catchimage

英語の家庭教師必見!直接法のメリットとおすすめ参考書

book-168824_1920-400x270-MM-100
語学の指導法には大きく分けて「間接法」と「直接法」という2つの指導法があります。一般的な義務教育では英語は「間接法」で教えられています。間接法は日本語で英語を教える指導法です。一方、直接法は英語で英語を教える指導法です。ネイティブの英語教員を外部から招いて日本語を使わずに英語で積極的にコミュニケーションをとる指導自体は特に珍しくはありません。しかし、どちらかといえばネイティブの英語教員の指導は英語全体の指導時間の中では限られています。やはり英語教師が日本語で英語の文法や考え方を教える指導の方が主流ではないでしょうか。ただ英語で英語を教える直接法の強みが近年、求められる英語力を伸ばす際に有利に働くようになりました。そこで本記事では直接法と間接法の特徴、直接法で英語を指導する際のおすすめの参考書をご紹介します。

直接法で教えるメリット・デメリット

英語で英語を教えるのが直接法です。メリットは英語で直接、コミュニケーションをとる力が身につくことです。近年、TOEICのように設問から英語で書かれている、リスニングの配点が高くなっているなど英語を日本語に変換する能力よりも、英語で英語を理解できる能力を求められることが増えています。直接法の指導は普段の会話・指導から英語で教えるため必然的に英語を使う機会が増えて、英語脳で英語を考える時間が増えます。

語学学校の中には日本語を全面、禁止して指導する言語のみでコミュニケーションをとることを徹底する学校もあるほど直接法は語学力が身につく方法として支持されています。しかし、デメリットもあります。英語が全くわからない人だと英語で説明しても理解できません。また英語で質問をするのも相応の英語力が必要になります。

そのため直接法で英語を指導する際には段階を踏んで少しずつ生徒が英語で聞く力、話す力を育てていかなければいけません。

間接法で教えるメリット・デメリット

間接法は日本語で英語を教える指導法です。メリットは日本語で指導するため英語では説明が難しい、理解しづらい知識や考え方を教えやすいことです。また、英語を日本語に訳す、日本語を英語に訳すといった二つの言語をまたがる問題を教える際にも間接法は適しています。受験英語で英文の和訳の問題が主流だった時代は間接法はメリットの大きい指導法でした。しかし、近年は英語で英語の問題を解くことも増えています。デメリットは日本語に頼り過ぎてしまう点です。日本語に頼り過ぎてしまうことでスピーキングやリスニングの力が伸びづらくなってしまうことがあります。

書籍1:『English Grammar in Use』

直接法を家庭教師が取り入れる際のおすすめの書籍を紹介します。家庭教師自身が英語力を高める際にも役に立ちます。また生徒に英語を指導する際のヒントにもなるはずです。

『English Grammar in Use』はイギリスの世界的な名門ケンブリッジ大学の出版部が昔から販売している英語で英語の文法を学べる書籍です。最新版はスマートフォンのアプリと連携もできるため文法だけではなくネイティブの英語の発音やリスニングまで学べる仕様となりました。『English Grammar in Use』にはイギリス英語版、アメリカ英語版があり、さらに初級・中級に分かれています。

家庭教師が自分で勉強するならイギリス英語の中級編が丁度良い難易度でおすすめです。家庭教師が指導の中で取り入れるならイギリス版、またはアメリカ版の初級が使いやすいでしょう。

書籍2:『Oxford Picture Dictionary』

『Oxford Picture Dictionary』はイラストと英単語が紐づけられた参考書です。実際に読むと分かりますが、様々な日常生活のシーンがイラストで再現されており視覚的、直感的に英語を勉強するのに適した教材です。意外に受験英語では抽象的な単語を覚えることが多い反面、日常の身のまわりにある具体的なモノや言い回しを勉強しづらいという特性があります。日常生活の中で実際に出てくる形で英語問題が作られることも多いため、ビジュアルで具体的なシーンと共に英語を学べるため、この教材もおすすめです。

書籍3:『ロングマン現代英英辞典』

『ロングマン現代英英辞典』は英語で英単語を調べられる辞書です。英和辞典では分かりづらいネイティブの捉え方が理解できます。また英語で英語の説明を読むことで自然に英文読解力も身につけられる教材です。英語を専門にする家庭教師なら英英辞典を1冊用意しておくのと、ご自身の英語力向上につながります。また生徒に指導する際の英語に対する教養の厚みも増します。

5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_t

まとめ

直接法と間接法のメリット・デメリットと直接法関連のおすすめの参考書をご紹介しました。近年、受験英語でも英語で英語をテキパキと理解するタイプの問題が増えてきたことから、普段から英語で英語を考える力がますます重要になっています。家庭教師自身も英語で英語を勉強することで指導力が高まるでしょう。また、指導する際に直接法による指導も間接法と合わせて取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

高時給・安心家庭教師センターへ

今すぐ登録する 友達に紹介する

他のコラム

66c70c75463228eed84bb43cf88e7c7f_t

関連記事

家庭教師アルバイトをはじめる際に確認するべき3つのこと

66c70c75463228eed84bb43cf88e7c7f_t

関連記事

家庭教師は割に合わないと感じる3つの理由。対処法も紹介!

book-168824_1920-400x270-MM-100

関連記事

英語の家庭教師必見!直接法のメリットとおすすめ参考書

215383dbb89d43a023d6053dad745a74_t

関連記事

推薦入試・AO入試経験者の学生にも家庭教師はおすすめ

c3fc45daff24fd08e2145078fdca70a5_t

関連記事

家庭教師も知っておきたいホメオスタシスとコーチングの話