catchimage

家庭教師のアルバイトで生徒と気まずくならない方法


家庭教師のアルバイトは、個室で年の離れた生徒と2人きりの時間を過ごすことになります。そのため話がなかなか盛り上がらずに、気まずい雰囲気になってしまうこともあります。例えば指導中に生徒のウケを狙って反応がなかったり、説明が伝わらず生徒が困惑していたりすると気まずいものです。一方、厳しすぎる指導をしても場が張り詰めてしまいます。そこで、家庭教師アルバイトで生徒と気まずくならないための方法について解説します。

生徒の性格を理解し、適切な距離感を保つ

まずは生徒一人ひとりの性格を理解し、適切な距離感を保つことが大切です。生徒の性格を無視して一方的な接し方をすれば、生徒が萎縮してしまったり反発してしまったりするでしょう。気まずい空気が流れてしまうかもしれません。家庭教師アルバイトをしていると、複数の生徒を担当することがあります。ある生徒への接し方はうまく行っても同じ接し方が別の生徒に合っているとは限らないものです。

沈黙を恐れない

家庭教師のアルバイトでは、指導中に沈黙が生じることがあります。しかし、その沈黙を恐れる必要はありません。むしろ、沈黙を上手に活用することが大切です。学校の先生、家庭教師、塾講師に共通して言えることですが沈黙を恐れて話し過ぎてしまう傾向があるのではないでしょうか。場を持たせようと、何か話さないといけない、何か生徒に話してもらわないといけないと思ってしまうのです。しかし、指導の目的は場を盛り上げることではありません。生徒の学力向上や学習習慣の定着のはずです。沈黙の時間を気まずい時間と捉え過ぎないことも大切です。

話すとき、話さないときのメリハリが大切

家庭教師のアルバイトで生徒と話が盛り上がらなくても気にする必要はありません。むしろ、静かな時間にはメリットすらあります。

1.生徒に考える時間を与える

家庭教師が一方的に説明を続けるのではなく、適度に沈黙の時間を設けることで、生徒に考える機会を与えられます。生徒一人ひとりの理解度は異なるため、沈黙の中で内容を咀嚼し、質問を準備する時間が必要なのです。

2. 生徒の反応を見守る

沈黙の間に、生徒の表情や仕草を見守ることができます。理解できている様子なのか、疑問を抱えているのかを確認し、その後の指導に生かせます。沈黙は生徒の気持ちを推し量る貴重な時間となります。

3.リラックスした雰囲気づくり

一方的な説明を続けるよりも、静かな時間をはさむことで、リラックスした雰囲気が生まれます。生徒も家庭教師も、ひと呼吸おける時間が得られます。落ち着いた環境は学力を伸ばすのに適しています。沈黙を恐れるあまり、無理に会話を続けてしまうと、かえって不自然になってしまいます。

指導時間中、ずっと生徒との会話が盛り上がっている必要はありません。静かな時間、生徒と話す時間のメリハリをつけていきましょう。

自信を持って指導する

そもそも、気まずく感じてしまう理由として家庭教師として自信を持って指導できていないという可能性も考えられます。自信がないからこそ「場を持たせなければ」と考えてしまうところもあるのではないでしょうか。
自信を持って指導することで以下のメリットがあります。

1. 生徒への信頼感が増す

家庭教師が自信を持って教えていれば、生徒も「この先生なら分かりやすく教えてくれるだろう」と安心して授業を受けられます。自信のなさそうな指導だと、生徒が不安になり、気まずい空気が流れてしまいがちです。

2. 説明がわかりやすくなる

自信を持っていれば、言葉に迷いがなくなり、論理的で明確な説明ができます。自信のない指導だと、言葉に遠慮がちな部分が出てきて、生徒に伝わりにくくなります。生徒の前ではプロとして自信を感じさせる振る舞いをすることも大切です。

3. 信頼関係が築きやすい

自信がなさそうで、生徒の顔色ばかりをうかがっている先生がやってきたら、生徒はどのような気持ちになるでしょうか。「本当にこの先生で大丈夫?」と不安を感じることでしょう。

自信を持った立ち振る舞いを生徒の前でしていくことも、気まずさを感じない、感じさせない指導では大切なのではないでしょうか。

雑談やアイスブレイクは必要に応じてする

指導の合間に雑談やアイスブレイクをすることは、場を和ませるという意味では有効です。しかし、無理にする必要もありません。あくまでも雑談やアイスブレイクは指導を円滑にするための一つの手立てに過ぎません。
雑談やアイスブレイクが必要ならば、やってみれば良いでしょう。逆に必要なく、かえって気まずくなるようならば、指導を淡々と進めるのも有効です。

まとめ

家庭教師のアルバイトで生徒と気まずくならない方法について解説しました。

・生徒に応じた距離感を保つ
・沈黙を恐れない
・話すときのメリハリが大切
・自信を持って指導する
・雑談やアイスブレイクは必要に応じてする

最初のうちは、生徒と2人きりの部屋で指導すると緊張したり、気まずさを感じたりするかもしれません。
しかし、気まずさを気にしすぎることが裏目に出てしまいがちです。本記事で挙げたポイントを意識して、気まずさを克服していきましょう。

高時給・安心家庭教師センターへ

今すぐ登録する 友達に紹介する

他のコラム

関連記事

家庭教師のプレッシャーと向き合い、前向きに働くコツ

関連記事

家庭教師のアルバイトで生徒と気まずくならない方法

関連記事

家庭教師と保護者のコミュニケーションの重要性

関連記事

家庭教師の教材作成。おすすめのツールは?

関連記事

家庭教師センターに登録しながら個人契約はNG?やめた方が良い理由