catchimage

家庭教師がプライドの高い生徒と接するコツ


家庭教師として働く中で、プライドの高い生徒に出会うことは珍しくありません。このような生徒との関係構築は難しく感じるかもしれませんが、工夫次第で上手く学力を伸ばしてあげることができるでしょう。本記事では、プライドの高い生徒と上手く接するためのコツについて解説します。

生徒の自尊心を尊重しながら信頼関係を築く

プライドの高い生徒との信頼関係構築は、指導の成功に欠かせません。生徒の自尊心を傷つけることなく、互いを尊重し合える関係を築くことが重要です。信頼関係を築くためのポイントは2つあります。

1. 生徒の意見や考えを積極的に聞く

生徒の話に耳を傾け、その考えや意見を尊重することで、生徒は自分が大切にされていると感じます。例えば、問題の解き方について生徒なりの考えがある場合、まずはその方法を聞いてみましょう。「なるほど、そういう考え方もあるよね」と肯定的に受け止めることで、生徒の自信を損なうことなく、より良い解法へと導くことができるでしょう。

2. 生徒の長所や努力を認める

プライドの高い多くの生徒は、自分の学力や努力を認められたいという思いがあります。

生徒の良いところや頑張りを具体的に褒めてあげることで、学習意欲を高めることができます。「この問題の解き方、工夫できているね!」と褒めてあげると、生徒は自分の能力が認められていると感じ、より前向きに学習に取り組むようになるはずです。

適切な距離感を保ちながら指導する

プライドの高い生徒は、家庭教師からいろいろ言われすぎるのを嫌がるでしょう。そのため、適切な距離感を保ちながら指導することで、生徒の自主性を尊重しつつ、効果的な学習サポートを行うことのが指導のコツです。

1. 生徒の自主性を尊重する

問題の解き方を一方的に教えるのではなく、生徒自身が考える時間を十分に設けるとよいでしょう。「この問題、どのように解いていけば良いと思いますか?」などと問いかけ、生徒の思考の過程を大切にしてあげてください。必要に応じてヒントを出しながら、生徒が自力で解答にたどり着けるよう導くことで、生徒の自尊心を満たしつつ、学習効果を高めることができます。

2. 適度にチャレンジできる課題を用意する

プライドの高い生徒は、自分の能力を試されることを好む傾向があります。生徒のレベルよりやや難しい問題を提供することで、適度な挑戦の機会を作り出しましょう。「この問題は少し難しいかもしれないけど、やってみる?」と声をかけることで、生徒のやる気を引き出し、達成感を味わってもらうことができます。

3. 事前に間違えても気にしないように伝える

生徒のプライドが高すぎると、問題演習で間違えて過度に落ち込んでしまうことがあります。しかし、本当に大切なのはテスト本番で間違えないようにすることでしょう。問題演習中の正解、不正解よりも、その答えに至るまでの過程をしっかり理解できているかどうかが大切だと生徒にしっかり説明することも大切です。

生徒に素直さ、謙虚さを持つことを指導する

生徒のプライドが高すぎるからと腫物扱いしすぎるのも考えものです。素直さや謙虚さをもつことの大切さを生徒に教えなければいけない場面もあるかもしれません。自分の間違いや足りない部分を認めることで学力が伸びることもあるでしょう。目先の正解・不正解や点数にこだわりすぎてしまうと、本質的な理解をしないまま大切なテストや受験を迎えてしまうでしょう。生徒が自分の現状を正しく受け止めて前向きに努力できる姿勢を持てるように指導することも意識したいところです。

生徒の志望校と現実の学力のギャップが大きいときはどうする?

生徒のプライドが高すぎると志望校と実際の学力の差が大きすぎることがあります。例えば、模試でE判定しかでないような合格の見込みがない志望校しか受けたくないという生徒もいるかもしれません。生徒の目標の高さ自体は尊重してあげるべきですが、学力に差がありすぎるところばかり受験してしまうと進学先がないという事態になりかねません。

生徒の高い目標は受験直前まで尊重しつつ、滑り止めの学校の受験を提案することもときには必要です。実際の学力と志望校との距離を生徒が正しく認識しつつ、その距離がしっかり縮むような指導を心がけましょう。

まとめ

プライドの高い生徒に指導するのは、家庭教師の立場としては気をつかうことも多いでしょう。しかし、程度の差こそあれ生徒にもこだわりやプライドがあるものです。生徒がどのようなことにプライドやこだわりを持っているのかを考えながら、上手く指導することも大切です。

もちろん生徒を腫物扱いしすぎてしまうのも考えもので、ときには生徒に素直さ、謙虚さの大切さを教えることも必要です。バランスを取りながら生徒を導けるように工夫したいところです。

どんな生徒であっても、一人ひとりの個性や特性を尊重し、寄り添う姿勢を忘れないことが大切です。生徒の成長を心から願い、共に歩んでいく姿勢こそが、家庭教師として最も重要な資質であることを忘れずに、日々の指導に取り組んでいきましょう

高時給・安心家庭教師センターへ

今すぐ登録する 友達に紹介する

他のコラム

関連記事

家庭教師バイトに必要な学歴やボーダラインは存在するの?

関連記事

家庭教師がプライドの高い生徒と接するコツ

関連記事

家庭教師アルバイトを始めるなら夏休みがおすすめな理由

関連記事

家庭教師も知っておきたい指導に役立つアクティブリコールとは?

関連記事

家庭教師初心者でも大丈夫!自信を持って指導するコツ