてちゃんと聞いてくれないの?
・やる気ないの?

と思ってしまうかもしれません。このように教える側と教わる側のすれ違いを感じている人に理解してほしいのが「心理的リアクタンス」です。

心理的リアクタンスとは?

人は基本的に多かれ少なかれ「自分の行動は自分で決めたい」と考えています。例えば学生の頃、「早く夏休みの宿題に取りかかりなさい」と保護者や先生に言われたことはないでしょうか。

このように言われてしまうと

「せっかく、自分から夏休みの宿題をしようと思ったのに何だかやる気が亡くなってしまった…」

と感じてしまいます。このように自分で進んでやろうとしていたのに、自分の行動を他人に決められてしまい、「選択の自由を奪われた」と感じ反発する態度をとってしまうのが「心理的リアクタンス」です。

何かに自分の行動の自由を脅かされたり、実際に自由を奪われたと感じてしまったりと、その自由を回復しようとするのです。

生徒自身が意思決定することが大切

「とにかくやってみろ!」、と指導をしてしまうと生徒の「心理的リアクタンス」が働いてしまい、

・今からやろうと思っていたのに…
・何となく人から言われるとやる気が削がれる

このように感じてしまう可能性があります。
教える側からすれば「とりあえず素直に自分のいう通りにやってくれれば楽なのに…」と感じてしまうかもしれません。
しかし、生徒の意思決定を無視して「とにかくやってもらおう」という指導では、なかなか伸びない生徒もいます。

そこで大切なのは教える側と教わる側が、しっかりと対話をすることです。課題を一緒に考えて浮き彫りにして生徒自身が、その課題を乗り越えようとする姿勢を育てましょう。

心理的リアクタンスを回避するには?

心理的リアクタンスを回避しながら指導するには、どうすれば良いのでしょうか。
例えば指導をする際に選択肢を与えてあげるのは有効です。

例えば英単語力を伸ばしたい場合に、ただ「毎日、英単語帳の単語をそれぞれ10回書いてきてください」というのではなく

・月末に英単語のテストをするから70点以上取れるように勉強しておいてね
・英単語帳の単語をそれぞれ10回書いてきてください

など2〜3の選択肢を生徒に与えて、生徒に選んでもらうと心理的リアクタンスが生じづらくなるでしょう。
他にも

・英単語のテストを週に何回する?
・英単語を覚えるのに、何かやってみたい教材はある?

など、生徒自身が自分で決めたという実感が持てるように話を進めることも有効です。

心理的リアクタンスには個人差がある

心理的リアクタンスは誰しも少なからず持っています。しかし、注意したいのは、個人差があるということです。
なんでも自分で決めて自分で行動したいという生徒もいれば、素直に言われたことをやる方が良いという生徒もいます。家庭教師をする際に大切なのは、目の前にいる生徒の性格や特性に向き合うことです。

心理的リアクタンスを意識しすぎて、具体的な指導がなかなか始まらない、進まないとなってしまったら本末転倒です。家庭教師の強みは生徒それぞれにオーダメイドで個性にあった指導ができることです。

そのため実際に指導をする際には、心理的リアクタンスを意識しながらも「選択肢を与えるとき」、「あえて、選択肢を与えずに課題を課す」、この2つをうまく使い分けていくことが重要になってきます。

家庭教師の指導の面白いところは、生徒それぞれに性格や個性があり、過去の経験則や指導がそのまま通用しないことがあるところです。心理的リアクタンスを意識しつつ、目の前にいる生徒の性格や反応にしっかり向き合えるかどうかが、家庭教師として指導がうまくできるかどうかの鍵になるでしょう。

まとめ

心理的リアクタンスとは、「自分の行動の自由を脅かされたり、実際に自由を奪われたと感じてしまったりと、その自由を回復しようとする性質」のことです。一方的な指導ばかりでは生徒はなかなかついてきてくれません。

しかし、心理的リアクタンスには個人差があり、うまく生徒の自主性や選択肢を重んじるときと、あえて強制的に課題を与えるときをうまく使い分けることが大切です。

デジタル社会の弊害?デジタルの頼りすぎがよくない理由


現金を使う機会がキャッシュレス化によって減りました。お釣りを数えたり、現金をいくら渡すか考えたりしなくてよくなり便利な時代です。また、スマホの普及で簡単にWeb上の必要な情報にアクセスできる時代になりました。お友達との連絡もSNSやLINEでいつでもどこでも気軽にできます。

しかし、そんな便利なデジタル化した社会が学力向上の観点から見ると、むしろマイナスに働いている面があります。そんなデジタル化した時代だからこそ、家庭教師の指導にも工夫が必要な時代なのかもしれません。
本記事ではデジタル社会で伸ばしづらくなった学力と、家庭教師ができることについて解説します。

不便だからこそ算数を使う機会が増える

まず、キャッシュレスに慣れすぎると算数を使う機会が日常的に減ってしまいます。例えばSuicaのようなICカードにお金をチャージして現金を使う機会がないと、お釣りを数えたり、いくら渡すとレジの人が困らないかを考えたりすることが必然的に減ってしまいます。

小学校の算数の文章題や例題で、レジでの現金のやりとりのシーンが出てくることがあります。しかし、キャッシュレスにあまりに慣れすぎていると、実感がなかなか湧きづらくなります。具体的にお金を数える機会、渡す機会などのアナログな体験を積む機会が減っていることを、指導する側は改めて認識しておく必要があるでしょう。

Webの文章に慣れても読解力を伸ばしづらい

Webの文章はスマートフォンでも隙間時間に読めるように、一文を短めに、平易な表現で書くことが推奨されています。そのため、Webの文章に慣れすぎると本を読む力が育たないということがあります。中学受験、高校受験、大学受験ではWebの文章のような平易で分かりやすい文章が出題されることは、ほとんどありません。Webの文章に慣れすぎることで、紙媒体の本を読む力が育たなくなります。

SNSやLINEの使い過ぎで学力が下がる

SNSやLINEなどのコミュニケーションツールは便利な反面、夢中になりすぎると時間が無駄に過ぎていきます。SNSやLINEに夢中になりすぎることで、学習する時間が確保できず学力低下につながるという話も、珍しい話ではありません。スマホなどの使用時間を制限するなど、自制心が育っていない子どもには配慮が必要なこともあるでしょう。

家庭教師の指導でアナログな環境を再現しよう

デジタルな環境によってオンラインで学べる講座が充実するなど、教育環境上、ポジティブなこともありました。
その反面、アナログな社会生活の中で培われる能力が伸びづらくなってしまう弊害も生まれました。そんな中、家庭教師の指導はどうあるべきでしょうか。

「デジタルな教育ツールやソフトなどを活用しつつ、アナログの良さも指導に生かす」
これが答えではないでしょうか。特にアナログの良さを指導で生かす工夫は必要です。

例えば小学生の算数の指導では、実体のあるモノや模擬のお金など使ってみるなど教具にこだわってみるのも、指導に効果がありそうです。「国語の指導ならば紙の本を読む機会を増やす」、「Webでは触れないようなタイプの文章を読む機会を積極的につくる」、「答えを探すのではなく書かれていることをもとに答えを考えてみる」などの工夫も必要でしょう。

また、家庭教師の努力だけでは難しいかもしれませんが、普段からアナログな情報に触れる環境も意図的につくることが長い目で見ると学力向上につながります。

デジタルなツールは頭の負担を軽くしてくれます。反面、子どものうちから適度な負担になれておかないと伸びない能力や学力もあることを忘れてはいけません。

手指の感覚を育む

特に小学生を指導する家庭教師の方が覚えておくと良いのが、手指の感覚を育むことの重要性です。例えばモンテッソーリ教育では、積み木や糸通し、ビーズなど実際のものに触れながら数を数えたり、器用さを養ったりします。デジタルな教材では視覚のみしか刺激されず、子どものもつ力を部分的にしか伸ばせないなどの弊害もあります。

デジタルの最先端企業の一つ、Googleの創業者がモンテッソーリ教育を受けたという話は有名です。デジタルな時代だからこそ、アナログで培われる教育をしっかり着目することが必要です。

まとめ

デジタル社会への移行で便利になった反面、失われてしまった教育機会や経験があります。家庭教師として指導をする際には、デジタルの良さだけでなくアナログの教材や環境の良さにも着目して積極的に利用していきましょう。また、デジタル機器への依存を子どもが過度にしないように気を配ってあげることも大切です。

夏休みは家庭教師バイトを始めるチャンス?


大学生で前期の期末テストが終わり夏休みに入ったという方も多いのではないでしょうか。

実は夏は家庭教師や塾講師のアルバイトを始めやすい時期です。夏休みに入ったのを期に何かアルバイトに挑戦してみたいという方には家庭教師、塾講師は採用されるチャンスかもしれません。特に夏休みで大学の講義がなければアルバイトのシフトも入れやすいでしょう。もし、夏休みに入って新しいアルバイトを始めてみたいという方は家庭教師を検討してみるのも良いかもしれません。

夏休みは家庭教師と塾で勉強する子供が増える

大学生だけではなく小学生、中学生、高校生にも夏休みはあります。夏休みに入ると児童・生徒が学校に行かない分、塾や家庭教師の指導を希望するご家庭が増えます。

・1学期の成績が振るわなかったから対策しておきたい
・子供を一人にしておくぐらいなら塾や家庭教師で勉強させておきたい
・受験が控えているから夏に学力を伸ばしておきたい

など理由は様々です。

アルバイトを希望する学生も、勉強しなければいけない児童・生徒の双方が夏休みの時期は余裕があります。
そのため夏は家庭教師アルバイトを始めたい大学生にとっても、家庭教師に指導を依頼したいご家庭にとっても都合が良い季節なのです。

夏期講習で先生の人手不足も多い

家庭教師センターや塾では、夏に夏期講習を開催するところも珍しくありません。夏期講習の授業を運営するためには人手が必要になります。また、夏期講習専門の先生を募集している塾や家庭教師センターもあります。
人手不足による求人、夏期講習を手伝ってくれる先生の求人などが夏は季節柄、出やすいため、アルバイトを探している学生にとって夏は採用の門戸が広がる時期といえるでしょう。また、夏休みだけ集中して稼ぎたいという大学生は夏期講習のバイトに絞って探してみるのも手です。

既存の家庭教師や塾講師が夏に不在になることも多い

夏は既存の家庭教師や塾講師がプライベートな事情で辞めてしまったり、シフトから抜けてしまったりすることが多い季節でもあります。

例えば大学3年生なら夏休みから就職活動の準備に入ったり、公務員試験対策の予備校に通い出したりすることでアルバイト自体を辞めてしまうこともあります。また、バイトを辞めるとはいかないまでも夏休みにスポーツの大会に出たり、実家に帰ったりすることもあります。家庭教師センターや塾は抜けた先生の穴埋めをしなければいけません。

夏は先生の入れ替わりの時期でもあるため、これから家庭教師や塾講師を始めたいという人がアルバイトを始めやすい時期です。

家庭教師なら遊びも仕事も両立しやすい

せっかくの夏休みにアルバイトを入れてしまうと、旅行に行ったり実家に帰ったり、遊びに行ったりしづらくなるのではと不安になる学生もいるかもしれません。たしかに塾講師だと拘束時間が長いところもあります。しかし、家庭教師のアルバイトは1日に2時間程度で終わることが多いのが特徴です。短時間・高時給です。仕事とプライベートを両立しやすい点も家庭教師アルバイトの魅力といえるでしょう。

大学1年生、2年生、卒業間近の学生は夏休みがチャンス

大学3年生で就活や公務員試験を控えている場合は、夏に家庭教師を始める余裕はないかもしれません。しかし、時間的に余裕がある大学1年生や2年生、就活などが終わった大学4年生にとって夏は新しいアルバイトを始めるチャンスです。

また、家庭教師のアルバイトのメリットは金銭的なことばかりではありません。家庭教師のアルバイトを通して勉強の勘を取り戻したり、就活でアピールできる経験をしたりと金銭的なメリット以外にも得られるものがきっとあるはずです。

もし、家庭教師のアルバイトに興味があるならキャンパスライフに登録すれば複数の家庭教師センターに一括登録が可能です。登録をして、家庭教師センターから依頼が来るのを待ってみるのも良いでしょう。

まとめ

夏休みは家庭教師のアルバイトを始めやすい時期です。夏期講習もありますし、既存の先生が辞めて抜けた穴を補充しなければいけないなどの理由で人手不足になりやすいためです。だからこそ、これからアルバイトを始めたいという方にとって夏はチャンスの時期です。

家庭教師のアルバイトは拘束時間が短く時給も高めなので、プライベートと仕事を両立したいという学生にもおすすめです。また金銭的なメリットだけでなく、仕事を通して勉強の勘をとり戻せます。また、就活でアピールできる経験もできたりします。

家庭教師アルバイトに興味がある方はキャンパスライフで複数の家庭教師センターに一括登録してみてはいかがでしょうか。