catchimage

家庭教師のアルバイトのつらいところ。対策はある?

cdd99497ef0269cb49ecf9cfae8ecceb_t
家庭教師のアルバイトはやりがいのある仕事です。例えば生徒の成長を見守ることができます。生徒の夢や将来の目標をかなえられるところも魅力です。しかも塾講師のように集団指導の準備をする必要もありません。比較的、時給が高いところも人気の理由です。しかし家庭教師のアルバイトは楽しいことばかりなのでしょうか。

残念ながら家庭教師のアルバイトをしていて精神的に辛くなって辞めてしまった人も過去にたくさんいます。でも、せっかく家庭教師のアルバイトをするなら楽しくやりがいをもってできる方が良いですよね。そこで家庭教師のアルバイトをしていると感じるつらいところと、その対策について解説していきます。

家庭教師のアルバイトのつらいところ

よくある家庭教師のつらいところを列挙してみましょう。

・生徒の成績が上がらない
・生徒の受験の結果が必ずしも良いとは限らない
・保護者との人間関係
・生徒と1対1の人間関係
・教科指導がうまくいかない
・時給は高いけどまとまったコマ数が確保できない

などが挙げられます。家庭教師は生徒の成績向上、合格請負人の最後の砦として、ご家庭から期待をされることもあります。それにも関わらず生徒の成績が上がらない、受験に合格させてあげられなかったとしたらどうでしょうか。高い月謝を払ったのに…と残念な気持ちになるご家庭もあるでしょう。家庭教師が直接、責められることがなかったとしても申し訳ない気持ちになってしまいますよね。

保護者や生徒との人間関係は逃げ道がありません。集団指導と違いずっとご家庭の狭い空間で向き合わなければいけません。人間関係が良好ならば問題になりませんが、気まずいと指導している時間ずっと辛い時間を過ごさなければいけません。

教科指導がうまくいかないケースもあります。例えば問題を解くのは得意だったけど人に説明するのは意外と苦手だったということもあります。得意科目であるが故に、何故、生徒がつまずいてしまうのかよく分からないこともあるでしょう。一方、不得意な科目を指導することになって教科指導そのものが面白くないということもあるかもしれません。過去の家庭教師経験者が感じた辛いことも踏まえておいた方が心の準備ができます。理想的な生活ばかり思い描いてしまうと「こんなはずじゃなかった…」と理想と現実のギャップに苦しむことになってしまいます。

家庭教師が辛いときの対策

家庭教師の仕事をしていて辛いと感じたときはどんな対策をとれば良いのでしょうか。どれだけ精一杯、頑張っても生徒の成績が伸びないこともあれば、保護者・生徒との人間関係がうまくいかないこともあります。

まず相談してほしいのが家庭教師センターです。悩みを抱えたまま無理をして指導を続けてしまうと、我慢がきかなくなる日が訪れます。そうなってしまう前に誰かに悩みを相談しましょう。家庭教師の仕事は意外と孤独です。生徒や保護者と一人で向き合わなければいけませんし、同じ立場の人同士がチームを組んで動く仕事ではないため独りよがりになってしまいます。

家庭教師バイトがつらいときは環境を変えるのも手

家庭教師バイトがつらいときは環境を変えてみるのも手です。例えば訪問するご家庭を変えてみる、指導する教科や学校種を変えてみるなどが有効です。もちろん最初は訪問先のご家庭や生徒と歩み寄る努力を家庭教師はしなければいけません。

それでも、どうしても辛い状況が続くことがあります。もしかしたら担当のご家庭を外れてしまうことを無責任に感じたり、恥だと思ったりすることも真面目な人ほどあるかもしれません。しかし家庭教師にも適材適所、相性があります。そして家庭教師センターの仕事は適材適所、相性を見極めてうまく家庭教師を派遣することです。

本当につらいときは違う家庭教師センターに登録も手

家庭教師センターを変えるのも一つの手です。例えば難関大学受験に特化した家庭教師センターと指導の方針が合わないなど、家庭教師センターの中で訪問するご家庭を替えても抜本的な解決につながらないこともあります。

そんなときは複数の違う経営方針の家庭教師センターに登録するのがおすすめです。家庭教師センターにも受験指導だけではなく不登校の生徒に寄り添うところ、定期テストに力を入れているところ、勉強の習慣づけに力を入れているところなど様々です。同じ家庭教師センターの中だけで解決できそうになければ、複数の家庭教師センターに登録しておくことで相性の良いご家庭と繋がれる可能性が高くなります。

gatag-00005429

まとめ

家庭教師のアルバイトは楽しいことばかりではありません。ときにはつらいこともあります。これからはじめる人はつらいこともあることを認識しておくと心の準備ができます。もちろんご家庭や生徒と向き合う努力も必要ですが、どうしても続けるのが難しくなったときは家庭教師センターにまずは相談してみましょう。それでも、解決しない場合は家庭教師センターそのものを見直してみることをおすすめします。一番、良くないのは一人で抱えこんで無理をしてしまうことです。

・自分でまずはご家庭と生徒に向き合ってみる
・所属している家庭教師センターに相談してみる
・所属している家庭教師センター内で訪問先のご家庭を替えてもらう
・家庭教師センターそのものを変えてみる

この順番で対策をとっていきましょう。

高時給・安心家庭教師センターへ

今すぐ登録する 友達に紹介する

他のコラム

c95a545a9a630db5564a4edef64b661c_t

関連記事

家庭教師も知りたい小論文対策

10272003254

関連記事

アルバイト側は大変?家庭教師のペアレッスン

NKJ56_coffeecok_TP_V

関連記事

家庭教師で社会科の需要はない?社会を指導するには

c95a545a9a630db5564a4edef64b661c_t

関連記事

家庭教師は忙しい。タスク管理をするならTrelloとNotionがおすすめ!

021-peoples-free

関連記事

絶対に避けるべき高額教材の抱き合わせ販売をする家庭教師センター