catchimage

家庭教師成功のカギは「やる気」と「情熱」


「案ずるより産むが易し」という諺の、何かをする前は不安や心配はあるが、案外実際にやってみたらそれほどでもなかったというように、家庭教師バイトもデメリットばかりを気にして不安が大きくても、「やる気」と「情熱」があれば案外うまくいくものなんです!

「やる気」と「情熱」とは

みなさん、もう気づきましたね。大事なキーワードがでてきました! 「やる気」と「情熱」です。なんだか暑苦しい、

松岡修三かっ! 


とツッコミ入れられそうですが、松岡修造さんが大好きなこの「やる気」と「情熱」ってどこからどうやって来るのかご存知ですか?どこかに売ってるわけでもなく、誰かに頂くわけでもなく、そうです、自分の内側から湧いて出てくる力(エネルギー)を表すものです。松岡修造さんをみていてもわかるように、彼はエネルギーの塊のような人ですよね。(これが熱すぎるといわれるゆえんですね)
これらはもって生まれたものではなく、自分で自分に働きかけてこそ、このエネルギーは生産されます。ここでは詳しいことは割愛しますが、「やる気」と「情熱」が自分の内的要因ということが分かったかと思います。

家庭教師バイトとの関係

そんな「やる気」と「情熱」がなぜ、家庭教師バイトの成功のカギとなるのか。具体的にみていきましょう。

キャンパスライフでは、全国の参画頂いている家庭教師センターさんに対して調査をしたところ、約9割のセンターで「情熱」と「やる気」がある学生さんが家庭教師に向いていて、実際によい家庭教師と認められているという結果になりました。実は家庭教師バイトにおいてこの2つのキーワードがもっとも大切なんです。

家庭教師は勉強を教えるのだから、偏差値の高い人でないと難しいとおもわれますが、家庭教師バイトは自分の得意科目だけを担当することが可能です。中学生相手なら5教科教えることが必須とか、高校生では理系、文系でわけられたりしますが、そういった条件面は個人契約でも面接時や求人を探すうえで自分の条件に合う求人先に的を絞ればいいのです。ですから高偏差値の学生さんはたしかにチャンスは多いですが、そうでなくてもまったく問題はありません。逆に偏差値が高くてもやる気がいまいちなかったり、「勉強さえおしえておけばいいんでしょ」的な考えの学生さんはおそらく必要とされません。 「生徒さんの成績を絶対に上げるんだ」という情熱をもって家庭教師をしてくれる学生さんが、親御さんの求める家庭教師なんです。

「やる気」と「情熱」は内側から沸き起こる力ですから、自分のモチベーションを高め、それにより勉強の対策も緻密にたてられていきます。なにより、生徒さんが「この先生は自分のためにこんなにも一生懸命やってくれている」という熱意を感じ取り、その熱意は生徒、ご両親に伝染して一体感もうまれます。

つまり、「やる気」と「情熱」は人間関係における働きかけであり、それが信頼関係へと発展してゆきます。まさしく家庭教師バイトを成功させる対策の源ですね。

松岡修造さんの名言にこんなのがありました。
『勝ち負けなんかちっぽけなこと。大事なことは、本気だったかどうか!』 家庭教師バイトも「やる気」と「情熱」のある本気の学生さんを求めています。

「やる気」と「情熱」なら誰にも負けないと思う学生さんは、高偏差値じゃない、家庭教師未経験というデメリットを必ず克服していく素晴らしい力の持ち主ですから、ぜひ家庭教師バイトにチャレンジしてみてくださいね。

高時給・安心家庭教師センターへ

今すぐ登録する 友達に紹介する

他のコラム

illust2866_thumb

関連記事

おすすめの岡山県家庭教師センター5選!

b62b7d87-379029

関連記事

厳選!広島県家庭教師センター5選

5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_t

関連記事

奈良県のおすすめ家庭教師センター5選

9cffadac60b921d846be2fad06c35db0_t

関連記事

滋賀県のおすすめ家庭教師センター5選

0ca48c0ac2b87896ee2dc5aa7d7b4cc3_t

関連記事

厳選5つ!おすすめの静岡県の家庭教師センター