catchimage

家庭教師と塾・予備校のチューターの違いは?自分に向いている職種を選ぼう


家庭教師と塾・予備校のチューターのアルバイトで迷っているという学生も少なくないようです。また、家庭教師と塾・予備校のチューターの仕事内容の違い、それぞれのメリット・デメリットなどが気になるという学生もいるかもしれません。家庭教師もチューターも生徒の学力向上、希望する進路の手助けをするという点では変わりません。しかし、それぞれの仕事には微妙に違いがあります。よく違いがわからずに選んでしまうと後悔することになりかねません。そこで、家庭教師と塾・予備校のチューターの違いを解説します。

家庭教師の仕事

家庭教師の仕事は多岐にわたります。仕事の中心は個別指導です。ただし、個別指導と言っても生徒の目標や現状に合わせて個別具体的な指導計画から考えて、指導を進めていかなければいけません。家庭教師センターによっては教材選びから任されることもあるでしょう。

生徒に聞かれたことだけを答えるだけではなく、どのような内容を順番に指導し定着させていくかまで考えるところにやりがいがあります。担当する生徒と向き合って、その場限りの指導ではなく評価もしながら日々の指導をより良くしていく必要があります。担当する生徒に対する責任はとても重い反面、自分がベストだと思える指導を行える自由度も魅力かもしれません。

通勤に関しては家庭教師の場合、塾や予備校に比べて大変なこともあるかもしれません。塾や予備校の場合、交通の便がそれなりに良いところに教室を構えるため、どこからでも通いやすいケースが多いようです。一方、家庭教師の場合、学校や自宅から近ければ良いのですが、指導先のご家庭が住宅街やマンションの一室で交通の便が良くないこともあります。また、指導先のご家庭の部屋や環境などは本当に様々です。

塾・予備校のチューターの仕事

塾・予備校のチューターの仕事は講師のサポート、事務、生徒のケアや進路相談などです。家庭教師と同様、仕事の内容は多岐に渡ります。ただし、メインの仕事が講義や指導ではありません。そのため能動的に指導計画を立て、指導の中心を担うというよりも裏方的な働きが求められるでしょう。塾や予備校によってはティーチング・アシスタントに近い役割のこともあるようです。

チューターも教えることはあります。ただ、どちらかと言えば生徒から聞かれた疑問に答えることが中心です。
そのため、自分の考えた「こんな指導がしたい!」という思いが強すぎると物足りなく感じることもあるでしょう。一方、指導計画や授業計画を毎回、立てるのは大変だという方には、チューターの方が働きやすい環境になることが多いのではないでしょうか。

時給はどちらが良い?

時給は一般的にはチューターより家庭教師の方が良いようです。地域などによっても異なりますがチューターは時給が1,200円〜1,500円前後と考えるのが現実的でしょう。一方、家庭教師は2,000円以上の時給で働けることも珍しくありません。特に需要が高く専門性の高い指導ができる家庭教師ならば時給が3,000円、4,000円と高くなることもあります。
短い時間で効率よく稼ぐなら家庭教師が良いでしょう。ただし、チューターは時給が家庭教師より低いかわりに長い時間働けることも多いようです。家庭教師は時給が高い反面、指導できるコマ数に限度があります。一方、チューターは同じ校舎・教室でまとまった時間働けます。そのため、トータルのアルバイト代を考えると家庭教師もチューターもそれほど変わらないということもあります。

教える内容や段取りを考えたいなら家庭教師

家庭教師とチューターの最大の違いは、やはり教える内容や段取りを自分の裁量で決められる点でしょう。聞かれた質問に答えるだけではなく、生徒の学力をどのようにすれば伸ばせるのかという方針の部分から考えられる点でやりがいがあります。生徒のことを考えて個別具体的な指導計画を立てて、生徒の成績に責任を持たないといけないため、大変な面もあるでしょう。しかし、やりがいもあり結果に責任もあるからこそ家庭教師は人気のアルバイトです。

一方、一人の生徒だけではなく複数の生徒と幅広く関わりたい、指導よりもコミュニケーションや生徒に対するケアをメインに仕事をしたいという場合はチューターを選ぶのが良いでしょう。

家庭教師アルバイトもチューターは、いずれも教育に関わる仕事です。どちらも教育に関する興味・関心や熱意がなければつとまらないことに変わりはありません。

まとめ

家庭教師とチューターの違いについて解説しました。家庭教師もチューターも生徒のケア、進路相談など共通する仕事内容は少なくありません。ただし、家庭教師は生徒の指導を方針、教材選びから考えて能動的に動かなければいけない点が大変でもあり、そこがやりがいでもあります。チューターは指導よりも複数の生徒とコミュニケーションをとることをメインにしたい方におすすめです。どちらもメリット・デメリットがありますが、特徴を踏まえて後悔のないアルバイト選びをしましょう。

高時給・安心家庭教師センターへ

今すぐ登録する 友達に紹介する

他のコラム

関連記事

家庭教師のプレッシャーと向き合い、前向きに働くコツ

関連記事

家庭教師のアルバイトで生徒と気まずくならない方法

関連記事

家庭教師と保護者のコミュニケーションの重要性

関連記事

家庭教師の教材作成。おすすめのツールは?

関連記事

家庭教師センターに登録しながら個人契約はNG?やめた方が良い理由