catchimage

家庭教師センターの面接で聞かれるポイント6選

7e87ada2a5fbe224cda1745fac797b8a_t
家庭教師センターに登録する際に面接を突破しなければいけません。でも面接では何が聞かれるのだろうと不安に感じている方も多いのではないでしょうか。事前に面接で聞かれそうなことを整理しておけば、いざ面接というときも慌てずにすみます。そこで本記事では家庭教師センターの面接でよく聞かれるポイントを5つご紹介します。面接前に慌てないためにもよく聞かれるポイントは整理しておきましょう。

ポイント1:指導経験

よく聞かれるのは指導経験です。家庭教師や塾講師などの指導経験があるかどうかを聞かれることが多いため、指導経験について整理しておきましょう。ただし

「算数を指導したことがあります」
「国語を指導したことがあります」

というだけでは準備としては不十分です。指導の際に気をつけていたこと、大変だったことなど指導経験を深堀りして聞かれることがあります。

「算数の指導でどんな工夫をしましたか?」
「算数の指導で一番、大変だったことはなんですか?」

といった指導経験から派生して聞かれそうな内容を事前に面接担当者になった気持ちで考えてみましょう。

ポイント2:スケジュール(どれだけ仕事ができそうか)

スケジュールもよく聞かれます。例えばいくら優秀な学生であっても大学のゼミや実験が忙しくて仕事ができる時間が限られていることもあるからです。他にアルバイトをかけもちしているかどうかも、よく尋ねられます。時間帯や曜日などシフトに入れる時間を家庭教師センターは確認したいのです。余裕をもって対応できることをアピールすると仕事の依頼がくる可能性も高くなります。

ポイント3:働ける期間

働ける期間もよく聞かれます。例えば受験生を担当するなら受験が終わるまでの学年末まで一貫した指導をした方が望ましいため、学年末まで働けるかどうかなど聞かれます。家庭教師の仕事は飲食店や小売業とは異なり、生徒と一緒に関係性を築き、確かな学力を育てるための十分な期間が必要になります。単発のセミナーや講座を担当するのとは違い長い期間コミットできるかどうかが重要視されます。

ポイント4:指導できる科目の理解(学力)

担当できる科目の理解度(学力)も問われます。家庭教師センターの中には事前に学力テストをするところもあります。面接を受ける前に事前に軽い復習程度はしておいても良いかもしれません。ただし多くの場合、基礎学力があるかどうかを確認する程度の試験ですので過度に心配しすぎる必要はないでしょう。

ただ、家庭教師センターの中には筆記試験が難しいところもあります。例えば医学部受験専門のところや名門大学受験の対策に力を入れている家庭教師センターです。ただし受験対策に力を入れている家庭教師センターの場合、筆記試験対策を特にしなくても問題ない程度の学力がないと、実際に指導する際に大変かもしれません。

ポイント5:経歴

面接では経歴も聞かれます。履歴書を提出するだけでなく口頭で確認されるため、履歴書の内容を何もみずに言えるようにしておくと良いでしょう。また履歴書をもとにさらに深堀りしたことを聞かれることもあるので準備しておきましょう。また経歴でアピールできるところがあれば面接でも積極的に言うのがおすすめです。

例えば医学部生ならば最低6年学生をするので、長期間働ける、理数系科目を教えられるなどのアピールポイントがあります。教育学部生ならば教員免許を取る予定、将来の仕事も教育に携わることをしようとしていることなどをアピールすると良いでしょう。

中には「偏差値が高い大学の学生じゃないから…」と引目に感じたり他の学生と比べたりする人もいるかもしれません。しかし、周りと比べる必要はありません。家庭教師の仕事は偏差値がただ高ければできるというものではないからです。むしろ学力以外の基本的な挨拶ができること、マナー、子どものことを本気で考えてあげられる気持ちなど別の部分も見られて総合的に判断して選ばれます。

ポイント6:志望動機

なぜ、数ある仕事の中から家庭教師を志望したのかも言えるようにしておきましょう。志望動機を述べる際に大切なのは家庭教師センターやご家庭の目線に立って考えることです。

例えば「時給が高いから」という理由だけで家庭教師を志望した先生に教えてもらいたいと思うかを考えてみてください。「時給が高い」という理由で選ぶのは良いのですが、それだけが理由の先生から教えてもらいと思う人はなかなかいませんよね。お金以外の目的、やりがいを感じられる志望動機の方が心証は良くなります。

illust2866_thumb

まとめ

家庭教師センターの面接でよく聞かれるポイントについてご紹介しました。指導経験、スケジュール、働ける期間、指導できる科目の理解、経歴、志望動機の6つはよく聞かれます。面接の前に聞かれそうな内容を予め考えておくのがおすすめです。特に面接に慣れていないと、なかなか口頭でうまく質問に応えられません。しっかりと下準備をして面接に臨みましょう。

高時給・安心家庭教師センターへ

今すぐ登録する 友達に紹介する

他のコラム

publicdomainq-0041557ntx

関連記事

家庭教師もマッチングアプリで探す時代?メリット・デメリットを紹介!

illustrain06-ne01

関連記事

家庭教師のアルバイトでよくある悩み5選

adtDSC_5107-750x499

関連記事

大学入学共通テストが英語の民間試験と記述式導入断念。家庭教師も押さえておきたい教育時事

hikikomori_toukoukyohi

関連記事

不登校児にどう対応する?チームプレイで家庭・学校・家庭教師センターと連携が不可欠

cdd99497ef0269cb49ecf9cfae8ecceb_t

関連記事

家庭教師のアルバイトのつらいところ。対策はある?