catchimage

家庭教師アルバイトの探し方5選


「家庭教師のアルバイトに興味があるけど効率的な探し方が分からない…」

そんな悩みはありませんか。家庭教師のアルバイトを探す方法は様々で、探し方次第で自分の条件にあった家庭教師センターを見つけやすくなります。もし、効率的な探し方を知らなかったらテレビCMで知っている家庭教師センターや近所の知っている家庭教師センターに直接、応募することになるでしょう。しかし、自分が知っている家庭教師センター以外に実は条件の合う家庭教師センターがあることも少なくありません。そこで本記事では家庭教師のアルバイトの主な探し方を5つに絞って解説します。

知人に家庭教師アルバイトを紹介してもらう

知人から家庭教師アルバイトを紹介してもらえることがあります。家庭教師センターに限らず、直接契約で家庭教師をして欲しいと依頼されることも少なくありません。知人から紹介してもらうメリットは、紹介を依頼して くる位なので仕事が決まりやすいところです。また直接契約で家庭教師センター経由の仕事よりも高い時給をもらえることもあります。

しかし、知人からの紹介だと仕事が合わなかったときに辞めづらくなる、トラブルが起きたときに紹介者の知人とも気まずくなってしまうなどのデメリットもあります。

掲示板やマッチングサイトで仕事を探す

家庭教師を探しているご家庭と家庭教師のアルバイトを希望している学生がマッチングできる掲示板などを使って、仕事を探すことができます。ただし、家庭教師センターを通さず、見ず知らずの人と繋がって仕事をするとなると給料の未払いやトラブルに巻きこまれることも珍しくありません。一方、家庭教師センターを通さずに 仕事をすることで多めに月謝をもらえることもあります。ただ、何のつながりも面識もないご家庭と直接、仕事をするのは慎重になった方が良いかもしれません。

指名検索で直接、家庭教師センターに応募する

指名検索とは自分の知っている固有名詞を入力して直接、検索する方法です。GoogleやYahoo!などの検索エンジンに、知っている家庭教師センターの名前を直接入力して、公式サイトを探して直接、アルバイト募集のフォームに応募できます。既に働きたい家庭教師センターが決まっている場合は指名検索で公式サイトを探して、直接、求人に応募するのがおすすめです。

求人サイト・広告から家庭教師センターを探す

家庭教師センターにどんなところがあるのかよく知らない場合は、求人サイトや求人広告で家庭教師の求人を 探してみるのがおすすめです。たとえばタウンワークの公式サイトやindeedなどの求人広告検索エンジンなど を活用することで、知らない家庭教師センターの求人も見つけることができます。また求人を出しているということは採用に積極的なケースがほとんどです。

また、この方法なら複数の家庭教師センターに応募できるため、積極的に応募することで採用される確率を高めることもできます。家庭教師のアルバイトに採用されるには、たくさんの求人に応募することが欠かせません。
もちろん、一つ一つの求人に対して丁寧に志望動機や熱意を伝える必要はありますが、応募をたくさんすることで返信がくる確率が上がります

複数の家庭教師センターに一括で登録できるサイトを活用する

トップ
複数の家庭教師センターに一括で登録できるサイトやサービスを使うのも、家庭教師のアルバイトを探すのにおすすめです。求人サイトや求人広告で応募する場合、ひとつひとつの求人に応募のメッセージを送ったり履歴書を送ったりしなければならず意外に面倒です。

しかし一括で複数の家庭教師センターに登録できるサイトならば、一度、情報を登録するだけで複数の家庭教師センターに応募したのと同じ効果があります。もし、働きたい家庭教師センターが決まっていた場合でも、必ずしも採用される保証はありません。

そのため、指名検索で探す以外に並行して複数の家庭教師センターに一括登録しておくのもアルバイトに採用 されやすくなるためには有効な方法ではないでしょうか。

まとめ

家庭教師アルバイトの探し方を5つご紹介しました。

① 知人に家庭教師アルバイトを紹介してもらう
② 掲示板やマッチングサイトで仕事を探す
③ 指名検索で直接、家庭教師センターに応募する
④ 求人サイト・広告から家庭教師センターを探す
⑤ 複数の家庭教師センターに一括で登録できるサイトを活用する

それぞれの方法に特色があるため、併用して探してみるのもアルバイト探しには有効です。家庭教師のアルバイトは諦めなければ、きっと見つかります。自分にあった方法で家庭教師アルバイトの仕事を探してみましょう。

高時給・安心家庭教師センターへ

今すぐ登録する 友達に紹介する

他のコラム

関連記事

生徒の自宅以外で教える場所5選!家庭教師だから家庭で教えるとは限らない

関連記事

帰国子女が家庭教師を依頼する5つの理由

関連記事

不登校の生徒が家庭教師を頼む5つの理由

関連記事

生徒が指導中に寝てしまうときの対処法3選

関連記事

医学部対策の家庭教師の時給は5,000円以上もある!?