catchimage

家庭教師バイトの採用辞退を伝える際のポイント3選


家庭教師のアルバイト探しで複数の家庭教師センターに応募したり、登録したりするとオファーが想像以上に届くこともあります。しかし、大学やサークルとの両立で全てのオファーに応えられないこともあるのではないでしょうか。時には採用を辞退しなければいけないことも出てきます。

「気まずいから、そのまま連絡を取りたくない」と考える方もいるかもしれません。しかし、家庭教師センター側は採用後にご家庭に先生を派遣する段取りを組んだり、契約をしていたりするでしょう。何も連絡しないでいると後から家庭教師センターにもご家庭にも迷惑がかかってしまいます。そのため、気まずくても採用辞退の連絡はしなければいけません。本記事では家庭教師バイトが採用辞退を伝える際に注意するべきポイントを解説します。

1:速やかに連絡する

辞退を決めたら、すぐに辞退する旨を家庭教師センターに伝えましょう。できるだけ早く連絡することが大切です。採用担当者のスケジュール調整や他の応募者との調整など、多くの人々のスケジュールがかかわっているため、早めに伝えることで迷惑をかけることが少なくなります。

もし連絡が遅れてしまうと家庭教師センター側で派遣する予定の先生を変更したり、探したりしなければいけなくなります。「せっかく採用してくれたのに気まずい」と思ってしまう気持ちもあるかもしれません。しかし、速やかに辞退する連絡をする方が家庭教師センター側に迷惑がかかりません。

遅れてしまうと「どうして、もっと早く言ってくれなかったんだ!」「もう契約して話は進んでいるから採用辞退はしないでほしい」と言われてしまうかもしれません。このような事態を防ぐためにも連絡は早めにすることを心がけてください。

2:簡潔に伝える

採用辞退の連絡は電話または電子メールで速やかに行います。急ぎの場合は電話で連絡しても良いでしょう。
面接などで事前に採用を辞退する際にどうするか取り決めがあった場合は、その取り決めに従います。

辞退する際の理由は詳細に説明する必要はありません。辞退することだけを簡潔に伝えれば基本的に問題はありません。

もし、理由を聞かれたら簡潔に「採用のご連絡をいただいたのに恐縮ですが、お話いただいた時間帯だと大学生活との両立が難しいため今回は辞退させていただきます」「他のアルバイト先が決まってしまいました」などと答えておきましょう。採用辞退をする際には、前もって辞退する理由を一言で答えられるように準備しておくと良いでしょう。

3:誠意を持って伝える

採用辞退をする際に、一番、大事なことは誠意をもって伝えることです。家庭教師センター側も新しい家庭教師を採用したり、ご家庭に紹介したりするのに大変な労力がかかっています。そのため辞退するときも丁寧な対応を心がけてください。もし、他の家庭教師センターに採用が決まっても将来的にまたお世話になることもあるかもしれません。せっかく採用の連絡をくれた家庭教師センターなのですから、丁寧に誠意をもった対応をすることでトラブルを回避できますし、場合によっては未来の仕事にもつながります。

雇用契約を書面で結んだ後も辞退できるのか?

契約書にサインをして雇用契約を結んだ場合も辞退することはできます。契約締結日以降の辞退は退職と同じ扱いとなります。法律では退職の14日後には契約を解除できることになっています。申し出が指導開始予定の1週間前だとしても、1週間だけ働いてほしいと頼まれることはほとんどありません。初回だけA先生で2回目の指導からB先生になるというのは、家庭教師派遣の世界では一般的ではないからです。

必要なことは社会人として必ず連絡する

採用辞退の連絡をするのは、心苦しいことです。しかし、連絡しづらいからと言ってずっと連絡しないでいると家庭教師センターにもご家庭にも多大な迷惑がかかってしまいます。採用辞退の理由を詳細に話す必要はないので、辞退する旨だけは速やかに連絡するようにしてください。

まとめ

家庭教師バイトの採用辞退のポイントは以下の3つです。

1:速やかに連絡する
2:簡潔に伝える
3:誠意を持って伝える

採用辞退の連絡をするのは気が進まないかもしれません。しかし、早めに連絡しないと家庭教師センターにも、ご家庭にも迷惑がかかってしまいます。速やかに簡潔に誠意をもって辞退すれば大きなトラブルにはなりません。
採用辞退の連絡の際には本記事で挙げた3つを心がけてください。

高時給・安心家庭教師センターへ

今すぐ登録する 友達に紹介する

他のコラム

関連記事

家庭教師のプレッシャーと向き合い、前向きに働くコツ

関連記事

家庭教師のアルバイトで生徒と気まずくならない方法

関連記事

家庭教師と保護者のコミュニケーションの重要性

関連記事

家庭教師の教材作成。おすすめのツールは?

関連記事

家庭教師センターに登録しながら個人契約はNG?やめた方が良い理由