catchimage

家庭教師アルバイトの筆記試験対策はどうすればいい?


家庭教師センターに本登録する際に面接だけではなく、簡単な筆記試験が課されることがあります。

基本的に振るい落とすための試験ではありません。そのため過度に心配する必要はないのですが事前に対策はしておきたいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、過去問などが基本的に出回っていないため、どのような対策をしておけば良いか悩んでしまうかもしれませんね。そこで、本記事では筆記試験対策で事前にやっておくと良いことを紹介します。

高校受験の問題集・就職試験の対策本などがおすすめ

過去のセンター試験や大学入学共通テストなどを最近まで解いてきた大学生ならば、対策はそれほど必要ないかもしれません。ただ、それでも対策をするとしたら何をすれば良いでしょうか。

家庭教師センターの筆記試験の対策でおすすめなのは、高校受験の問題集や民間企業の就職試験対策本などです。

実際に問題を解いてみて分からなかったところを復習すると効率が良いでしょう。参考書などを用意して一から勉強し直すは効率が良くありません。実際に問題を解きながら復習するのがおすすめです。基本的な国語・数学・理科・社会・英語の5科目の問題を、中高生の頃を思い出しながら解いてみてください。就職試験向けの一般常識の問題集を1冊〜2冊解いておくのもおすすめです。

文系大学生はどの科目を勉強すると良い?

文系の学生の場合は特に英語・国語・社会(日本史・世界史・地理・政経全般)を中心に勉強しておくと良いでしょう。四字熟語や文法問題などは知っていれば解ける問題ですが、忘れてしまうと解けません。知識問題は取りこぼしがないようにしっかり復習しておきましょう。また現代文などの読解問題も何度か本番前に練習で解いておくことをおすすめします。英語に関しては大学受験レベルに対応できていれば対策はそこまで必要はないかもしれません。小学生の指導も希望する場合は簡単な数学・理科も一通り勉強しておくと良い復習になります。

理系大学生はどの科目を勉強すると良い?

理系の学生は数学・理科・英語を重点的で勉強しておくと良いでしょう。ただ大学受験で数学・理科・英語を学習してきた学生ならば少し、勘を取り戻せば家庭教師センターなどで出題される筆記試験はそこまで苦にはならないでしょう。家庭教師センターの筆記試験で苦しむようであれば、生徒の指導自体が難しいかもしれません。
ただ現役の受験生の頃に受験科目として勉強していたなら、そこまで心配の必要はありません。

中学・高校・大学受験に特化した家庭教師センターの対策

中学受験、高校受験、大学受験に特化した家庭教師センターや塾の筆記試験の中には、本当に指導できるのかどうかを確認するための筆記試験が出題されることもあります。例えば中学受験特化の家庭教師センター・塾なら中学受験の過去問、高校受験特化の家庭教師センターなら高校受験の過去問といった具合に、担当する学校種の過去問を解けるようにしておくと有利かもしれません。

在籍している大学の偏差値より筆記試験の対策をしよう

家庭教師バイトを希望する学生の中には、在籍している大学の偏差値を過度に気にしてしまう人も少なくありません。しかし、一部の家庭教師センターを除いて大学の偏差値だけが採用を左右することはないと考えて良いでしょう。在籍している大学を心配するよりも、目の前の筆記試験で最低限の点数が取れるように対策をする方が有意義です。

家庭教師センターでアルバイトをしている先輩などがいれば、過去にどのような問題が出たのかを聞いてみるのも良いかもしれません。また面接前に家庭教師センターの方から筆記試験があると伝えられたら、思い切ってどのような問題が出るのかを聞いてみると傾向と対策のヒントがわかるかもしれません。

まとめ

家庭教師センターに登録する際の筆記試験対策について解説しました。家庭教師センターで課される筆記試験の大部分は落とすための試験ではありません。あくまでも最低限の学力があるかどうかの確認のための試験だと考えて良いでしょう。高校受験や就職試験の問題集や、指導する予定の学校種の過去問などを事前に解いておくと良い筆記試験対策になります。

心配しすぎる必要はありませんが、久々に筆記試験をするとなると本調子が出せないかもしれません。練習のつもりで軽く問題を解いておくと本番で慌てずに本調子が出しやすくなるのでおすすめです。

高時給・安心家庭教師センターへ

今すぐ登録する 友達に紹介する

他のコラム

関連記事

家庭教師バイトに必要な学歴やボーダラインは存在するの?

関連記事

家庭教師がプライドの高い生徒と接するコツ

関連記事

家庭教師アルバイトを始めるなら夏休みがおすすめな理由

関連記事

家庭教師も知っておきたい指導に役立つアクティブリコールとは?

関連記事

家庭教師初心者でも大丈夫!自信を持って指導するコツ