catchimage

国語の家庭教師の需要は?国語専門塾まで含めればバイトのチャンスはある!

publicdomainq-0004935aalcma
家庭教師のアルバイトで需要がある科目は数学(算数)と英語です。数学と英語が教えられると家庭教師のアルバイトの声はかかりやすくなります。では、数学と英語を教える自信がなければ家庭教師はできないのでしょうか。実は数学・英語ほどではありませんが国語は需要がある科目の一つです。国語は受験科目としても文系・理系問わずたくさんの受験生が避けられない科目の一つです。大学受験でも私立理系専願の受験生以外は国語を受験することになります。また、国語で培われる文章力は全ての科目の基礎になります。国語で家庭教師をはじめとした教える仕事をしたい人が活躍できるアルバイトをご紹介します。

国語の先生として働くなら家庭教師か国語専門塾

国語の先生として働くなら家庭教師か国語専門塾がおすすめです。家庭教師は数学・英語の仕事が中心ですが、意外に探してみると国語の募集もあります。家庭教師ならば国語だけでなく数学・英語もセットで教えることができれば国語1科目だけよりも仕事の依頼は増えるでしょう。国語1教科だけで登録をする場合は依頼がくる可能性は低くはなりますが、登録するだけなら特に損することもないので国語1教科しか教えられない場合も家庭教師センター登録をおすすめします。

国語以外の科目は教えたくないという方なら国語専門塾という選択肢もあります。国語専門塾は文字通り国語の指導にのみ特化した塾です。一般的な総合塾よりも数は少ないのですが国語のみを教えている塾があるので国語専門で教えたいという人にはおすすめです。また、国語専門塾はオンラインの個別指導のサービスをはじめているケースも多いため、実質オンラインの国語専科家庭教師と同じような働き方ができる可能性もあります。

国語は重要な科目。英語・数学の次に需要もある科目

国語は全ての学力の土台になる科目です。国語力は「考える力」「感じる力」「表す力」「想像する力」など生きていくために必要な力そのものです。そして全ての科目で求められる思考力・判断力・表現力も国語力が土台になります。国語力の土台がないまま、他の科目で丸暗記ばかりの勉強や目先の定期テストばかりしていても本当に必要な学力は身につきません。

しかし、国語力の基礎ができていれば他の科目の文章題にも対応できるようになります。そして、中学、高校、大学、社会人になっても国語力は考える力の土台になります。英語・数学に比べると家庭教師の仕事の需要は小さいものの国語を教えて欲しいという生徒のニーズは決して小さくはありません。

国語の指導は家庭教師・塾によってかなり内容が変わる

国語を教えることを仕事にする場合、注意したいのが国語指導は家庭教師や塾によって指導方針がかなり変わるという点です。例えば読解力を伸ばすための読解法は家庭教師センターや塾によって、読解に対する考え方が異なり、特に国語専門塾の場合は専門塾独自の読解法を先生が習得しなければいけないこともあります。家庭教師センターの中には先生に実質、指導法を丸投げするところもありますが、その場合は先生自身が生徒に教えられる読解法をしっかりと確立しなければいけません。読解以外の作文などでも同じことが言えます。国語の指導は所属する家庭教師センターや塾の方針で実際にやることがかなり変わってくることは、事前に頭に入れておいた方が「こんなはずじゃなかった」という事態は避けられるでしょう。

古文・漢文は必須?

古文と漢文はしっかり勉強すれば現代文より得点源になる分野です。そのため、国語を指導する場合は古文・漢文の指導もできた方が良いのは言うまでもありません。しかし、国語を指導したい人の中には古文・漢文に苦手意識がある人もいるかもしれません。

その場合は、小中学校向けの家庭教師・塾ならば古文・漢文は高校ほど深く勉強することはないため最低限、高校受験に対応できるレベルまで勉強しておけば十分です。ただし、大学受験の指導をする場合は古文・漢文もしっかりと教えられた方が仕事の幅は広がるため、どの学年に何を教えるのかは明確に意識しておきましょう。

小論文まで指導できれば需要は大きい

受験科目に小論文を課す大学・学科は少なくありません。たとえば推薦入試・AO入試でも小論文は課されますし一部の大学では一般入試でも国語の代わりに小論文が出題されています。私立大学の一般入試の定員は削減され推薦入試・AO入試の比率は年々、増えており小論文対策をしなければいけない受験生は増えています。小論文はマークシートのように決められた答えがなく受験生にとって独学が難しい科目の一つです。受験科目で小論文の経験をしたことがある先生ならば、受験生にも実践的なアドバイスと添削ができるのではないでしょうか。

14f3068e2a5563d1e09d7f889d43f3f5

まとめ

国語は数学・英語に次いで家庭教師の仕事で需要のある科目の一つです。数学と英語ほどではありませんが、 家庭教師の需要はあるので、国語を教えたい方は家庭教師センターの求人を丹念に探してみてください。また、 意外に穴場なのが国語専門塾です。国語専門塾なら国語だけに専念できますし、オンラインコースなら実質、 オンラインの国語家庭教師と同じような働き方ができます。国語は十分、需要がある科目なので諦めなければ 仕事はあるはずです。

高時給・安心家庭教師センターへ

今すぐ登録する 友達に紹介する

他のコラム

関連記事

家庭教師バイトで書いてはいけない3つの志望動機

関連記事

算数の家庭教師におすすめ?ローラーデジタルティーチングスタンプ

関連記事

家庭教師がZoom指導する前にする3つのチェックポイント

関連記事

家庭教師もLINEで指導する時代?LINE指導のメリットと注意点

関連記事

家庭教師はたくさんの参考書に目を通すべき?